FXで稼ぐ為に最初に行う事!・・・Vol.28

動画説明

第28回目の常勝FXラジオは

「FXで稼ぐ為に行う第一歩」

をテーマにお話しようと思います。

それでは、龍司・木南・すたろんの3人に

「FXで稼ぐ為に行う第一歩」についてお話してもらいましょう。

動画書き起こし

すたろん:皆さんこんにちは、すたろんです。毎週土曜日おなじみになりました常勝FXラジオ。本日は龍司さん、木南さん、そして私すたろんの3名でお届けしたいと思います。皆さんいらっしゃいますでしょうか。
  全員:こんにちは、よろしくお願いします。
すたろん:このラジオも毎回盛り上がっておりまして、お便りもたくさん頂けるようになってきましたが、常勝FXチャンネルの方も毎日どんどんチャンネル登録している方が増えていまして有り難いことです。ついこの間、東京懇親会があったようで、その時の動画がアップされていました。我々は関西なので行っていません。かなり盛り上がっていたようで楽しそうでした。龍司さんベタ褒めでした。
  龍司:そんな感じの噂は聞いていましたが見ていないんです。
すたろん:やっぱり弟子に越されたよみたいなね。
  龍司:それは言い過ぎです。
すたろん:2000万通貨あそこで張るかよみたいなね。
  龍司:あれはドル円のスイング一発取れたのが大きくて、あそこから億行くのも結構トレードしました。あれでわかったのはトレード回数は多くなくていいというのがわかって、ロット張らないとFXはなんともならないですね。
  木南:そこから1000万とか2000万になってますもんね。
  龍司:飛ばす覚悟で行きましたから。永井さんが飛ばしていいと言ったので、よし取ろうと思って。
  木南:結局ロットを貼らないと金額があがらないという凄くいい見本ですよね。あのトラックレコードは。
  龍司:ちゃんとロットを貼れれば20倍くらいは行きますので。流れも良かったです。
すたろん:若いからみたいな感じで永井さんがおっしゃっていました。
  龍司:一応永井さんに許可とったので、その辺で許可してくれる永井さんも凄いと思いますけど。
すたろん:さすが大物は違いますね。
  龍司:最初の元手分+少しは確保しておこうとは思ったので、それ以外は1000万だろうが2000万だろうが人のお金だしということで。そこまでアクセル踏めたのでなんとかなりました。
すたろん:含み益の500万から1億でしたよね。
  龍司:最初3000もらえるんです。僕3000全部怖くて入金できなくて、一部の500万を入金したんです。最悪500万なくなってもあと2500万あるかなと。その予備に2500あるし、含み益で口座4000になったので、じゃあ飛ばしてもいいよねっていう。そこから一発だった訳です。
すたろん:凄いですね。3か月で億行く訳ですけど、龍司さんもFXを勉強始めてから現在まで確か2年くらいじゃなかったですか?
  龍司:2年半ぐらいです。
2年半でこれだけの実力が身についていらっしゃる訳ですが、最初に何から勉強したらいいのか、多くの方がそういうのを疑問に思っていると思います。
  木南:特に初心者の方とかはそうですよね。
すたろん:自分も億行きたいと思っていても、最初は何をすればいいのかが疑問だと思いますので、そういった所はいかがですか?こういうのを最初に勉強すべきだとかいうのがあったらぜひ教えて頂きたいのですが。
  龍司:僕が辿って来た道ですが、最初に僕は教わる人をこの人と決めました。いろんな他の動画でも言ってますけど、変な話し永井さんでなくても良かったというのもあって、誰かに師事して勉強するのであれば破産するまでその人について行こうと最初思いました。
他の人にブレずにとことんその人と付き合って行こうとFX始める前に決めてて、たまたま運良く永井さんと出会えて、そういうスタンスで入っているので他の方とか他の商材とかは全く行っていなくて、もう永井さんをメンターとして最初に決めたので、その人の言う事だけをずっと守って勉強してやってきました。
すたろん:最初にもう何かを勉強しましょうではなくて、やっぱりメンターだというご意見でよろしいでしょうか。
  龍司:僕はそうだと思います。
すたろん:ありがとうございます。では木南さんどうでしょうか。最初に何を勉強すべきでしょうか。
