どうすれば95%の負け組になりづらくなるのか!?・・・Vol.40

動画説明

第40回目の常勝FXラジオは

「常勝FXの上手な利用方法!」と
「どうすれば95%の負け組になりづらくなるのか!?」

をテーマにお話しようと思います。

それでは、龍司・木南・すたろんの3人に

「常勝FXの上手な利用方法!」と
「どうすれば95%の負け組になりづらくなるのか!?」
についてお話してもらいましょう。

動画書き起こし

すたろん:常勝FXラジオをご覧の皆さんこんにちは、すたろんです。本日もラジオをお届けしたいと思います。龍司さん、木南さん、私すたろんの3名でお届け致します。皆さんお入り下さい。
全員:こんにちは、よろしくお願いします。
すたろん:私、工場の中で25年勤務していましたので、工場で働くと言う事は、あまり話しとかはしてはいけないんです。こういった場所でペラペラ話しをするのがどうも苦手なんです。お二人は龍司さんはどういったお仕事でしたっけ?
  龍司:僕は営業職もするので、喋る事が仕事にもなってますね。
すたろん:いいですね。ペラペラっと言っちゃいますよね。動画とか拝見しても説得力のある話し方で、いわゆる何かをバシっと言い切る龍司節をいつも感じています。やっぱり営業と言う事は一人で喋るのではなく相手と会話を上手く運んで行くテクニックのようなものはあるんですか?
  龍司:喋ってると楽しくなってくるので、どっちも投資が好きで投資の話しをするので、いつも投資面白いですよねって話しで盛り上がって終わりますね。そんなテクニックとか考えた事ないです。好きな事を二人とも喋ってるので、自然と盛り上がってたりします。
すたろん:木南さんは以前お仕事はどんなお仕事をしてたんですか?
  木南:私は営業をやってまして、営業ですけどどちらかと言うとルート的な営業です。
すたろん:ルート営業と言うとどんな感じなんですか?
  木南:得意先回りみたいな感じですね。お客さんと仲良くなるって言う営業で共通点はありますが、ルート営業はお客さんと仲良くなるのが大事だと思うんです。だからちょっと私喋り方が馴れ馴れしくなってしまう時があるんです。そういう癖で。逆にルート営業の場合かしこまって喋るのではなくて、少し崩して喋るくらいが丁度いいんです。仲良くなる為には。ちょっと言葉使いが慣れ慣れしい時があってすみません。
すたろん:そう言うの全然考えたことないですけど、そうなんですか。色々あるんですね。同じ営業でも色んなのがあるんですね。
  木南:龍司さんと僕の営業ってちょっと違うかもしれないですね。
  龍司:ちょっと違うかもしれないですね。
すたろん:世の中色んな仕事があって面白いと思いますが、私達の情報、私達は配信している側ですが、龍司さんも木南さんも私もそれぞれにお届けしている動画があって、しかもその動画の内容が3人共違うと思っているんです。最近聞き始めて下さった方も、もしかしたらいらっしゃるかもしれませんので、そういった方々に対して常勝FXの上手な利用方法というか、私達3人がどんな動画を作ってどう言う所がお薦めなのか、自分の動画の説明とお薦めはこう言う所ですよとか、アピールを今回バンバンして頂ければと思います。龍司さんいかがでしょうか。俺の動画はここが見どころだと言うのがありましたら、是非ここでバンバン宣伝して頂きたいと思います。
  龍司:僕は永井さんから教わった事をそのまま伝えようと心がけて動画を撮っています。永井さんから教わった事以外はわからないので、アカデミーの内容に全部触れると言えない所もあるので、言える範囲の所でなるべく僕は教わった所を話してたりしています。あとはメンタルが重要だと僕自身が感じたので、永井さんから教わったメンタルの事とか自分自信がトレードしていて感じたメンタルの事とかそういった事を中心にやろうとしています。
