メンター永井が、一番弟子に質問したかった事

動画説明

こんにちは、永井です。

今回は、私の一番弟子である龍二と話しています。

私は、本当に大きく資産を増やすためには運も必要だと思っていますが、
ただ待っているだけでは、運というのは向こうからやって来る事は無いんです。

実際、しっかりシナリオを描き、?むべきリスクを呑んで相場に挑んでいかなければ
大きなリターンを得ることはできません。

ですから、龍二のトレードというのは運を天に任せたトレードではなく
果敢に攻めることで運をつかみ取ったトレードだったと言えるのではないでしょうか。

私が尊敬するジョージ・ソロスは『資産を保ちながらホームランを打て』と言っています。
この言葉が意味するところは『含み益が出来たら、それを元手に大きく勝負しろ』という事なんです。

私もこの考え方には賛成ですし、龍二も同じ考えでトレードを行っています。

そうしないと、いつまで経っても資金は大きく増えませんし
また、そういった勝負のできるところがFXの最大の魅力ではないかと思っています。

動画書き起こし

永井:皆さんこんにちは。
龍司:こんにちは。
永井:今日は龍司が家に遊びに来てるので、一番弟子の龍司がどこまで育ってるのかと思って、逆質問で。
龍司:滅茶苦茶緊張します。
永井:今日俺が質問するから答えてくれる?
龍司:わかりました。
永井:リスクに対して結構張るよね。そこが龍司の強みだと思ってる。皆ビビるよね。正直リスクとらないとリターンは絶対取れないから。去年500万通貨でドンと1000pips取って、リスクあったのがなくなったから、気持が全然違うよね。リスクに対してどう思ってるのかなと。前から聞きたくて。それについて答えてもらおうかなと。
龍司:去年で言えば3000万のバックを頂いて、その内の500から最初始めたので、6分の1ですよね。そこまで自分の中で最初は張ってるつもりはなかったんです。あれは本当に良いトレードが出来ただけで、半分以上は運もあったんですよね。あそこのレートは待ってたんですけど。
永井:あそこは勝負ポイントだね。含み益飛ばしても良いと。勝負踏んで。確かに運から1000pipsは取れないけど、運絡めないと無理だよね。例えば含み益がドンと100pips、150pips乗ってると。翌日、翌々日くらいに例えば雇用統計控えてると。そこって正直運だよね。そういう所ってケースバイケースだと思う。その時の状況だと思う。例えば今週含み益が凄く乗ってると。初戦負けたら無理だよね?
龍司:無理ですね。
永井:負けたらそこから伸ばせないから。ただ上がりで50pipsあると。雇用統計前に売って、思惑通り下がって来たと。150pips乗ってるけど最悪プラマイゼロで建値逃げは出来るよね。絶対負けは無いよね。そういう時は勝負行く?
龍司:含み益でトコトン行きますね。1000pips取れた所も正直最初に入れた金額の500は飛ばして良いと思ってたんです。そうしないと1億行きたかったので。大きいトレードをしようと心がけてたんです。120の攻防の中で不安に思ってて、どこかで落ちるだろうと思ってたんで、その1発が欲しいなと。あわよくば100pipsくらいと思ったんです。50の損に対して100か200くらい。上手く乗ってどんどんストップを下げて行ったんですけど1回も戻る事なくかなり乗って、それで最初600pips位一瞬で乗ったんです。3000万くらいは。そうすると貰った原資もチャラになって、そこからは永井さんも言いましたけど、とにかく好きにやれと。1000万通貨、2000万通貨張らないと無理だなと思って。少しポジポジ病みたいになりましたけど、勝ってるのでいいかなと思って。
永井:そこだと思うね。含み益に関しては俺は飛ばして良いと思ってる。
龍司:飛ばす覚悟がないと増えないですよね。
