変動相場に逆らう一貫性の思考心理

動画説明

こんにちは、永井です

今回の講義は「一貫性を保つ為のシンプル」です。

今回の講義は少し難しいかもしれませんね!

まず、相場というのは

刻一刻と時を刻み、そして縦横無尽と突き進んでいきます

それはもう、空気の流れのように
上に行ったり下に行ったりします

時には台風で一方方向に強く流れて行きますね(笑)

これから先も変動相場に終わりが来ない限りは
この天の邪鬼な動きを辞める事は無いでしょう。。。

人間もそうではありませんか?

過去に考えていた些細な事を
ずっと同じように考えている人って

限りなく少ないでしょうね!

人間の心理も変動するということですよ、、、

つまり、

変動する相場に対して
変動する思考で立ち向かうと

相場に対して迷いが発生するんです。

その迷いがポジポジ病の発症を促すんですよ・・・

なので一貫した思考を崩す事が無いように
自分で心理状態をコントロールしなければならないという事。

相場で稼ぐ為に必要な事は

2つの変動に立ち向かう為の

確固たるルール固めが必要だと思います。

そこで気をつけなければいけない事は
人は変動するモノに対して
ごく自然と引っ張られる傾向が有ります。。。

自分では一貫性を保っていると思っていても
客観的に見ると一貫性に欠ける行動を取っていたりするんですよね。

なので『シンプル』=カンタンな事

にする必要があるわけですよ!

動画書き起こし

どうも永井です。本日も講義の方を始めていきたいと思います。本日の講義なんですが、一貫性を保つためのシンプルという事を僕なりに解説していきたいと思います。これはどういうことかと言うと、僕はいつもビデオカメラに向かってホワイトボードを使って皆さんに講義しているわけですが、皆さんにはPCがあって見えないですがここがトレードルームになっています。僕の中では神聖な場所です。誰も踏み入れられない僕だけの聖域という感じです。僕はトレードというのはシンプルだと思っています、トレードで勝つことは。なぜこのシンプルなものを多くの人は複雑にしていきます。それはなぜなのかという原因を僕なりに追求した結果は、人間心理なんです全て。これがあるからややこしいんです、人間というものは。ロボットの方が強いと思います。でも出来るだけロボットみたいに僕自身カスタマイズしていきたいししてきたんです。皆さん自身考えてください。10日前皆さん何を考えていましたか?皆さん自身考えて欲しいんです。

何を発言していたのか、10日前。更に1年前に何を考えていたか振り返って欲しいんです。多分覚えていないと思います。それぐらい人間心理というのは変動しているという事です。相場自信変動している訳です。更に人間心理も変動×変動なわけです。だから僕が凄く苦しんだ5年間というのはすごく心理を揺さぶられていました。シンプルさが固まっていなかったです。だから常に変動している。本当にこれでいいのか、連勝期はいいですがまた翌週になったらガラッと口座残高が変わるわけです。連敗期が来て金曜日のバグ嫌じゃないですか。土日、来週。来週の週末になったら連勝期で一気に変わっていると思います、人間心理と言うのは。それぐらい人間心理というのは変動するんです。だから皆さん自身1年前と言っている事が180度変わっている事があったと思います。僕自身変わっている部分というのはあります。考え方として。ただやる事というのは絶対ここを崩してはないですし、自分のルールに基づいて常にトレードしています。このシンプルと言うのは本当に難しいです。

