チャートを見るときの、疲れない方法

↑↑↑ 応援ポチのご協力よろしくお願いします。

動画説明

常勝FXご覧の皆さん

こんにちはすたろんです。

いつも常勝FXご覧になっていただきありがとうございます。

『チャートを見るときの疲れない方法』についてお話しします。

今日は大阪までミュージカルを観に行くために奥さんと車で移動中です。

クレジット会社がホールを貸し切っての特別講演で、私はとても楽しみにしています。
当たったチケットは、3階の席なので奥さんは楽しみではないようです。

昔コンサートに行って友達と二人で3階席の高い所が凄く見えたので行って見ました。

その時のコンサートはステージ真下で演奏者一人ひとりを大きく見ることが出来ました。
それに比べ
3階席からは、ステージも小さく観客席全部を見渡せられるような感じでした。

ホール全体を全部、お客さんの反応全部、ステージみんなの反応も、スタッフの位置も全部見渡せる位置です。

色々な人の色々な動きが見渡せるので、
盛り上がっている時に一体感も楽しむことが出来ます。

3階席も中々ありだと思いました。

相場でも、同じようなことが言えます。

前の方の席でなるべく大画面で見ようとすると、
結構疲れて全体の流れを見ることが出来ないことが沢山あります。

ホームシアターでも疲れない全体を見渡せる位置は、
画面の高さより3倍の位置がいいのがわかってきました。

時間足を短くしすぎると全体の動きが見えなくて困ることがあります。

全体を見渡した環境認識から、
自分がどの時間軸足の
どの値動き幅を取りたいのか
を把握してからトレードを行ってください。

動画書き起こし

すたろん:こんにちは、すたろんです。いつも常勝FXをご覧頂き誠にありがとうございます。今日は奥さんと二人でお出かけしております。挨拶して下さい。
  奥様:こんにちは。
すたろん:宜しくお願いします。今日は大阪にミュージカルを見に行きます。私は凄く楽しみにしているんです。クレジットカード会社がホールを貸し切って特別公演みたいな感じでやってくれるミュージカルです。私は滅茶苦茶楽しみにしているんですが、奥さんは全然楽しみじゃないらしいです。私がチケット2枚あるから行こうよって言ったら渋々OKした感じです。チケットが当たったから行ってるんですけど。3階なんです。うちの奥さんはコンサートホールの3階の席に座った事がないからどんな感じか全然わからないって言うんです。私は3階の席からコンサートを見た事はないです。昔、コンサートに行って、皆帰りますよね。帰って皆が出て行った時に友達と二人で行っていたので上の方って凄いよねと。3階の席ですよ。あそこ凄い高いけど行ってみない?という事で、皆が帰っているのに我々だけ反対方向に走って行って階段を上って3階の席まで行って下を見下ろした事があります。その時のコンサートはステージのすぐ下で大きい感じで見ていました。この人がギターを弾いていたらその人を見て、あっち方でベースを弾いてる人がいたらそっちの顔を見る。ドラムの人はこっちだって。ボーカルの人が動くたびにあちこち見ていました。その3階の席から見るとステージはこんな小さいんです。周りの観客も全員を見渡せる感じでホール全体を上から全部見る事が出来る。お客さんの反応も見る事が出来るしステージの動きを見る事が出来るし、周りのスタッフの動きも全部見る事が出来るそういう位置です。これだと凄く小さくて演奏してる人全然見えないと思ったんですが、よくよく考えてみると色んな人の色んな動きが見えるので皆が盛り上がっているのも全部楽しむ事が出来るので、3階の席も中々有りだと思った事があります。今日はその3階の席から全体を見下ろすので楽しみなんです。相場にも同じような事が言えると思うんです。お芝居でもミュージカルでも映画でもそうですが、前の方の席でなるべく大画面で見ようと思った時、余りにも大画面過ぎて首をあっちこっち動かさないといけない。そうすると全体を見る事が出来ないですよね。それって結構疲れるし、全体の流れがよく分からないという事が沢山あるんです。ホームシアターで私も色々自分の見る位置を変えてきました。画面の高さより3倍の高さが良いと言われているんですが、大体その位置に落ち着きました。今2.5倍ぐらいの位置で見ています。そうすると首をこんな風に動かす事もなく全体がしっくり自分の目の中に入って疲れない。そういう位置なんです。全体を見渡す事が出来る位置は大切だと思います。相場でも時間や足を短くするとどうしてもその場の値動きに翻弄されてしまって中々全体の動きが見えなくて困る事が多いと思います。全体を見渡しての環境認識の中で自分はどの時間軸のどれだけの値幅を取りたいか。そういう事をきちんと把握してからトレードを行って頂きたいと思います。動きを見ていると下がっている上がっている、ロングだショートだとやってしまいがちですがそうではなくて、なるべく全体を見渡してその中で自分のトレードはどこなのか。そういうのをきちんと把握してからトレードして頂きたいと思います。今日はミュージカル3階の席で遠くの方から見るけどそれはそれで結構楽しみなんですよというお話です。こんなお話でも良かったと思って下さった方は右下のグッドボタンをポチっとして頂けますと非常に励みになります。いつも沢山グッドクリックありがとうございます。本当に嬉しく思っております。今後共宜しくお願い致します。今トンネルの中で画面真っ暗で申し訳ありません。又次回の動画でお会いしましょう。失礼致します。