【FX手法検証】平均利益300pipsのパーフェクトオーダー手法

動画説明

常勝FXをご覧の皆様
こんにちは、木南です

今回も、インターネット上で無料で公開されている
売買ルールを引っ張ってきて、考察しております

今回の分は、こちらのURLから引用しました
http://fx-works.jp/day-perfectorder/

パーフェクトオータートレード

時間足  日足 

通貨ペア 
米ドル円、ユーロ円、ポンド円、豪ドル円、ユーロ米ドル、ポンド米ドル、NZドル円、豪ドル米ドル、NZドル米ドル、ユーロ豪ドル、その他  

取引市場 全市場

勝率 40%
平均利益 +300pips
平均損失 -100pips

【エントリー方法】
5本のSMAが同じ方向を向いた時が、エントリー準備
エントリーは「10SMA」にとどいた時。「指値注文」するのがお勧め。
さらに「10SMA」まで押したときは、ポジションを追加する

*ダマシを回避するための注意点、
直前にあるサポートラインやレジスタンスラインのブレイクを確認すること

【エグジット条件】
*利食い
通貨ペアにもよるが、500pipsを目標とする
*損切
20SMAをローソクの終値で抜ける

動画書き起こし

皆さんこんにちは、木南です。いつも常勝FXをご覧頂きありがとうございます。今回もインターネット上で無料で落ちている手法を1つピックアップしてきて 私也に考察させて頂き、その手法の中に何か新しい手法を構築するにあたってのヒントが隠されていないかということで、もしヒントがあれば皆さんにお伝えするという手法検証シリーズをお届けします。今回はパーフェクトオーダートレードという手法です。時間足は日足、通貨ペアはほぼ全通貨ペアを網羅しています。取引市場は全市場、勝率は40%、平均利益が+300pipsに対して平均損失がマイナス100pipsといことで数字を見る限りトレンドフォローの手法だとわかります。続いてチャート設定行きます。日足を使用ということで、10、20、30、40、50、のSMA 単純移動平均線です。5本の単純移動平均を使うようです。それを落とし込んだのがこちら。わかりやすいのがこちら。青が10、赤が20、水色30、オレンジ40、紫50、この5本の移動平均を使います。

エントリー方法とエグジット条件を見て行きます。エントリー方法、5本のSMAが同じ方向を向いた時エントリー準備。エントリーは10SMAに届いた時。指値注文するのがお薦め。さらに10SMAまで押した時はポジションを追加する。ダマシを回避するための注意点、直前にあるサポートラインやレジスタンスラインのブレイクを確認すること。エグジット条件、利食いは通貨ペアにもよるが、500pipsを目標とする。損切りは20SMAをローソクの終値で抜けるとあります。そもそもパーフェクトオーダーとは何かというのをご説明します。パーフェクトオーダーというのは、今回は移動平均を5本使っていますが、短い足の移動平均の10、20、30、40、50これが同じ方向に向かって並んでいる所がパーフェクトオーダーと呼ばれる状態です。パーフェクトオーダーの状態になるとローソクを見るとトレンドが出ています。要するにパーフェクトオーダーになるとトレンドが出ているというのがわかります。これはパーフェクトオーダーを使った手法ですが、例えばここ10SMAまで落ちているのでここでエントリーです。500pipsの目標もしくは20SMAを終値で割ると。

今回ここでエントリーしたとなるとここでエグジットになります。240pips取れています。あくまでこういうトレンドフォロー系の手法はトレンド相場ではどんな手法でも通用します。逆にグチャグチャしているこの辺ではエントリーができないという状況になっています。シンプルに言うとMAを使ったトレンドフォローのトレードです。5本MA入ってますけど、シンプルなトレードです。今の相場状況というのはかなり複雑になってきているので、こういったMAを使ったシンプルトレードは機械的にやるとなかなか通用しないと思います。先程エントリー方法でサポートライン、レジスタンスラインのブレイクを使うと書いてありましたが、あれが裁量の部分になってくると思うので、そのラインを使った裁量の部分を磨いてそれもプラスすることによってこの手法は機能するようになるのかと思います。でも裁量を磨くということは経験も積まないといけませんし、今日明日でできることではないので、じっくり取り組まないといけない手法なのかと思います。

今回この手法を何故取り上げたかというと、日足を使ったしかもトレンドフォローという手法なので取り上げました。実は特にデイトレーダーの方で5分足とか1分足とかの短い足を使っている方多いと思いますが、結構ポジポジ病にかかりますよね。実は私は4年程日足のトレンドフォローでトレードしていました。日足のトレンドフォローしていましたが、デイトレに転向してやっていましたが、日足のトレンドフォローに慣れていたので、私はポジポジ病というのはかかったことがないんです。逆にポジション取れない病という感じになってしまうことが多かったです。ポジション取れない病というのは、別にポジション取れなかったら損失は出ないので、ポジポジ病よりは良いのかと思いますが、ポジポジ病というのは破滅のトリガーという感じになってしまう場合もあります。ポジション持っていないと気がすまないので、常にポジション持ってトレードやって更に資金を失って行くとなると思います。今ポジポジ病で苦しんでいる方いらっしゃるかと思いますが、私の経験上もありますが、日足のトレードにしばらく切り替えてしまうのも一つの方法です。

日足のトレードはトレードチャンスがもの凄く少ないです。私が使っていた日足のトレード手法は、月に1回か2回のエントリーでしたが、その手法よりも今回ご紹介している手法はエントリーチャンスが少ないと思います。パッと見た感じ下手したら半年くらいポジション持てないかもしれません。逆にそういう状況になるとポジポジ病が起こせません。今ポジポジ病で苦しんでいる方は日足のトレンドフォローという長い足で、こういった感じの手法を取り入れて相場から距離を置くと。ポジポジ病一つのアイデアとしてしばらく一旦日足のトレードに転向するのもありだと思います。これだけエントリーチャンスが少ない手法だと、相場は待つのが大事だと。待つというのも自然に身に付くと思います。では今回はパーフェクトオーダーを使った手法ということでご紹介しました。今日も最後まで聞いて頂いてありがとうございました。失礼します。