FXで勝ちやすいのは「指値?成行き?」・・・Vol.22

動画説明

第22回目の常勝FXラジオは

「「指値?成行き?」どっちが良いの?」

をテーマにお話しようと思います。

それでは、龍司・すたろん・木南の3人に

「「指値?成行き?」どっちが良いの?」についてお話してもらいましょう。

動画書き起こし

木南:常勝FXラジオお聞きの皆さまこんにちは、木南です。今回もラジオをお届けしたいと思いますが、今日は龍司さんとすたろんさんをお呼びしていますので、私入れて3名でお伝えしたいと思います。いらっしゃいますでしょうか。
全員:こんにちは、お願いします。
木南:今日のテーマなんですが、指値と成行きという事で、決済方法とエントリー方法があると思いますが、どちらがいいのかなと思ったんですが、指値と成行きどっちの方をよく使われています?龍司さんの方からお伺いしようと思いますが、指値注文と成行き注文、決済でもいいですが。
龍司:FXを始めた当初は、ほぼ全て成行きでやっていました。それで勝てませんでした。そこから永井さんに色々教わって、なるべくそこから徐々に指値の割合を増やしていって今は9割5分ぐらい指値です。
木南:具体的に成行きから指値に変えてこういう部分が良くなったとかありますか?
龍司:なるべくチャートを見たくないです。チャートを見ているとトレードをしたくなる時期があって、それで負けた時期があって。なにかしら変えていかないとダメだと思ってまずエントリーの仕方を変えていきました。成行きで入るとエントリーの癖がついてしまいます。簡単にエントリー出来るので。そうすると負けた後もすぐ同じようにワンクリックではいってしまって、ずっとそれの繰り返しをしていました。それを強制するために指値の割合をどんどん増やしていって、指値をしたらなるべくチャートから離れて閉じて、2時間.3時間経ってからのお楽しみにするようにしました。
木南:2つですよね、まずポジポジ病の克服というか特に多分負けトレードの後は多いと思いますが、すぐにエントリー成行きだとポチッとしてしまうので、指値まで待つという感じでいいですかね。
龍司:もし同じ日にエントリーしなおすにしても、やはり跳ねやすいレートとか意識されやすいレートまでしっかり待って指さったラッキーみたいな感覚でやっています。
木南:多分、エントリーした後にチャートを見ないというのはメンタルの揺れをなくすためにチャートから外れて損切りも利食いも指値を入れておいて2.3時間後のお楽しみというのでメンタル安定という感じですよね。
龍司:金額が大きくなると、10pipsで100万とかいく。エントリーした瞬間に手数料とかで結構な金額いくじゃないですか、スプレッドとかも合わせると。そういうのを見たくないです。負けていると思うと気持ちどこかで熱くなってしまいますし、そういうのは極力減らしたいので、なるべく見ずにやっています。
木南:それで成績が上がったという感じですか?
龍司:上がりました。特に利食いを引っ張れるようになりました。チャートをずっと見ていると利食いたくなりますよね。ちょっと上に上がったら逆にいかれるのはすごく嫌じゃないですか。含み益あってそれがまたマイナスになってもすごく嫌だと思います。そういうのを全部見ずに、ここまでいったら損切ここまでいったら利食いというのを決めておいて、リスクリワード勝負にしてからすごく数字は伸びました。
木南:圧倒的に指値がおすすめと言う感じですよね。
龍司:メンタルが出来上がっていないのであればおすすめです。
木南:了解です。続きましてすたろんさんどうでしょう。指値と成行き。
すたろん:龍司さんみたいになりたいです。エントリーする時にここで入りたいというのがあって、そこにラインを引いて待ち構えているんです。だんだんレートがそこによって来て、そこに指値を入れてやろうと思うと、そう思った時にはレートが近すぎて指値が入らないという事ないですか?
木南:成行きで押さないとポジションを持てないという事ですよね。
すたろん:仕方なしに、入れてくれないならしょうがないよと成りで入ります、エントリーは。決済は指しておきます。
木南:エントリーに関しては成行きの方が多い。
すたろん:圧倒的に多いです。ちゃんと相場が読めるようになったらきちんと指しておきたいんですが、来るなと思った時には指値が入らない状態です。まだまだ甘ちゃんなんですよ、私は。
龍司:持ちたいレートならいいと思います。最初から狙っていたラインであれば、指していようが成行きであろうがそこで入るわけなので。自分がそこまで引っ張れていて成行きだったらいいと思います。例えば100のラインで必ず入ると決めていて、チャートを見たら100.50からずっと落ちてきて100で入ったというのならいいと思います。チャートを開いて今日は100で持ちたいなと思って、開いたら100ギリギリで推移していた。ポッチと入ろうというのはナンセンスな気がします。ちゃんと自分の描いた通りに動いていたらいいと思います、成行きでも。木南さんはどうですか?