  木南:やっぱりFXやっていて感じるのが、メンタルが凄く重要です。初心者の方は特に手法を極めれば勝てるとかそういう風に思っている方が多いと思いますが、メンタルから入るのがいいと思います。僕自身が辿った道も、そんなに始めは手法手法と走った訳ではなくて、一番始めにFXをやろうと思って買った本が、FX取引入門という日経新聞の本買ってこれをまず始めに読んで、これがゴールデンクロスだデッドクロスだとかそういうことからファンダメンタルズがどうのとかそういう本から入って、いろいろ探してたらマーケットの魔術師がバイブル的な感じの本だという情報を入手しました。その当時あるレポートをとっていたんですが、そのレポートを発信している人がマーケットの魔術師を紹介していました。そのレポート自体もそんなに手法に走るレポートではなくてメンタル重視のレポートで、そういう所から入っていたので僕は初心者の頃からメンタル重要というイメージが付いていて、マーケットの魔術師を読んでもスーパートレーダーの人がほとんど手法の話しは載ってなくて、メンタル面の話しばかりです。メンタル面の話しとあとはほとんどの人が一回は口座を飛ばして失敗してそこから這い上がってるみたいな。
すたろん:そんな話ばかりですよね
  木南:僕がFX5年くらいですけど4年間日足のトレードをやっていました。その時は年間通じて毎年マイナスにはなってないんです。
  龍司:素晴らしいですね。
  木南:それがメンタルから入れたからマーケットの魔術師も読んだし、新マーケットの魔術師も読んだんです。それのせいもあるのかなというのもありましたが、デイトレに転向して手法に走ったら一挙に崩れて行ったという。そういう経験もあります。メンタル忘れると駄目ですね。マーケットの魔術師は少し難しいですけど、ゾーン心理学入門という本とかそういう本を読まれるのがいいと思います
すたろん:お薦めとしては書籍ですね。メンタル面を解説してある書籍を読むのがお薦めであると。
  木南:書籍読んだだけでは勝てませんが、メンタル的な書籍で良い物を厳選して読んで行けばいいと思います。
すたろん:ありがとうございます。私は何か最初に手法に関係した書籍だったり商材を買ったり、もしかしたらそういったことをされている方がほとんどだと思います。私もそうでしたが最初FXとは何だということで初めてのFXという本を買って読んでます。
読んだんですが実際にトレードするにはどうしたらいいか、まず証券会社を選んだりそこで口座を開設したり、メタトレーダーの使い方がわからなければ売買できませんし、そういったものを勉強するには動画で解説してあるのがいいだろうということで、教材というものをインターネットで販売されているものを買いました。多くの方がそういうのを買って少しやってみて、上手く行かないから別の教材を買ってみて少しやって最初は儲かったけど負けたからまた別の教材を買ったりとか、ノウハウコレクターっぽいことになっている方も多いようですので、私は現在手元にある教材とか書籍から学べることはきっちりと学ぶのがいいと思います。基本的な部分って必要ですよね。指値注文とはどういうものでどういう操作をすると指値注文が入るかとか、ストップの注文が入るのかとか大事な所だと思いますが、本で読んでも上手く理解できない所ってあると思います。そういった教材をお持ちの方はそういったものを基本的な所は今持ってる教材とか書籍できちんと勉強するのがいいと思うし、お金を出さなくてもYouTubeで優秀な動画ってたくさんあると思います。私が一番いいと思っているのは私達が今やっている常勝FXのクモの糸プロジェクトという永井さんとまっちゃんの動画があります。あれが非常に大好きで何回も見ています。ああいう所から大事な所って一杯あって、それを吸収するのが本当に良い勉強になると思います。常勝FXの最初の頃のクモの糸プロジェクトとかで勉強するのがいいと思います。
  龍司:特にクモの糸プロジェクトですが、あれは気づかれている方は気づいているかもしれませんが、かなり核心に近いことばかり言っています。
すたろん:あれ答えですよね。
  龍司:本当にギリギリの所を永井さんがおっしゃられていて、勘が鋭い人ならこれってみたいなのがチラホラ入ってます。無料で学べる動画、クモの糸プロジェクトは何回か見ておいた方がいいと思います。普通のお金を出して買うくらいの価値があると思います。他の商材はわからないですがそう思います。
すたろん:そういった所から龍司さんがおっしゃったようにメンターを選ぶにしてもそういった動画を配信している中から選ぶとかできるかと思いますし、常勝FXの動画の中にもメンタルのいろんな話をしている龍司さんの動画もありますし、永井さんが直接話している動画もあるので使えるものはどんどん使って頂いて、いろいろ最初の勉強をして頂けたらと思います。
