【2019年07月11日(木)】常勝FXファンダメンタルニュース

↑↑↑ 応援ポチのご協力よろしくお願いします。

こんにちは、永井です。

それでは、本日のファンダメンタルズと
昨日、Line@・Twitterで配信したファンダメンタルズ情報をご覧下さい。

現在注目されているファンダメンタルズ

*イギリスEU離脱問題
*米中貿易戦争
*日米貿易協議

本日予定されている主な重要指標

*20:30 ユーロ圏 ECB理事会議事要旨
*21:30 アメリカ 6月消費者物価指数

本日予定されている要人発言(予定は変更することがあります)

*19:00 イギリス カーニーBOE総裁 発言
*23:00 アメリカ パウエルFRB議長 発言
*26:30 アメリカ クオールズFRB副議長 発言

本日、今までにLine@・Twitterで配信したファンダメンタルズ

【NYジャーナル 長谷川】 2019/07/11 06:37

パウエル議長「不確実な世界経済と貿易状況が懸念材料。我々は大統領からの圧力とは関係無く、安定した経済成長の堅持を目指す」と発言。金利引下げに含みを持たせた。

その為、108円後半のドル円は、108円前半まで下落。今月末のFOMCに更に注目が集まる。

昨日、Line@・Twitterで配信したファンダメンタルズ

【ロンドンジャーナル なおみ】 2019/07/10 14:53

ポンド売りが止まらないね。やっぱり英経済成長鈍化と政治的リスクの可能性が売りの背景にあるらしい。

EU離脱に関しては野党の労働党が離脱合意に対する国民投票、合意なきEU離脱よりもEU残留へのキャンペーン実施予定だとか。ポンドは反応していくかな~?

編集後記

お金がコップから溢れるまでは稼いでも我慢する。コップから溢れた分のお金だけを飲む。

こういった考え方が、相場で生き残るための鉄則ですね^^