すたろん:わかりました。ありがとうございます。永井さんに教わった事と言う事で、初心者の方には為になる動画が多いのではないかと思います。やっぱりメンタルですよね。99%メンタルだと色んな所で聞いてこられたとお思いますが、メンタル重要って言っても中々わからないですよね。メンタルってひとくくりにしてしまうとわかりにくい所がありますが、龍司さんの動画は色々拝見していますと、色んな角度からメンタルのお話しをされていますので、龍司さんファンの方に限らず常勝FXチャンネル登録して下さっている方はメンタルの重要性を学んで頂ければと思います。それでは木南さん。こんな所を見て欲しいと言う宣伝をバンバンして頂ければと思います。
  木南:私は見て頂いた方はご存知の通りファンダメンタルズの動画が多いです。ファンダメンタルズって、取っつきにくいと思うんです。私の場合はサラリーマン時代4年間日足のトレードをやっていまして、これ何度も言っていますが、結構長いスパンでトレードしてたので、ファンダメンタルズを勉強しようと思ってそれで色々調べものとかし出したのではなくて、自然とファンダメンタルズを追いかけてたんです。
すたろん:日足トレードをするためのファンダメンタルズって事ですかね。
  木南:例えばドル円とかもポジション3か月持ってる時もありました。
すたろん:長いですね。
  木南:その時にドル円何か突発的な材料が起こると、ファンダメンタルズの要因でも上下してしまうんです。それが気になってドル円が急に下がったとか上がったとかなると、どういうファンダが起こってこうなったのかとちょくちょく調べるようになったんです。結論的にファンダメンタルズと言うのは詳しくなる事もないかなとも思いますが、折角経済に密接にかかわっているFXに我々取り組んでいるので、FXを通してファンダメンタルズ、経済的な勉強をすると言うのも自分の為にはなるかなと思って、ファンダメンタルズって知識の蓄積なんです。例えば日経新聞とか僕も読んでいますが、日経新聞も書いてる事は一番初めに見てもサッパリわからないんですけど、知識とか日経を読むのを癖付ける事によって1年後に同じ記事を読んでも、かつての自分と比べて難しい記事を読んでも理解力が早くなってるんです。
すたろん:そう言うもんなんですかね。
  木南:そう言うもんなんですよ。経験上なんですけど。それはファンダメンタルズとか経済のニュースを積み重ねて読んでたから、そう言う風な自分になれていると言うのがあります。先程も申し上げた通り折角経済に密接にかかわっているFXやっているので、これは以前も言ったかもしれませんが半年、1年の大きな流れって結構ファンダメンタルズの材料で決定づけられる時があるんです。ですから大きな流れのファンダメンタルズって言うのは、ご自身のトレードの方向性を見極めるには役に立つと思うので、まだまだ自分ではできていませんが今現在のホットなファンダの材料とか、よく出て来るようなファンダの材料をなるべくわかりやすく伝えようと思って、ファンダ系の動画を中心にお送りさせて頂いています。全然わかりにくい部分もあってそれは申し訳ないんですが、出来るだけ努力してわかりやすく視聴者の方に伝えれるように頑張って行きたいと思います。
すたろん:ありがとうございます。日足のトレードの経験があるからファンダを追いかけたと言う事で、ファンダメンタルズと言うのは我々どうしても難しいお話しだと感じますが、そこを知識の蓄積が重要であると。毎日YouTubeで配信されている方って私知らないんですよね。恐らく木南さん一人じゃないかと思います。とても貴重な存在ではないかと思っています。常勝FXご覧になっている方、毎日木南さんの動画でファンダの色んな動画がありますので、是非毎日知識を蓄積すると言う意味で、毎日ご覧になって頂ければと思います。ありがとうございました。私の場合は前はインジケーターの紹介とか色々させて頂いていました。インジケーターも全部お薦めだからこれを入れましょうね、あれを入れましょうねと言う動画ではなくて、こういったのもありますよ、ああいったのもありますよと言う事で色々自分の中で気に入ったものがあったらお使い頂ければいいですし、これはどうだと思う物は全然見向きもしなくていいと思います。何かの行動を起こしてみると言うのも学習する上で大切だと思います。MT4に導入する手順から色々説明させて頂いていますので、とりあえず入れてみて動作を確認してみて、自分の取り組んでいるFXにそれが使えるかどうか、ご自身の目で判断し一つの経験にして頂ければと思っています。そんな意味も込めて私の動画も見て頂ければと思います。
