古代バビロンの奥義から学ぶ、資産の増やし方

↑↑↑ 応援ポチのご協力よろしくお願いします。

動画説明

常勝FXご覧の皆さん

こんにちはすたろんです。

いつも常勝FXご覧になっていただきありがとうございます。

『古代バビロンの奥義から学ぶ、資産の増やし方』についてお話しします。

物語形式の実践的なテクニックについて書かれている本
「バビロンの大富豪、繁栄と富と幸福はいかにして築かれるのか」を紹介します。

古代バビロンの富豪は、世界で最も裕福な人々であった。
私達の成功は、準備が適切に出来たかどうかで左右されます。

適切な準備なくして、適切な行動はあり得ずに
適切な理解なくして、適切な準備はあり得ません。

彼らは、金の価値を認め、金を手に入れ、守り、扱う上での健全な原則を守っていました。
将来に続く金をバビロンの人々は既に確保していました。

稼いだものは全て1/10を自分の物として取って置くことから始まった。

毎月の収入の中から1/10は、貯金し残りの90%で生活をし
少なければそれなりの生活をしましょう。
そして
貯金の一部を運用して、貯金を殖やす努力をしましょうねと言ったことです。

非常に大切なことです。

普段の生活費を使ってFXで増やそうとするとあまりいい事になりません。

「借金を返したいからFXの知識を得たい」と言ったお便りをいただきます。

動画やラジオでも言っていますが、
生活する資金とは別の余剰資金でトレードをしてください。

余剰資金以外のお金を使うと、気持ちに余裕がありません。

想像してみてください。

借金を返すために絶対に負けるわけにはいかない。
FXで負けるわけにいかないと言うことはあり得ません。

世界のトップトレーダーでも勝率は6割です。
勝ちトレードと負けトレードで勝ちがチョッと多いレベルです。

それなのに

勝つ事を前提にトレードをしますと、下降トレンド継続中にも関わらず
5分足で見た△持ち合いっぽく見えるところで
ロングを打ち込み、大負けすることがあります。

気持に余裕がないと、チャンスを待てず損切りをパット切ることが出来ません。

なくなってもいいと思える余剰資金を使ってトレードをしていただきたいです。

余剰資金が溜まるまでは、デモトレードでひたすら練習してスキルを磨いてください。

過去検証で利益が得られるデーターがあっても、
実際に動いているローソク足での経験が必要です。

動画書き起こし

こんにちは、すたろんです。いつも常勝FXをご覧頂き誠にありがとうございます。今日はこの本棚の中から1冊私のお気に入りの本を紹介させて頂きます。こちらの本です。2、3年前に買って読んだ本です。バビロンの大富豪。バビロンの黄金伝説ではないです。大富豪です。繁栄と富と幸福は如何にして築かれるのか。こういった本です。自己啓発本っぽい感じですが全然違います。自己啓発本ってメンタルの部分の事が多いですよね。お金持ちになった自分を想像しましょうとか。いつもお金持ちになった気分で行動しましょう、発言しましょうみたいな。メンタルの部分というかスピリチュアルな感じのものが多いですがこれは全く違います。小説というか短編集ですね。物語が10個ぐらいこの中に入っています。物語形式で進んで行きます。しかも実践的なテクニックについて書かれています。非常に面白かったです。まえがきの辺りだけ読んでみたいと思います。ここです。初めにと書かれています。古代都市バビロンの市民は世界で最も裕福な人々だった。

途中を読みます。私達の成功は準備が適切にされたかどうかによって左右されます。適切な準備無くして適切な行動はあり得ず適切な理解無くして適切な準備はあり得ません。この本は富とそれにまつわる事を理解する為の手引きとして書かれた空の財布の治療薬のようなものです。もっと富を得たいと強く望んでいる方々の為に富を手に入れ、手に入れた富を守り余った富で更に多くの富を手に入れる。本書にはその為の手助けになる奥義が記されているのです。凄く面白そうじゃないですか?滅茶苦茶面白いんです。次のページの最後の方です。バビロンは古代世界で最も裕福な都市となりました。それはバビロン市民が当時世界で最も裕福な人々だったからです。バビロンの人々は金の価値をきちんと認めていました。金を手に入れ、手に入れた金を守りその金で更に多くの金を手に入れる為に金を扱う上での健全な原則を守っていたのです。