多くの人は頭で分かっていて必ず情報を故意に入れようとしなくても無意識に拾っていると思います。例えば街を歩いていてたまたま横の人の会話のフレーズが残る、僕はそういうのが凄く嫌なので本当に家から出ることは無いです。ランニング、トレーニングに行く時間というのもイヤホンでずっと音楽を聴いているのでまずないです。やっぱりそれをやるからトレーダーとしてダメになっていくと思います、多くの人は。本当はシンプルに固める。1年前でもいいです、10日前に固めたと、悩みに悩んで自分を固めたわけです。自分のルールを作ってこれでいこうと。固めたにも関わらず多くの人は変動していく気持ちに耐えられないと思います。それぐらい人間の心理は弱いという事です。弱いです、メンタル部分なんですが結局。それぐらい人間心理は相場に揺さぶられるわけです。相場と言うのは自分を固めていなかったら間違いなく揺さぶってきます。常に動いている相場相手に自分の気持ちも揺さぶられて、特にロットをあげればもっと揺さぶられます。

マネープレッシャーがすごいわけです。今まで10000通貨の損益だったのが例えばこれを100倍の100万通貨、その3倍の300万通貨に上げたら金額の変動もすごいし相場の変動に苦しむ、そして更に人間心理の変動も来てトリプルパンチなんです、僕の中で。それに打ち勝っていこうと思えば本当にここを固めるしか方法はないと思います。言っていることを皆さん自身覚えていないと思います。3日前考えた事を今既に違う事を考えているはずです。それぐらい人間というのは考えてしまう生き物と分かっているんです、僕自身もそうだったから分かっています。それぐらい弱いんです、人間心理と言うのは。だから一切情報を見ないしここ聖域です、ここの部屋はそんなに大きくないですがここでひたすら相場を見ています。それはなぜなのかというのに僕の確信があるんですが、全てはチャートに全部出ていると思っています。ニュースなどを見なくても絶対にチャートに出ています。合図というのは絶対に出しています。ファンダメンタルズを重要視している人ももちろんいると思いますが、僕は指標は見ますが雇用統計・FOMC・政策金利こういうのは見ていますが全てはチャートに織り込んでいると僕は思っています。これが前提条件です。

だからそれ以外の情報は僕は入れなくいいんです。なぜなら全てはチャートに入っていると思っているので。だから他の人の意見とかを入れたら絶対にダメになるんです、僕は。チャートを見て判断する。全て出ています。売買の合図を出しくれるのは絶対にチャートです。ここに自分の思ったパターンが出た、その時に打ち込むだけです。だから他の像を入れると迷いが出るんです。人間というのは複雑な意思決定を毎回くり返すのは絶対に無理だと思います。これを永遠と繰り返す。だからシンプルなんです。意思決定の要素を出来るだけ排除したかったんです。迷うから。弱かったんです。人間心理が弱いのは分かっているので、シンプルにしないと戦っていけないと相場で。変動相場で戦っていくにはシンプルにして自分の答えでいいと思います。全てはチャートに出ている。これだけなんです僕は。だから情報は入れないです、迷うから。判断材料というのは一貫性。一貫性と言うのは売りか買いかしかないんです。売りか買いかスルーか、この3つなんです。僕が週末土日に来週の戦略を立てるんです。

立てるんですがこの3つのうちどれかです、三択なんです僕の中で。もちろん負ける時もありますがまた一緒です、やる事というのは。その週末に分析して来週どの通貨でいくか、売りでいくのか買いでいくのか様子見かこの3つです。全てはチャートに出ている。すごくシンプルです、シンプルにしたというかシンプルで僕は勝てると思っています。勝ち切っていけると僕は思っています。信じている部分です。だから結局ノートを見て色んな情報を入れいると思います。色んな情報で色んなヒットするフレーズがあると思います。ただ結局それを覚えていなかったんです、僕自身が。たまたまこの場面にそのフレーズがヒットしてだいたい言う人はいると思います。僕もそうでした。でもやっている事というのはシンプルなんです。これしか無理じゃないかと僕は思っています。