  木南:コメント見ているとすたろんさんの動画わかりやすいと言うコメントも結構ありますもんね。インジケーター系のやつで。特に初心者の方とかは勉強になるんじゃないですか。
すたろん:そう言う風に思って頂けると有難いです。我々3人これからも全く同じような動画ばかりお届けすると言う訳ではなく、色々視聴者の方に喜んで頂けるような情報を毎日配信して行きたいと思いますので今後共よろしくお願い致します。と言うことで、お便りを頂いております。
     まだFX歴1カ月の初心者です。まだまだ分からない事だらけなのですが、色々と調べて行くうちに常勝FXのYouTube動画の存在を知りメールさせて頂きました。永井さんや皆さんの動画を見ているとFXの世界では95%が負け組になると言われてますが、逆に初心者の時からどんな事を勉強する、もしくは意識して行けば95%の負け組になりづらくなるのでしょうか。皆さんのご意見をお聞かせ頂ければと思います。よろしくお願いします。ご質問ありがとうございます。まだFX歴1カ月の初心者さんと言う事ですが、95%が負け組になると言われていますが、どんなことを勉強するもしくは意識して行けば95%に入らなくて良いのか。龍司さんいかがでしょう。龍司さんご意見お伺いできますでしょうか。
  龍司:ここに書かれてる通り95%の負け組の人がどういう行動をしたり、どういうトレードをしてるのかを調べるのが一番早いと思います。それの逆をすれば単純に生き残って行けるとなると思うので、95%の負ける人は何をするかと言うと、ポジポジ病になったりとか、自己都合のトレードですよね。適当にトレードして負けて行ってる人が多いのかなと思ったりとか。木南さんとかすたろんさん、95%の負け組ってどう言う事すると思いますか?
  木南:僕は負け組と言うのは自滅する人が多いと思います。僕の経験上ですが、僕も初心者の時に手法と呼ばれる物を使ってやってましたが、僕が買った情報商材と言うのが幸運にもかなりメンタルを重要視する商材でした。たとえば売買ルールは必ず守らないといけないとか、資金管理はきっちりしなさいとか、トレードはメンタルがブレるのでそこをブラさないようにするためにはとか、そう言う事の方を重要視してる商材を幸運にも買えたんですね。僕がやってたのが一番初めに特に売買ルールを守ると言うのを叩き込まれたので、何度も言っていますが日足のトレンドフォローのスタイルだったので勝率が凄く低いんです。35%、40%しかなくて、でもリスクリワードが1対3位で、低い勝率を沢山の利益を取る事によって補うと言うスタイルだったんです。これってかなりメンタルキツイんです。でもそこで売買ルールを破ってしまうと、自分の感情だけでポジションを持ってしまうと折角一応勝率40%しかないけどリスクリワード1対3のトレード手法を使っているにも関わらず、感情が入るとそれがランダムになってしまうんです。自分の取りたい所でポジション持って、売りたい所で売ったりしてると。特に僕がやってたトレンドフォローの手法は損大利小になってしまうトレード、要するにランダムに適当にトレードして損大利小になってしまうトレードをしてしまうと、痛恨なんです。致命的なんです。そう言う部分もあって、売買ルールだけは愚直に守ってたんです。いくら勝率が低くても。1年2年そのルールでやってると確かに数字も出て来るんです。勝率が35から40しかないけどリスクリワード1対3取れると。1年2年我慢してそう言う風に数字でも表れると更に売買ルールを守る大切さがわかってくると思うので。逆に95%の負け組になる人はそれが出来ない人だと思います。