私達誰もが望んでいるもの。将来に続く収入源をバビロンの人々は既に確保していたのです。この部分だけ読んでもお金をどうやって守って行けばいいのか。どうやって増やして行けばいいのか。そういった事が書かれている事がよくお分かりになるかと思います。目次があります。目次の一部分を第一話ですが読んでみたいと思います。アルカドとは主人公の名前です。アルカドが大富豪になり得たのは知恵者である金貸しのアルガミッシュからある原則を学んだ為であった。アルガミッシュという金貸しから原則を学んだんだと。ここからが重要です。その原則は稼いだものは全てその10分の1を自分のものとして取っておくという所から始まった。収入ありますよね。サラリーマンの方、毎月お給料頂きますよね。その収入の中から10分の1を自分のものとして取っておく。簡単に言うと10分の1は貯金しましょうというお話です。10分の1を貯金して残り90%で生活しましょうと。収入が多ければ沢山貯金する事が出来ます。収入が少なくても10分の1は必ず貯金しましょうと。多ければ多いなり、少なければ少ないなりの生活をしましょうという事です。その貯金の一部を使って運用しましょう。

一部を運用して更に貯金を増やすような努力をしましょうと。そういった事がこの本の中に書かれています。非常に大切な事だと思います。普段の生活費をFXに使って増やそうとすると余り良い事になりません。最近常勝FXに頂くお便り、お問い合わせ、段々と増えてきました。中には借金を返したい。ローンの返済がある。だからFXをしたい。借金を返す為のFX、ローンを返済する為のFX、だからFXの知識を得たいと。そういったお問い合わせ、お便り、沢山頂くようになってきました。我々過去の動画でも沢山申し上げております。ラジオでも何度も申し上げておりますが、自分が生活する為の資金ではなく生活する為の資金とは別の余った余剰資金でトレードしましょうと。今まで沢山お話させて頂いております。生活資金を使ってトレードする。借金を返す為に今あるお金を使ってトレードする。そうすると何がいけないのかというと、気持ちに全然余裕が無いんです。気持ちに余裕がないとどういった事が起こるのか。1実際に想像してみて頂きたいです。どうしても借金返さないといけないから絶対に負ける訳にいかない。

FXで負ける訳にはいかないってあり得ません。世界のトップトレーダーでも勝率6割程度と言われています。勝率6割という事は勝ちトレードの方が少し多いというレベルです。それなのに勝つ事を前提にトレードして行く訳です.絶対負けられない。絶対勝ってやる。そういった気持ちでトレードするとどういった事が起こるのか。パソコン立ち上げます。MT4を開きます。5分足とかを見ています。パっと見ると三角保ち合いとかに見える訳です。上にブレイクしたと。これ絶対上に走るなと。ロングを打ちこむ訳です。そうするとロングを打ち込んだ瞬間に下がって行くんです。下がって下がって損切しないといけないのに自分では上にブレイクしたから上に走ると思っているから損切する事が出来ずに損失が膨らんで行きます。大きく負けた後に1時間足とか4時間足を見るとこんな感じで下降トレンド継続中なんです。波の真ん中あたりに出来る三角保ち合いっぽく見える所、5分足で見えた三角保ち合いっぽい所でロングを打ち込んで大負けしたりする訳です。

チャンスを待つ事ができず損切をパっとする事が出来ない。気持ちに余裕がないとそういった事が起こってしまいます。私がいつも申し上げているのは生活費とは違う無くなってもいいと思える余剰資金を使ってトレードして頂きたい。その余剰資金というのが貯まるまでは、どこの証券会社使ってもデモ口座が必ずあります。デモ口座を使ってデモトレードでひたすら練習をして頂きたいんです。過去検証しました。過去検証では十分に利益が得られるというデータがあっても実際にトレードしていると、過去チャートは出来上がっているチャートですからいくらでもスピード上げて過去にさかのぼる事が出来ます。実際に動いているローソク足を見ながらのトレードとなるとチャンスを待ったりする事が出来なかったりするんです。ちょっとでも含み損が出来るとイライラして中々メンタルが持たなかったりします。そういった事も実際に動いているチャートで経験して頂きたいと思います。余剰資金が出来るまではデモトレードでスキルをしっかりと磨いて頂く。

そして余剰資金がちゃんと溜まってスキルも積み上がって来たらそのスキルを使ってFXにトライして頂きたいと思います。今日は私のお気に入りの本、バビロンの大富豪の本の中から一部を紹介させて頂きました。生活資金とは別に収入の10%を貯金しましょう。その10%の中の一部を使ってFXトレードをやって行きましょうというお話でした。こんなお話でも良かったと思って下さった方は右下のグッドボタンをポチっとして頂けますと非常に励みになります。いつも沢山グッドクリックありがとうございます。本当に嬉しく思っております。今後共宜しくお願い致します。最後までご清聴ありがとうございました。又次回の動画でお会いしましょう。失礼致します。