木南:エグジットはほぼ指値です。日足のトレードの癖ですが、当然利益が乗ったら建値まで上げるというのはありますが、それも僕は100%指値です、エグジットは。成行きはさっきすたろんさんがいってらっしゃった感じで、成行きと指値を半々ですが、なるべく自分が狙ったラインまで、すたろんさんが言ってらっしゃったように指値入れても遅い時があるので。
すたろん:良かった、仲間がいた。
木南:その時は自分の決めたレートまで来ていたら指しで入りますが、たまに失敗するのが待ち切ったと思っても少しフライングして早めに入ってしまって逆行かれるというパターンもたまにあるので、なるべく指値で入りたいというのは本音です、エントリーに関しても。強制的に待ち切れるので、指値を入れると。
龍司:それが一番いいところだと思います、指値の。9割の人は待てないと思います。まささんも指値トレードを推奨されていますし、やっぱり勝っている人は指値の割合が多いのではないかと。それか成行きでも幅をとっているかです。例えば100pipsの余裕枠を取っていて自分の狙いたいラインがあると。入れないのはやだから入る。でも100pipsの余裕があるから、それまでは余裕をみておくと言うトレードだったらいいと思います。やっぱりロットをどんどん上げていくと1pips、2pips結構大きいのでギリギリを狙いたいと考えると指値なんじゃないかなと思います。
木南:多分スキャルピングとかやっている人は成行きが多いかなと思います。5分足のスキャルを僕も一回チャレンジしたことがあるんですが、勝てないですよねあれ。成行きでやっていて、5分足で勝てる人はある意味天才しかいないんじゃないかと思います。5分足って成行きばっかりじゃないですか、エントリーも。だから逆に今は1時間足が主戦場になっているので、トレード事態も指値である程度は出来るようになったので楽にもなったのでやっぱり指しがいいのかな。スキャルとかやっている人は成行きでやらないといけないと思いますが。
龍司:ポジポジ病にすごく近いから、強靭なメンタルがあるとスキャルでもとても稼げると思います。そこまでたどり着くのに5年10年、そういうスパンだと思っているので、初心者がいきなりいってしまうと、フォームも崩れて何を信じればいいのか分からなくなってお金溶けて、FXなんて最低だとなるような気がします。
木南:指値でなるべくスキャルじゃない。15分足でスキャルというんですかね。初心者の方は特に1時間足以上でトなるべく指値トレードをやるというのがいいんですかね。
龍司:なるべくチャートから離れるのがポイントだと思うので、FXに感情は一ミリもいらないですから。感情で200万なくしましたからね。200万なくなった後に取り返したい感情がなければ200万残っているわけじゃないですか。
木南:龍司さん経験されているから余計に。
龍司:涙出ますからね。
木南:その時はひたすら成行きだったんですか?
龍司:びっくりするぐらい成行きで。
木南:ゲームのように連打を。
龍司:ナンピンとかも気持ちよくやっていました。ナンピンしてマーチンゲールしてロットとか関係ないです。
木南:やっぱりそういう実体験を聞くと成行きは危険だと。
龍司:危険。何があるか分からないですから。
木南:そうですよね、何があるか分からなというのが一番FX怖い所ですよね。特に損切とか指値を入れないと怖いですよね。
龍司:入れていないと逆にお金持ちとか、ものすごいミニマムで張っているのか分からないですが、スイスショックみたいなやつがあるとミニマム張っていても借金とかあるじゃないですか。
木南:スイスショックの時に、スイスフランはやっていなかったんですが、当時のチャートを見て価格がついていなかったのがびっくりしました。
龍司:3800ぐらいでしたっけ?結構飛んだんですよね。
木南:ニュース見ていたらユーロフランの価格はつけられませんという状態になっている、何が起こったんだという記憶があります、スイスショックの時に。
龍司:3000pipsでいきなり飛んだら100万通貨だと3000万ですか。
木南:死にますね。ユーロフランもあの事態が起こるぐらいの気持ちで。
龍司:いつ日本に、海外の外国勢が打ってくるか分からないですから。ミサイルとか。何があるか分からないですから。
木南:というわけで今日は指値と成行きどちらがいいのというテーマでお話ししたんですが、圧倒的に指値しかないという事で今日のテーマの答えという事で。今日はお便りは来ているのかな?来てますね。お便りのコーナーです。
