相場は常に正しい!勝つべき相手は自分自身。

動画説明

こんにちは、永井です。

今回は
『熱くなるな!!』
という内容でお話しします。

FXは人間の思い通りに動かす事が出来ない唯一のものです。

ん~、少し解りにくいかもしれませんね(苦笑)

ちょっと解りやすく身近な事でご説明しますね!

どんなに文明が進んで科学が進歩しても
大自然を自由自在に操ることはできませんよね。

もっとわかりやすく言うと
季節を入れ替えることは出来ません・・・

そんな事は当たり前だからこそ、
人間はみな自然のサイクルを上手く利用し

そこに自分たちの生活を合わせることで
産業を発展させ、流行を生み
それぞれの民族が独自の文化を育んできました。

しかし、
自然は時として猛威を振るう事があります。

その覚悟と対策と怠ったとき
人間は大自然の驚異を目の当たりにするのです。

こういった自然の姿は
そのまま為替相場の世界にも当てはめることが出来ます。

相場の世界に、あまりにも簡単にアクセスできてしまう事から
その存在の大きさ、厳しさをつい忘れてしまいがち、、、

私たちはFXトレーダーです。
相場から利益を上げることを目的としています。

人間が自然の流れの中で生活するように
トレーダーは相場の流れの中で生活するもの。

このように考え、覚悟を決めることで
相場を敵視する事もなく
相場に怯える事もなくなるでしょう。

動画書き起こし

どうも永井です。本日も講義の方始めていきましょう。本日の講義ですが、熱くなるな‼という事について話していきたいと思います。皆さんもトレーダーやっていたら熱くなる事、特に初心者の方は多いかもしれません。熱くなるな、これはトレーダーにとっては絶対やってはいけない事です。熱くなるな。トレーダーを目指して相場の世界に入ってくるほとんどの人、99%だと思いますが自分の思い通りに人生を作り上げたいといって相場の世界に入ってくる人がほとんどだと思います。経営者の方とか独立してトレード1本で専業トレーダーとしてやるという人は基本的には自分勝手、わがままなだと思います。誰の指示も受けたくない、誰の指図も受けない代わりに自分の腕で相場を相手に腕一本で稼いでいく。こういうのが多いと思います。ここが矛盾しています。皆さん自身もう一度相場に入る前に考えて欲しいんですが、絶対主人は相場です。皆さんは自分の思い通り人生を生きたい、自分の思い通りにビジネスをやりたいと思うんですが絶対主人と言うのは相場なんです。熱くなるという事は、熱くなる原因です。

これは自分が正しいと思ってエントリーした。でも絶対主人の相場に否定されるわけです。連敗期と言うのは多分そうだと思います。ことごとく相場に否定されます。自分の思い通りに生きたいはずが、最強主人の相場にことごとく否定される。始め分かっていたつもりでもどんどん損切りをくらって相場に否定されたらやはり熱くなると思います、普通に考えたら。全然自分の思い通りではない相場についていくしかないんです、この仕事と言うのは。相場が動くから僕たちも取引が出来るわけです。という事は考え方として皆さん自身トレードする前に持っていて欲しいんですが、相場は常に正しいという事です。これをトレードする前に自分に言い聞かせてください。やはりもう1つ自分は間違っている、常に僕はそう思っています。では自分が間違っていた場合いくら損が出るのか、重要な事はここです。常にこれは紙でもいいと思います。相場は常に正しい、トレードする前に自分に洗脳します。間違いなく相場は正しいです。皆さん自身間違っているわけです。だって絶対主人が相場なわけですから。

相場が出した答えというのに従うしかないんです、僕たちトレーダーは。神でもない限り全てあてるというのは絶対に無理なんです。半分近くは間違っているという事です。僕自身もそうです。半分近くは損失です。その場合いくら損が出るのか、ここなんです重要な部分は。例えば500万の資金があります。Pipsでいくのか金額でいくのかは人それぞれだと思いますが、相場から否定された場合いくらの損失が出るのか。今日はデイトレだったけど仕方がない、負けてしまった。も相場は常に正しいので従うしかないんです。言い聞かす、自分に。正しいのは相場なんです、このマネーゲームと言うのは。皆さんではない、人類ではない。絶対主人を間違ってはダメです。だから熱くなる事と言うのは無いと思います。皆さん自身相場に生かしてもらっているわけです。だから熱くなることは無いですよね。皆さん自身、僕の思い通りに行くわけがないんです、相場と言うのは。

じゃあ、なぜ熱くなるのかと言うと、自分の思い通りにお金を稼げない、手っ取り早くお金を稼げない。もちろんそういう過去の経験があるかもしれません。手っ取り早く増える時も確かに。でも逆に言えば手っ取り早く負ける。表裏一体。そういう常に自分の残像を追いかけているだけなんです。相場に従う。これだけです。皆さんの思惑、色んな戦略あると思いますが、結局答えを出すのはここです。相場様です。絶対主人である相場を誰もコントロール出来ないです。1日500兆のマーケットを一個人が動かすならそれはとんでも無い額を稼げますが、それは絶対にないんです。だから負けることももちろんある。その時に自滅していくんです。自分が正しいからもう一回って。どんどん熱くなるんです。どんどん脳がフラストレーションたまっていく。なぜなら自分が正しいと思っているから。ほとんどの人はそうです、自分が正しいと思うんです。95%の人が自分が正しいと思うのが大衆です。勝っているトレーダーは同じものを見ているわけです。例えばドル円だったら同じチャートを見ているわけです。でも結果が違う。

それはもちろん細かい所はあると思いますが、僕はやっぱりメンタル部分。熱くなってロットを上げて、取り返してやろう。全然チャンスでもないのに取り返してやろうと。どんどん熱くなって負の連鎖、負のループなんです。なぜならここを忘れているんです。結局自分が正しいというのは無いんです、このトレードの世界は。すべて相場が正しい。相場が正しいんです、常に。だからそれを受け入れるしかないんです。主人は相場だから。皆さん自身トレードをする前にこれを壁紙に張り付けてもいいと思います。相場は常に正しいと。いまから取引します。よし稼ごうという前に、相場が常に正しいと一回気持ちをリセットして常に正しいという事を常に言い聞。これが一般社会と真逆な部分だと思います。例えば大企業の上司、社長だったらほとんどの人は自分の一発の発言で言い返されることはほとんどないと思います。でも相場と言うのは役職関係ないんです。どんだけお金を持っていようがマーケットは動かせません。10兆ほり込んで2年です。世間一般でいう位の高い人、地位のある人関係ないです、相場では。そういう人ほど熱くなりやすい。

自分のいう事をずっと聞いてくれているわけですから、部下が。そうじゃないです。ここの絶対王者は相場なので。相場を前に人間と言うのは本当にミジンコなんです。僕は常にトレードする前に自分に言い聞かせています。相場は常に正しいと。だから損切られても別に僕自身が間違っていたと。熱くなることはないです。自分の思い通りにならないのは分かっているわけなので。皆さんも是非相場は常に正しいという事を自分の中に仕込んで、これから戦っていって欲しいなと思いますし、僕自身は常にそう言い聞かせています。損切られても相場は正しいと、従うしかない。それがトレードだと思うので、共に相場に生きるものとして常に言い聞かせて熱くならないように言い聞かせていきましょう。それでは失礼します。