  龍司:最初はお金かからないしね。深い所まで調べようと思うとそれなりの価値のある情報なので、なかなか手に入らないと思いますが、最初注文する時って緊張しませんでした?僕最初凄く緊張しました。そういうのを動画で探せば出て来ますよね。エントリーの仕方とかここで左上のワンクリック押せばエントリーできますとか。そういうので事前に勉強しておくのは大事です。僕あれを見て最初勉強しましたから。
すたろん:誰かが側にいて教えてくれる訳じゃないですからね。動画って便利ですよね。とうことで龍司さんはメンターを探しましょう。木南さんはまずはメンタルを勉強できるような書籍を読んでくださいと。私はクモの糸プロジェクトがお薦めということです。それではお便りのコーナー行きます。始めまして、○○と申します。今大学4年生で就活をしています。最近FXの世界を知り本気でFXのスキルを身に着けたいと思いました。そこで皆さんに質問です。もし今大学生だとして、ある程度FXの知識が身に付いたとしたら就活とかせずにトレーダーとして独立をしますか?それとも一旦は就職活動をしてどこかの企業に就職ないし公務員になりますか?唐突にFXをされている大人の方の意見を聞きたくてご質問をさせて頂きました。よろしくお願いします。ありがとうございます。
すたろん:唐突に大人の意見を聞きたくてご質問させて頂きましたということで、いかがでしょうか。大学生の方のお便りですが、若いなという感じがしますね。
  龍司:タイムリーですね。
すたろん:木南さんいかがでしょうか。
  木南:ストレートに言うと専業トレーダーになるか就職するか迷っていると。というか大学生でまずFXのスキルを本気で身に着けたいと思う所が凄いですね。周りの方とかは大学4年で今の時期だと就活とかかなり。
  龍司:投資とかまだ何も考えないですよね。
  木南:私の経験上ですが私は専業でやっているのでサラリーマンやってた頃よりも時間は確かにあります。
すたろん:それは思います。
  木南:この方大学4年ですので、もし専業トレーダーになるとしたら1年間みっちり勝てるようにならないといけないとは思いますが、専業トレーダーはサラリーマンの時と比べたら、サラリーマンは決まった時間に出社して、決まった時間まで働いて帰ると。
かなり拘束時間が長いです。その分仕事に行けば日当はもらえます。FXは勝てる保証はないし負ける日もありますし、仕事をしたからって必ず対価をもらえる訳ではないですがその面でリスクを取れるならリターンもありますよね、専業トレーダーは自由だし平日に出かけることもできますし。私はもしこの方が本気でFX専業トレーダーになりたいなら今から1年間学生のうちにしっかり勝てるようになって専業トレーダーになってもいいと思います。
すたろん:私も一応専業でやってますのでね。何と言っても朝目覚ましで起きなくいいとかありますし、つい何年か前までは普通にサラリーマンでしたから、サラリーマンの大変さもわかっていますがそれに比べてFXで稼ぐというのはあまし良いイメージはないと思いますが、体力的には楽でいいと思います。こういう世界を知ってしまったらなかなかサラリーマンには戻れません。私はここにも書いていますが、本気でスキルを身に着けたいと思っているなら本気で取り組んで頂ければいいと思います。龍司さんはいかがですか。
  龍司:僕は今兼業でやっているので、人それぞれあると思いますが、専業兼業限らずに兼業でも1億2億稼げる世界だと思います。例えば旅行が好きで自由に使える時間が凄く欲しいとか、時間拘束されるのが凄く苦手でアルバイトもできないとか、そういう使いたい時間が多い方がいいという場合はリスク背負って専業1本で行くというのもありだと思います。しっかり勉強すれば勝てますし。ただ兼業でも勝てるので、例えばFX1本でやるのは怖いとか人それぞれ思いがありますよね。バックボーンが欲しくてFXで稼げるのはわかるけど、何らかの仕事をしておきたいとか家族の関係で仕事をしていないと駄目とか、跡継ぎで仕事をしないと駄目とか、その人の環境によってありますよね。専業、兼業関係なくFX稼げるのでその人がどういう生き方をしたいかによって変わってくると思います。
すたろん:龍司さんは最高のモデルとしてここにいらっしゃいますので、そういうのを見ると企業に就職しても景気が悪くなったらどうなるかわからない世界ですしね。リストラとか普通にある世界ですし。