相場で10年スパン20年スパンで勝っていこうと思ったら、複雑な意思決定は入れない方が僕はいいと思います。なぜなら全てチャートに出ているから。全ては出ています、チャートを見て判断出来ると思っています。他の情報がなくても。だからここは聖域というかはっきり言って人と触れ合う事も無いので無人島みたいなものですよね。大阪にある1つの部屋で。僕は無人島みたいな感覚です。皆さんと会話出来る、僕の情報発信が出来るというのはこの動画を通してだけなので。僕が思うのは本当に何も自分自身分かっていなかったです。ノートを振り返って1年前こんなことを考えていたんだと。10日前こんな事を考えていたけど全然今やっている事違うじゃんだったんです。進化させるというのは一般社会では大事だと思います。僕は逆に進化させてはダメだと思います。自分のルールを決めてシンプルに。売りか買いかスルーか、言葉は違えど下がるのか上がるのかもみ合いなのか色んな言葉があるじゃないですか。トレンドなのかレンジなのか。

色んな言葉でそっちに引っ張られる人って多いんですが、僕は売りか買いかスルーかこの三択です。これを1年間やればいいと僕は思っています。皆さん自身も自分の事を客観的に見て欲しいです。客観的に見つめなおすと本当に1年前何を考えていたのか、10日前何を考えていたのか思い出してください。多分思い出せないと思います。全く違う心理。例えばいら立っている時の心理とすごく落ち着いた時に考えている事と全く違います、人間は。その感情のままトレードをしたら僕は絶対に負けると思います。感情というのは一番邪魔をしています。人間心理、感情です。これがトレーダーを邪魔する要素です。これは僕は分かっています。だから一匹オオカミだと思います。それぐらい人間は弱いです。いざ利食う時に大勝負してビビッてチキン利食いとか。やっぱり怖いんです、それだけマネープレッシャーというのはそれだけ恐怖だし、それだけの重圧がかかるので。だからその重圧に少しでも耐えられるようにするために考え抜いた結果僕は考えてシンプルにたどり着きました。

ドラゴンボールで言うと悟空が精神と時の部屋でスーパーサイア人状態を普通に持って行ったじゃないですか。あの感じです僕の中では。絶対に上がるんです、ロットを上げれば。絶対に心理が上がってくる。ソワソワしだす自分もいます。でもそれを普通の状態に持ってこないと潰れると思います。気持ち体全てが。そのためにはここを固めるしかない。結局自分自身との闘いなので、自分自身との闘いを制さないとシンプルにやり続けるのは自分に勝っていかないとダメじゃないですか。自分がやるといった事を毎日、例えば毎日腹筋を30回やるとか。これってノートに書くのは簡単ですがやり続けるのは凄く難しいんです。それを分かっているのでこれをしておかないととてもじゃないけど無理だなと僕は思いました。この相場相手に戦っていけないと僕は気づきました。一喜一憂だったら絶対にダメですが、それぐらいに人間心理の感情はトレードにはガンです。チャーリーさんが無の境地と言っていたじゃないですか、すごく分かります。

無の境地とはどれほど強いのか、状態的に。僕は無の境地になるためにここのトレードルームでひたすら入り込んでやろうと、自分の世界にどっぷりと入っている状態なんですがやっぱりこの無の境地にいかにいけるか。そこを目指してシンプルな事を愚直にやっていくだけ。後は相場が答えをくれると思っているので。自分を固めてシンプルな事をやり通した結果、最後は相場が答えをくれると思っています。その相場からの答えを信じて受け止めたい、今年も来年も再来年も。皆さん自身一貫性を保つために是非シンプルな事を毎日繰り返してください。そうすることによって何かが見えてくるはずです。僕は見えてきました。全てはチャートに出ていると。それを信じてみてください。何かが変わってくるはずですから、皆さんの中に。何かが変化していきます。そうすることによって変動幅も無くなってくるだろうし、是非自分の聖域を作ってそこでひたすら相場の合図を待つ。見ている物は一緒です。例えばドル円のチャートだったら全世界共通で見ているチャートは同じです。勝っている人も負けている人も。そこを意識してシンプルにやって自分自身を固めていって欲しいなと思います。それでは本日の講義を終わりたいと思います。失礼します。