永井:ヘッジファンドとかって上がり出るよね。セカンダリーって言ってセカンドで回すのよ。例えば3億上がったと。1億5千万は溶かしても良いつもりで他のトレーダーにリスク取らせる。最悪確保出来てるから。俺はそれで良いと思ってる。狙う時はトコトン狙った方が良いよ。その年の生活も確保したとなったらどこまでベースで、どっちにしても税金は引かれる訳だから。そこはトコトン勝負するべきだと思う。ソロスが言うには資産を保ちながらホームランを打てと。ドラッケンミラーはそれが一番ソロスに教えて貰った事で響いてると。俺はそのやり方がベストかなと思う。含み益を使って如何にリスク取って勝負出来るか。例えば3億行って途中で9000万凹む時もあると思うけど。リスクリターンだからリスクの無い所にリターンは無いから。そういう所は強いなと思うよね。
龍司:今回3000万を1億にしようって目標があったので、3倍ですよね。これが例えば10億あって1億だったら同じ事はしなかったと思うんです。そういう目標もあったのと、言ったら悪いですけど、人のお金っていうのもあったので、そこはネジ飛ばさないと。
永井:他のネジに挟まれてたら無理だと思うよ。
龍司:それを永井さんが良いよと言ってくれたので、一回飛ばしてもやれる所までやってみようと。やって何とか。
永井:素晴らしいと思うよ。今年も頑張って、ファンドトレーダーとしてね。
龍司:同じパフォーマンスを出せるように。
永井:同じパフォーマンスというか、持ち味はホームランバッターだから。そこは消さずに飛んで行って欲しいなと思います。人それぞれには持ち味ってあるよね。例えばチキンン利食いでも俺は良いと思う。チキン利食いで勝率9割でハイロットでバンバン攻めるタイプもいれば、1番バッターみたなのね。バウンドをひたすらやってバウンドのスペシャリストでも全然生き残れる訳だし。龍司みたいにメジャーの4番バッターでボコボコホームラン打つ。そのかわり三振し続けるけどホームライン率が高いと。それって人それぞれ違うから。そこが龍司の良さだと思ってるから。
龍司:チームになれば強いですよね。チームでやって仕組みが出来てれば。
永井:龍司はね、始め見抜いた時は、人それぞれ龍司の評価ってあると思いますけど、生意気臭かったんですよ。正直な話しね。でも僕としたらそうでないとトレーダーとして良いトレーダーには育たないと思ったんです。何でもハイハイわかりましたって言ってたら、そういうタイプなら龍司を引き抜いてないと思うし。委縮してほしくなかった。例えば先輩に怒られたら怖いとか。生意気ぐらいが丁度良いと思う。俺もそうだったから。龍司まだ28歳?
龍司:28です。
永井:俺はそれぐらい思ってたよ。上に人に言われても、何だこのオッサンみたいに思ってたから。それぐらい生意気さはいるし、周りから見たら生意気って思われるかもしれないけど、全然良いと思うから。そこが良さだから。ハイハイって言って胡麻すってイエスマンになってたら、イエスマンになって年収1億貰えたらそれも有りだと思うけど、貰えないから。俺ヤマト行ってて、調べたら社長の年収4千万だったの。それ調べて分かった時に辞めようと思ったよね。何でかってジョージソロスは4000億。次元が違う訳よ。龍司もお金を稼ぎたい訳だよね。何で始めたかって動機が金稼ぎ。この世界は年齢も関係ないし実力勝負だから。結果出せばスター街道なんだから。プロの世界っていうのは結局何でもそうだと思うよ。サッカーでもそう。中田英寿がカズに思いっきりため口で、お前走れみたいに言ってて、俺はその瞬間やっぱりこうなんだろうなと。全ては勝つ為だから。全ては結果を出す為だから。俺はその龍司をもってこれから野心のままに行って欲しいなと。野心家として行ったら良いと思うよ。でないと自分に嘘をついて生きて欲しくない。野心が無いって嘘だと思ってるから。俺はそれは無いだろうと。僕野心ないんですよって、黒ひげではないから。黒ひげみたいなのもいると思う。ワンピースの黒ひげみたいにずっと黙ってチャンスの時を待って、それで天下取る人もいるだろうし。龍司は一歩間違えたらドボンするかもしれないけど、それが良さだと思ってるから。どんどんリスク考えずに行って欲しいなと。それが持ち味なんで、これからの日本を引っ張って行って欲しいなと。うちのエースだから。しっかり頑張って。という感じで今日は質問第一弾という事で。
龍司:ドキドキしました。
永井:また第二弾撮りますので。それでは皆さん失礼します。
龍司:ありがとうございます。