  龍司:僕の場合は家族の事とかもあって兼業でやっていますが、全然兼業なら兼業の戦い方があるし、仕事に支障のないトレードをすればいいだけですので。
  木南:兼業ですとトレードをする時間が、仕事によっても違うと思いますが、内勤だと仕事中はトレード難しいと思いますが、その辺自分のライフスタイルに合わせてトレードする時間とかは組んでいったらいいですよね。
  龍司:僕も基本的に会社にいる時間はチャートを見ません。見るのは朝一回だけでスイングでやることが最近は多くて、逆にそっちの方がいらないことをしないので。例えば1対3のリスクリワードでエントリーしてチャート見るとビビッて切るとか、含み損抱えると逃げたりとか多いです。僕最初ずっとやってしまってなかなか利益が伸びなかったんですが、チャートを放置するんです。エントリーした時点でリスクを飲むという決意表明ですよね。そのリスクは負けたらしょうがないと諦めるくらいの気持ちでいるので、1対5とか1対3とかガッツリ伸ばし切ればその分リターンも多いので、チャートを見ていたらなかなかできなかったです。チャートを見ないために違う集中できるものを持っておくというのが重要だったんです。
すたろん:それ重要な意見ですよね。
  龍司:仕事なり趣味なり何でもいいと思いますがトレードに没頭しすぎると相場に食われるので。適度な距離感を保てるのが僕だったら仕事だし、仕事することで家族も安心できてバックボーンに一個お金あったら子供に使ったりできるし、独立したければすればいいし、しなくても稼げるという感じではいます。
  木南:スイングとか僕もサラリーマン時代は日足のかなり長いトレンドフォローやっていましたが、スイングとか長い足でやる方は仕事を持たれていて、朝少しだけチャートチェックして後はほったらかしにしている方が逆に成績も上がるかもしれないですね。
  龍司:僕は自分のコントロールが未熟なので、チャートを見るとエントリーしたくなったりだとか逃げたくなるんです。それもわかっているので時間使う永井さんだったらサウナとか散歩とかそういうものですよね。そういう延長線でもあると思っています。
  木南:仕事中は全く見ない感じですか?
  龍司:全然見ないです。
  木南:今はスマホで価格いくらかなとかそういうのも全然見ないんですか?
  龍司:見ないです。帰って来て50万損切りみたいなね。そういう50万100万くらいは結構あります。
  木南:割り切れるからそう考えると兼業の利点を生かしたら龍司さんの成功例もありますし。
すたろん:せっかく大学4年生で就活をしていると。今まで一生懸命勉強なさって来たわけですし、就活しているなら今就職するタイミングとしてはベストだと思うので、就職して頂いて企業も倒産したり業績が悪くなるとリストラとかもあると思うので、その時のための保険というか副業として何か収入を得るようなスキルを身に着けるという意味でFXを勉強して頂くというのがいいかもしれないですね。
  龍司:それか証券会社に就職したらいいんじゃないですか。トレードできるかわからないですが、例えば証券会社にトレーダーにならしてくれって言って、ならせてくれるかわからないですけど、そういう道があるなら会社のお金使ってトレードできますよね。そこで練習して何年か後に独立したりとか面白いかもしれないです。
  木南:世界の見てるとスーパートレーダーの人って大手の銀行のトレーダーとか証券会社のトレーダー出身の人とか。もしそこに就職できたらばっちりですよね。
  龍司:修行のつもりで行くといいかもしれないですよね。
すたろん:そういう考え方もありますよね。FXのスキルとか何かスキルを身に着けるというのは凄く武器になりますね。
  木南:ベストはトレードができる環境に就職すると。なかなかハードルは高いかもしれないですが。
すたろん:せっかく大学生で就活しているので就職をして下さいというのが3人の共通した意見です。その上でFXに興味を持たれているので龍司さんという素晴らしいモデルもありますので龍司さんを目標にする形でFXのスキルを磨いて頂いてしっかり稼げる兼業トレーダーを目指して頑張って頂きたいと思います。こんなまとめでいかがでしょうか。
  龍司:年間でまとまったお金を安定的に出せたらパッと独立するのもいいし、好きにやったらいいと思います。
すたろん:頑張って頂きたいと思います。こんな感じで今日はそろそろお開きにしますがよろしいでしょうか。今回はこの辺りで失礼したいと思います。いつもご覧頂きありがとうございます。また次回のラジオでお会いしましょう。
  全員:失礼します。