  龍司:売買ルールを守らないと駄目と言うのは多分皆わかってると思うんです。それが大事って言うのは。でも守れない人がいる訳じゃないですか。凄く大事ってわかってて守れないので、何でそうなるのか僕も凄く思っていて、どの本見てもネット見てもこのYouTubeの常勝FXでも売買ルールは守らないと駄目と散々言われる訳ですよね。でも守ってない人がいたりとかいますよね。何でそうなるのかなって。そこなんじゃないかなと思います。気を付けないと駄目な所とか意識する所は。ルール守るのは当たり前の大前提で守れないなら辞めたらいいだけの話しなんで。ルール守れないなら負けるので最初からやらなければいいと思うんです。お金の無駄だし時間も無駄だし。ルールは絶対守る事前提で、ルールも必ず勝てると言う情報もないので連敗期の乗り越え方とかかな。ルール通りやってて、ルールの見直しもいると思うので。人から教えられたルールって連敗期が来ると信じられなくなってくるんです。僕は自分自身で見つけた方がいいと思います。勝ちパターンなり相場の癖なりを。最初はネットからの情報でも何でもいいと思いますけど、ベースだけそこで拾っておいて、自分なりに相場を観察して、この時間帯はこう言う動きするなとか東京時間はこれぐらいしか動かないなとかそう言う所から自分の生活スタイルに合った自分なりのものを作り上げて行かないと最終的には散って行くんじゃないかと思います。自分の軸がないですよね。人から教えられた事だけやってても。そうすると最初の1年2年勝ってても、僕永井さんから教わったことですけど、龍司なりの軸は作らないといけないとずっと言われてたので、永井さんから聞いて良い所だけを寄せ集めて、それに自分の考えをミックスして自分なりの考えを作り上げて行ったので。遅かれ早かれ自分なりのトレードルール、トレードフォーム、自分の軸を作り上げて行かないと駄目なのかなって最近思っていますけど。95%が負けるのはそう言う所からだと僕は思ってますけどどうですか。
すたろん:デモ口座とか作ってトレードをしてみると一発で分かると思いますけど、ボロ負けするんです。ここ行けそうだって売ったり買ったりしてるとデモトレードで100万円とか用意しても僕の場合一瞬でなくなってしまいました。デモ口座を何度も作り変えて毎回100万用意するんですけど、ここは行けるだろうってやっててもボロ負けしましたね。最初の頃。皆さんが良くルールって言いますよね。私はルールが大事だと今良くわかってるんですけど、初心者のうちはルールって言われてもどんなルールを守ればいいのか,ロジックとか手法とかを信じきれないような所がありました。いくつかそう言うのを仕入れて少しやってみて負けたら次の手法に走って、またその次の手法に走ってって、初心者の頃やってましたしね。将棋の本なんかで戦法ですかね、中飛車だとか棒銀だとか攻める手法みたいな、将棋の本を小学校の頃読んだりしましたけど、手法みたいなのを中飛車で飛車を真ん中に持って行ってズドーンとやったら勝てるのかって、勝てる訳ないので、そんなのと一緒だと思います。その程度のFXの手法もその程度のものだと言う認識でトレードの勉強をするのが良いと思います。頼り切った所で同じ相場が二度と来ないと言われている世界ですから、同じ事ばっかりガチガチにやっても上手く行かないというか龍司さんがおっしゃったように連敗期というのが必ず来ると思いますし、それを乗り越えれないとか、自分で学習して自分なりのスタイルを作って行かないと連敗して相場から撤退する事になる気がします。
  龍司:木南さんどうですか。
  木南:僕の場合何で売買ルールを守れてたんだろうと、皆さんの話しを聞いていると。何でだろうと。
  龍司:守れない人は経験値が少ないと思うんです。経験値と言うのは、難しいですけどトレードした回数がまだ1カ月ですよね。10回20回の世界だと思うんです。1000回2000回くらいやらないと見えてこない世界もあるような気がして。そのぐらいエントリーして全部デモ口座でいいですけど、何で負けたのかを常に考えて行く事で、相場がよく見えてくると思います。何で自分はこう言う所で負けたのかってずっとつけてれば、絶対負けパターンが見えて来ると思うので。それをひっくり返してやって行って検証してみたり、数稽古が足らないと思います。
  木南:95%が負け組になるのが何故かと言うと、龍司さんがおっしゃられたように、経験を積む期間が、例えば初心者の人が3年かけてFXをやろうと言う人と、手っ取り早く儲けたいと、3か月くらいでとにかく儲けたいと。その意識の差なのかなとも思います。3年くらいFXに捧げようと思ったら3年かけて計画立ててFX自分の物にしようとしますよね。3年もやってたら酸いも甘いも色んな経験をすると。それぐらいかけてやろうと思うのと、さっき言ったように手っ取り早く儲けたいと。その量なのかなと。結構長期スパンで考えてやってたんで当時。
