ユーロ・米ドル ドル円 の行方は?

↑↑↑ 応援ポチのご協力よろしくお願いします。

動画説明

先週の主要通貨は、基本的に米ドル高に動きました。

特にドル円に関しては、過去に意識されたレジスタンスを破り、大きく上昇をしました。

また、ユーロ・米ドルについても重要なサポートを破って下に下落しています。

ユーロ・米ドル ドル円 の通貨について、今は注目する値に存在していると説明をしているアナリストがいます。

それについて、アメリカ著名FXアナリストの1人であるポール氏の意見に耳を傾けてみましょう。

●<引用について>

引用元記事: Charts for Next Week – EUR/USD, USD/JPY, Crude Oil, Gold Price & More
引用URL: https://www.youtube.com/watch?v=2Hbyx…

動画書き起こし

皆様こんにちは長谷川です。常勝FXをご覧頂きありがとうございます。今回の動画は、ユーロ・米ドル、ドル円の行方は、という内容につきましてご説明致します。先週の主要通貨は基本的に米ドル高に動きました。最後の数日間は逆方向に動いた通貨もありますが、特にドル円に関しては過去に意識されたレジスタンスを破り大きく上昇をしました。又ユーロ・米ドルについても重要なサポートを破って下落しています。ユーロ・米ドル、ドル円の通貨について今は注目する値に存在していると説明をしているアナリストがいます。それについてアメリカ著名FXアナリストの1人であるポール氏の意見に耳を傾けてみたいと思います。これはユーロ・米ドルの日足です。ここに非常によくわかる水平線、意識されている値があります。下にもサポートがあります。先週ですが米ドルが強くなって一旦このサポートを破って又今ここで過去に意識されている値の所の攻防になっています。

これがユーロ・米ドル通貨です。ドル円です。ここにありますようにこの数週間かなり力強い上昇を見せました。過去に意識されている値を突き抜けて力強い上昇を先週見せました。ところがこの上にあるレジスタンスに叩き落された。特に木曜日と金曜日下落しています。非常に面白いのはこのライン、こことこことここに引いたトレンドラインをずっと伸ばしてみると先週金曜日この辺りですが、このトレンドライン、ここはサポートになっていますがレジスタンスになっていましたがそれを抜けてここまで落ちていると。これがまずサポートとして働くのかどうか。そういった状態になっています。これに対してアメリカの著名FXアナリストの1人であるポール氏が分析していますので耳を傾けてみたいと思います。ユーロ・米ドル通貨です。10月5日のチャートです。ここにある1.15辺りにあったサポートと言っていますが、多くのアナリストが水平線だけでなくゾーンとしてある程度値を広げてサポレジ状態を見ると。そういった事を見ているアナリストが多いです。

1.15辺りにあったサポート、これは先週割込みました。ここの陰線は水曜日の陰線です。サポートを割り込んで下落しましたが木曜日にこのサポートを試すように上昇、陽線が出ました。しかし金曜日に叩き落されようとしています。これが現在のユーロ・米ドル通貨です。4時間足を見てみるとその状況がわかるという事です。ここです。サポレジゾーンという事で彼はゾーンで見ています。ゾーンの攻防がこのようになっています。一旦下に割れて試すように上昇した。でもここで叩き落されようとしている。彼が言うにはユーロ・米ドル通貨はどうしても最近このように下向きのプレッシャーが高まっていると思われると言っています。米ドルがユーロに対して強さを保った状態と見ていいと思っているという事です。日足に戻ります。非常に長いスパンで見てみましょうという事で、ここ2016年12月ですがここから引けるトレンドラインがあるんです。これをずっと伸ばしてみるとここでサポートが効いていると。今ここの部分、彼が印をつけていますがここを意識しながら落ちる可能性もあるという事で、ここのブルーの過去に意識されている水平のサポレジがあるという事です。ここのブルーの部分も意識される可能性が強いと。

このトレンドラインも意識される可能性があると。ここに水平のサポレジゾーンが上にもあると。こういった状態です。もしユーロがこれを抜けて下に下落するならこの部分、この下にあるブルーのサポレジゾーンの値に意識していかないといけないと彼は言っています。一方これがサポートとして働くなら上昇する。こういった事も考えないといけないと彼は言っています。ユーロ・米ドル通貨、市場の動きに注目を払って行きたいという事でかなり注目する値に来ているとポール氏は言っています。ドル円ですが、彼はここにある過去にかなり意識されているサポレジゾーン、114.2辺りにあると言っています。先週ここに入ったという事です。気を付けないといけないのがこの上にかなり大きな意識されているサポート、レジスタンスゾーンがあるとうい事で、これを抜けたとしてもこの上にもレジスタンスがあるので意識しないといけないという事です。この部分をもう少し拡大して見るとという事で、先程のレジスタンスに突入したドル円は先週の木曜日、金曜日と下落していると。日足だけを見るとこの数週間強い上昇を示したので、一旦休憩をすると。

その下落に見えるという事です。ところが4時間足を見てみるとここにサポートラインが引けます。このサポートラインの上を綺麗に波打ちながらこのように上昇しています。これが木曜日、金曜日の動きです。まだサポートラインの上にあるという事で動ています。これも頭に入れないといけないと。日足に戻りますがこのレジスタンスを簡単にスっと抜けるのは考えにくいと言っています。何故かというと、このレジスタンスですが週足で見るとかなり過去に強く意識されているレジスタンスであるという事で、このレジスタンスがかなり強く何らかの形で効く可能性があるという事で、ドル円をトレードする場合はこのレジスタンスの存在を我々は意識していかないといけないのではないかとポール氏は言っています。彼の分析をご紹介しましたが、どんなに素晴らしいと言われるアナリストであっても100%相場を予想する事は出来ません。この点だけはご理解して頂きたいと思います。彼の分析が皆様のトレードに少しでもお役に立てれば有難いと思いましてこの動画を作成しています。この動画が少しでもお役に立てたと思って下されば、下にあるいいねをクリックして頂けますと大変有難いと思います。私の励みになります。ありがとうございました。長谷川でした。