勝率80%リスクリワード1:3 そんな聖杯を探していませんか?

動画説明

こんにちは、永井です。

今回はスティーブコーエンの名言からお話をさせて頂きました。

今回の動画では何が言いたかったのかと言いますと

スーパートレーダーと言われる方々と言えども

勝率で見ても63%しか無い、、、ということです。

私も動画の中で申していますが

私自身もだいたい勝率は60%ぐらいで落ち着いています。

結局のところ損失を如何に抑えられるか・・・

この部分が1番重要な部分です。

何時も同じところでエントリーするならば

だいたいの利幅は決まっているのではないかと思います

その逆に損幅も決まっていませんか?

その比率が大きければ大きいほど

資金が増えて行く・・・という事!

利益では無く、損失に目を向けてFXに取り組んでいきましょう!

動画書き起こし

永井です。本日はこの名言について語って行きましょう。名言を読みます。僕は自社のトレーダーに関して統計を取っているけれど、最高のトレーダーでさえ利益を上げるトレードは63%にすぎない。ほとんどのトレーダーの勝ちトレード比率は50から55%。つまり間違いを犯す確率は非常に高い。そうだとすれば、損失は出来る限り小さく、利益を上げられる時はより確実にそれを大きなものにしなければならない。この名言は有名なヘッジファンドマネージャーのスティーブ・コーエンの名言です。事実トレーダーとして僕は10年間やってきましたが、かなり核心をついている名言です。最高のトレーダーでさえ利益を上げるトレードは63%に過ぎない。スティーブコーエンってとんでもないアメリカのファンドマネージャーです。ほとんどのトレーダーの勝ちトレード比率は50から55%、これはかなり本質だと思います。この後、つまり間違いを犯す確率は非常に高い、そうだとすれば損失は出来る限り小さく、利益を上げられる時はより確実にそれを大きなものにしなければならない。

これはリスクリワードでかなり良いリスクリワード比を取っていると思います。当然リスク1に対してリターン0.2とかだと勝率80%とか出せると思いますが、勝率に惑わされたら駄目です。リスクリワードで本当に1対3以上あって、それで勝率80%というのはいないと思います。それができるなら10年とかのスパンですよ。短期だったらリスクリワード1対3とかで、勝率80%も可能だと思いますが、これを10年スパン20年スパンでリスクリワード1対3の勝率80%は、僕は今まで相場を見てきまして、いろんなトレーダーとも話してきましたが、そんなトレーダーいないです。ジョージソロスでも勝率60%と言われているぐらいの世界で、勝率80%というのはありえないです。もし本当にリスクリワード1対3で勝率80%取れたら、何百億とかすぐ行くと思いますが、それは多分ないです。皆さんはちっぽけな勝率80%とかに踊らされるのではなく、勝率80%の裏側です。リスクリワードが1対5の勝率80%とかは化け物クラスなので、そんなトレーダー表には出てこないと思うので。

僕の中ではリスクリワード1対3の勝率60%取れるトレーダーはスーパートレーダーランクだと思います。スティーブコーエンが本当のセリフだと思います。YouTube見られている人はトレードに対して真剣に向き合っているトレーダーの方が多いと思うので、これは妥当な数字だと思います。皆さんはどう感じるかわかりませんが、僕自身はこの数字が真実かどうかわからないです、真実に近い数字だと、今までやってきて経験してきて思うのはこの数字が全てだと考えています。本当にリスクリワード1対3で63%取れれば最高トレーダーと書いていますから、本当に最高のトレーダーだと思います。皆さんもこの数字を指針にしてトレードスタイルを構築されて行くのが良いと思います。スティーブコーエンの名言もぜひ参考にして頂きたいと思います。他にもいろんな名言ありますのでぜひ読んでみて下さい。本日の講義は以上です。それでは失礼します。