  龍司:今木南さんのおっしゃられた事を聞いて思ったんですけど、出口を先に決めておいた方がいいと思います。短期で手っ取り早く儲けようと思うなら3か月間例えば100万を1000万に増やしたいならロット張ってギャンブルした方が僕は早いと思います。1000万になったら世界を抜けると。そういうのならそっちの方が残ってると思います。3年間とか本気の本気で勉強すると中々金額も大きいの突っ込めないと思うんです。大きいの突っ込めないと満足できないので、それが原因で無駄にポジション持ったりとか満足できる資金量の話しとかもたまにしますけど、自分が満足できる金額を稼げてるかどうかとかも関係してるんじゃないかと思います。
すたろん:満足できる金額をポンと稼げればいいですけど、そこでバーンと負けるとショックも大きいし中々突っ込める人ばかりじゃないですよね。
  龍司:でもFXってリスクとリターンは表裏一体なんで。リスクを取らないとリターンももちろん小さいので。あとは月いくら稼ぎたいかですよね。リスク取ってないのに月1000万2000万稼ぎたいと言うのは無理だと思うので。僕はリスク取ってナンボだと思います。僕は今そうやって稼げているので。負けるとデカいですけど勝てる時も大きいので、満足できますけどね。
すたろん:龍司さんロットかなり張ってますもんね。ただ僕はそう言うのは怖いと思う方なので、割と細かく行く方ですね。
  龍司:細かく行ってちゃんと取れてたらいいですけど、例えば月に100トレードしてそれを自分のルール通りでやりきれるかどうか、僕は難しいと思うので。
すたろん:その辺性格とかもあるのかもしれないですね。ギャンブルでもいい、優位性信じてバーンと打ち込めるならそれでもいいですし。
  龍司:出口決めてそれこそずっと生き残って行くのが僕らの使命なんで。いくら稼ぎたいかじゃないですかね。満足できる金額を抜きたいのか、チビチビ行きたいのか。そこにメンタルが絡んでくるので、自分に合った方法で自分がブレないような仕方をするしかないですね。
  木南:最終的には自分でみつけて周りの人見てても自分で見つけた人が勝ってるイメージがあるので。人それぞれロットサイズとかも違う、僕ら3人も違いますから。このロットだとキツイとか、このロットだと行けるとか、三者三様なんで。全ての面において結局最終的に見つけるのは自分かなと僕も今思っていますね。FXに対しては。
  龍司:自分が正解だと思う事をとことん突き詰めて行けばいいと思うので。誰から何を言われようが。それがトレーダーだと思うし。ここで僕がロット張って下さいって言って、反発する意見もあると思います。それは僕にとっての正解で。不正解の人ももちろんいる訳なんで、それを強制する事もないし、自分にとっての正解を見つけるのが一番近道だと思うので、正解も難しいけど、試行錯誤し続けるしかないと思います。勝ち続ける為にはね。
  木南:FX僕やり出して思ったんですけど、毎日自問自答の日々ですよね。かなり内に入る時ありますよね。これって何だろうと考える時もFX始めて僕多いんです。結局内に入ると言うのも自分の中で答えを見つけるために入ってるのかなと思いますね。FXの場合答出ない部分も当然ありますよ。
  龍司:難しく考えすぎても良くないので。パターン見つけてルール決めて、あとはリスク張って打ち込めるかどうかだと思うので。僕の答えとしては今言った事かなと思いますね。
すたろん:と言う事で3人共それぞれに意見ありますが、それでも3人共生き残っていますのでね。考え方は人それぞれと言う事だと思います。その中から自分のスタイルを見つけて頂くのが一番かと思います。頑張って頂きたいと思います。今回はこの辺りでお開きにしたいと思います。最後までご清聴ありがとうございました。また次回のラジオでお会いしたいと思います。
  全員:ありがとうございました。失礼致します。