【FX永井】連敗してもダメージが無い理由 『続き』

↑↑↑ 応援ポチのご協力よろしくお願いします。

<下記の動画の10分20秒あたりからの続きになります>

【FX永井】連敗してもダメージが無い理由

動画説明

こんにちは、永井です。

今回は、弟子の龍二と『負け方』について話してみました。

みなさん、それぞれご自身のルールを作って
そのルールに従いトレードを行っていると思います。
ですが、ルールに沿ってエントリーしたとしても
すべて勝ちトレードになるわけではありませんよね。
当然、負けトレードが重なることもあります。

それは、私でも同じなんですよ。
ですが1回の負けで失う金額が、なるべく小さくなるような工夫をすることで
連敗してもダメージを小さく抑えることが出来るのです。

あなたのトレード成績が伸び悩んでいるなら
どうすれば勝てるのか?ではなく
どうすれば負けを小さくできるのか?
というところに焦点を当てて考えてみると、
今までとは違った思考でトレードを組み立てる事ができるかも知れません。

具体的には、
リスクを極限まで小さくしたトレードを行う事。
リワードが良いトレードかどうかをしっかりと見極める事。
上位足を見ながらトレンド判断を怠らない事。
私は、それら1つ1つを個別に見るのではなく、総合的な相場観として判断するようにしています。

そして、トレード中は含み益が乗ったらS/Lを建値に移動させるなど、
常に損小利大のトレードを心掛けるようにしています。

詳しくは動画でお話ししていますので、ぜひ参考になさってみてください。

動画書き起こし

龍司:ブレイク狙いとか反転狙いとか色々あると思いますけど。
永井:まずブレイクだったら日足見てるよね。一番美味しいのはこのパターンとこのパターン。この日足が出たら翌日買い、売り。これどこで出るかが問題だけど。例えば去年のトランプ相場。ああいうのを見てるから。こういうのが出たら翌日上しかないという判断で。こう移動平均が来てる。こうなってここに日足が来てる。この辺のゾーンがヒゲとか出てる。ここに空間があるとなったらもう行くよね。この移動平均より下にあってこれなら弱い。このパターンは見てる。自分の鉄板パターンが無かったら短期に落とすよね。ブレイクの幅を30でも20でもいいから。リスクリワード1:1で。勝率重視。含み益勿論乗ってる状況だけど。基本的にはこのヒゲの長さを見てる。この形は覚えておいた方がいいかな。トランプだったら105でこの形が出た。105の終値ベースで抜いてきて上に上がる空間しかないという判断で一瞬しかないよね。ああいう所って。あとは大陽線。大陽線後買いは3日まつ。これ皆行きたい。このパターンより大陽線は弱いと思う。3日待ったらある程度のサポートラインに来る。3日目ぐらいのこの辺に来たら上がるというイメージで見てる。買いは3日ぐらい待った方がいい。皆が買いたい時は上がらない。上がるにしても早いから。入れないスピードで上がって行くから。
龍司:待った方がいいんですね。
永井:3日待つ。
龍司:固まってから入るイメージですか?
永井:そうだね。大陽線出て行きたいってなって。
龍司:ここで入るんじゃなくて2本目3本目出た後の下決まった後で。
永井:翌日こうなって上髭とか出る。ここでズドンと来る訳よ。俺のイメージはこんな感じ。買いは3日待つ。ルールみたいなのを持っておくと良い。あとは含み益が乗ったら間違いなく建値。
龍司:何pipsとか目安ありますか?
永井:20とか乗ったら大体行くね。リスクを考えたら建値でいいと思う。ポンドのブレイク行ったと。20乗ってると。期待値上がりましたと。建値に上げるんだけどスプレッドが10ぐらい広がる。スパッと刈られる時は確かにあるけど本当にブレイクで乗る時、例えば期待値で50ぐらい行くと。そこは迷うけど利食うかギャンブルするか。利食うか建値か3択しかない。
龍司:その時の状況にもよりますよね。初戦とか。
永井:初戦でギャンブルはしたくないからね。その週終わり。わかった?
龍司:分かりました。
永井:基本は建値がいいと思う。俺はそうしてる。
龍司:これはどこで入るか調べる必要ありますね。
永井:1回見てみて。3日待つという。という事で本日の講義、失礼します。