龍司:木南さん切れてしまったみたいなので代わりに僕が読みます。ラジオの皆さん、こんにちは。私はトレード歴が1年の初心者です。現在、5分足でトレードをしております。色々と商材を買ったり、自分なりに研究したりしてトレードをしているんですが、最近、エントリーするのが怖くて、ポジションを持てなくなってしまいました。ちなみに使っているインディケータは、移動平均が5本とボリンジャーバンドです。チャートをみていても、エントリーしたら反転ばかりしてしまい、見送ったら思った方向に伸びてしまうことが多いように感じ「私はFXのセンスがないのでは・・・」と自己嫌悪に陥り、結果的にエントリーできなくなっております。常勝FXラジオの皆さんは、こういう経験をお持ちでしょうか。また、お持ちでしたら、どうやって乗り越えましたでしょうか。教えてください。お便りありがとうございます。このセンスがないのではというのはとても共感出来て、僕は結構負けた時期があるんです。200万負けたとさっきも言いましたが、その時にセンスがないとかは通り越して本当に無気力と言うか、暗い感じになってエントリーどころではなくなった記憶があります。今この方もエントリーすることが怖くなっていると思うんですが、僕はどうやって立ち直ったかと言うとペナルティーボックスってあるじゃないですか。その場から離れる期間。それを長めに取りました。
すたろん:どれくらいの期間ですか?
龍司:だいたい2カ月半ぐらいです。FXを一回忘れるぐらい離れました。その間デモとかもせずにチャートも一回も見ずに。そうしないと全部お金を溶かしてしまっていたと思いますし、一回ついた癖はなかなか治らないなと思ったんです。ノイローゼみたいになっていたので。病院あったらいきたいぐらいですけど、本当にそれぐらいひどかったです。このご質問いただいた方もそれぐらいひどい状態だと思うのであれば、一回FXから離れてリフレッシュをしていただきたいと思います。そうすると今見てるチャートの景色も変わりますし、その時の悪い癖とかも反省出来ると思います。期間を置くのが必要なのではないのかと思います。すたろんさんは自己嫌悪とか、センスがないとか。
すたろん:そんなに大きなお金を溶かしたことはないんですよね。最初に入れた10万をなくしてやっぱり負けるんだで少し離れた時期はあるんですが、自分が嫌になるような事はなかったです。
龍司:今自己嫌悪に陥ってしまっていると書いてらっしゃいますので。リハビリがいると思います。リハビリが治った後にエントリーするのが怖いと思いますが、移動平均線5本と、ボリバン。僕の意見ですが、少し判断基準が多すぎるじゃないかと思います。やはり私もなるべくシンプルにトレードするようにしていますし、自分が負けてもいいところでしかエントリーをしないようにしてから精神的にも楽になりましたし数字も上がりましたので、この移動平均線を一番信頼できる1本に変えて、ボリンジャーバンドも組み合わせて本当に自分の好きな形だけエントリーしていく。それがリハビリの第1歩かなと思います。
すたろん:確かに移動平均線が5本でそれにボリンジャーバンドですよね。
龍司:線だらけ。
すたろん:6本ぐらいないですか、ボリンジャーバンド。ローソク足見えないですよね、多分。ローソク足いらないんじゃないかと思いますよね。
龍司:それで勝てている人も、商材の買われていたという事なのでいるかもしれないですが、やはりここまで自己嫌悪になるぐらい信用できない手法と自分の中で決めてしまったのであれば、時間足をもっと上げて長期のスパンでやってみたり手法自体を変えてみたりだとか。1からのリセットが一番いいんじゃないかなと思います。負け癖がついてしまうと、なかなか立ち直れません。本当に辛いんです、この時期は。この方も本当に気持ちは分かります。諦めずにどれだけ長くかかってもいいと思うのでゆっくり戻ってきて欲しいなと思います。
すたろん:龍司さんが言っているんだから間違いありません。
龍司:焦っちゃダメです。焦るとまた同じように負けてしまうかもしれないので、商材選びからやってもいいと思います。商材を選んで信頼できる人に習って、研究する期間も長めに取ってもらって、よくワインさんが言う自分のテッパンを1つ作っていただいたらそれでいいと思います。そこからやって見て欲しいなと思います。
すたろん:何十万何百万と負けることを考えたら商材買うのは楽しいかもしれないです。
龍司:買い過ぎちゃうとノウハウコレクターみたいになっちゃうかもしれないですが、その中で自分が信頼できる先生、僕だったら永井さんだったんですがそういう人を見つけてそこでしっかり学ぶといいんじゃないかなと。僕がべらべらしゃべってしまいましたが何かすたろんさん、この方にエールを。
すたろん:頑張ってください。
龍司:ご質問をいただいているという事は吐き出しは出来ていると思います。この動画をまた見ていただいて、気持ちを切り替えてゆっくりやっていきましょう。今日はこういった回答ですかよろしいでしょうか。途中で木南さんがいなくなっちゃいましたが、進めさせてもらいました。多分通信系のトラブルだと思います。それではラジオのご視聴ありがとうございました。また次回の動画でお会いしましょう。
全員:失礼します。