レンジ範囲の見極め方ってありますか?・・・Vol.68

動画説明

第68回目の常勝FXラジオは

「自分の性格とトレードスタイル」

をテーマにお話しようと思います。

それでは、龍司・すたろん・木南の3人に

「自分の性格とトレードスタイル」についてお話してもらいましょう。

動画書き起こし

  龍司:常勝FXをご覧の皆さんこんにちは、龍司です。今回はすたろんさんと木南さんをお迎えして、いつものようにラジオを撮って行きたいと思います。それではお二方入って来て下さい。
  全員:こんにちは、よろしくお願いします。
  龍司:皆さん最近トレードの調子はどうですか?
すたろん:今日はサクっと負けてしまいました。
  龍司:今日トレードしたんですね。
すたろん:トレードしました。最初15pipsくらい含み益が出てたので、これは貰ったなと思ってチャート閉じて別の事やってたんです。別の事って、YouTubeでアニメ見たりとか、くだらない事をやってたんですが。アニメ見終わってどれくらい利益膨らんでるかなと思って見たら、逆行して20pips損切り食らってました。滅茶苦茶悔しかったです。こんな事もありますね。
  龍司:そんなのしょっちゅうですよね。
すたろん:今日は目を離した隙にやられてしまいました。
  龍司:木南さんはどうですか?
  木南:指値を指してるんですが中々指さらないんです。今レンジ気味なので。デイトレのブレイクアウト中々指値が指さらなくて。まだ今月1回しかトレードしてなくて。しかもほぼドローで逃げたトレードが1回で、あとはひたすら待ってるという状況なんです。ブレイクアウトはレンジは嵌り辛いですよね。
  龍司:今レンジが酷いですよね。
すたろん:龍司さんトレードはいかがですか?
  龍司:レンジに飲まれてしまって。最初は良かったんですが最後の方連敗して負けてしまいました。パっとしないですよね。
  木南:トレンドが出てる通貨ペアが見当たらないでよね。
  龍司:こういう時はすたろんさんみたいにアニメ見て。
すたろん:ノートレードでアニメを見るのがいいんですが、今日やっちゃいましたからね。行けるかなと思ったんですけどね。
  木南:前々日くらい40pipsくらい取ったって言ってましたよね?
すたろん:そうです。40pipsくらい取って、今日20pips負けました。
  木南:今月プラスでしょ?
すたろん:プラスです。
龍司:良いじゃないですか。
すたろん:建値でサクっと逃げれば良かったんですが、アニメを見ていて知らない内に負けてるというね。余り良い気分ではないです。何をしてるんだと。
  木南:チャート見てたら逃げれたんですか?
すたろん:逃げてますね。
  木南:駄目じゃないですか。
すたろん:俺は何をやってるんだと。自分に情けなかったですね。こんな事もあります。
  龍司:すたろんさんの良い所は、負けも素直に受け入れられるような所かなと思います。
すたろん:素直に受け入れてるのか良く分かりませんが。今日は完全に自分のミスだったので仕方ないですね。
  龍司:感情の起伏は無い方ですか?
すたろん:余りないですね。始めの頃は負けると落ち込んでましたけどね。腹が立つというよりは落ち込んでましたね。自分の分析が足らないのかなとか、色々考えてましたけど。分析した所で余り成績も変わらないような気もしますが。
  龍司:人によって性格ってそれぞれですよね。熱くなりやすい人とか、それこそ冷静にずっとやって行ける人とか。100人いたら100通りの性格があると思いますけど。自分の性格って中々変えれないと思いますけど、でもトレードスタイルって作って行かないと駄目ですよね。理想とするトレードスタイルに対応させるにはどういう風にして行ったらいいのかとか。やってる事とか。自分の性格を理想のトレードスタイルにどういう風に合わせて行ってるのか。そんな事を教えて貰えないかなと。
すたろん:いざ自分の性格と考えると難しそうですね。そういう風に考えた事が無かったので。
  龍司:性格とやってるトレードがマッチしてればそんなにストレスはないと思います。
すたろん:今自分のスタイルはマッチしてる方なんですかね。そういう風に考えていいんでしょうかね。
  龍司:無意識に出来てるという事は、出来てるんじゃないですかね。
  木南:でないとpipsが積みあがって行かないですよね。
すたろん:よく龍司さんとか木南さんのお話しを伺ってて、龍司さんの場合は5万円を50万円にする方法というのが過去の動画であって。5万円捨てるつもりで行かないと絶対行けないですよというご意見ですよね。でも私5万円結構勿体ないと思う方なんです。だからそういう方法は私には向いてないだろうなと思うのと。木南さんのお話しを伺ってて、チャンスが中々無いですから今月はまだノートレードだというお話し結構多いと思うんです。私そういうの多分駄目ですね。トレードもっとしたい方なので。そんなに待てないなと、お話し伺いながらいつも思ってるんです。いつトレードしてるのかなって思ったりします。
  木南:僕元々が日足のトレンドフォロワーですよね。月に1回2回しかチャンスがないというトレードを元々してたので、余り待つのは苦じゃないです。逆にトレード回数が増えてしまうトレードって苦手なんです。例えばスキャルピングとか、デイトレードにしても1日2、3回チャンスがあるとかね。そうなると元々待つという事が出来てたけど、チャンスを逃すと損した気分になってしまうんです。そういうトレードにチャレンジしてしまうと。待つんですけど待ってたらいつまでたってもエントリー出来ないからヤバイと思ってしまうんです。だから割り切って月に4回とか5回のチャンスで全然良いんです。性格的に。今レンジ相場でブレイクアウト指しても全然指さらないのが続いてますけど。別にそんなに苦じゃないですね。僕の場合のんびりが合ってるんでしょうね。
  龍司:自分の性格とは全然違うトレードをされて上手く行かなかった訳ですよね。
  木南:全然上手く行かなかったですね。
  龍司:5分足のスキャルでしたっけ?
  木南:5分足の、ほぼスキャルですね。合ってなかったんでしょうね。トレードスタイルが。
  龍司:トレードと性格って密接に繋がってると思うんです。自分の性格をどう分析してどうトレードに繋げて行ったらいいですかね。お二方自然と自分の性格通りのトレードに辿り着いてると思いますけど、これからFX始めたばかりで自分がまず何に向いてるのか分からないとか。スキャルもデイトレもスイングもあるし良く分からないという時に、どういう風に自分を導いて行ったらいいですかね。
  木南:荒療治で良ければ全てを試す事だと思いますよ。
  龍司:とりあえず試してみろと。
  木南:実弾は危険なんで、本気のデモで出来たら一番良いですけど。中々デモで本気になれない方も中にはいらっしゃるかもしれませんけど。そういう方は授業料だと思って、これは失っても良いと思う金額を口座に入れて実弾で色々試すのも一つの方法かなと思いますね。荒療治ですよ。
  龍司:そこで分かる事ってありますからね。実際のお金張ってみて分かる事って。
すたろん:何事も経験してみないと上手く行かない気がします。実弾でやってみれば良いというお話しでしたが、お金を入れてリアルトレードやりました。運良く2回3回勝ってしまいました。余り良い経験ではないかもしれないですが、それが自分に合ってるトレード方法だと勘違いしてやって行ったとして、次に全部溶かしたりする訳ですよね。そこまで行くと何となくそこから先がこれじゃいけないなとか。そんな感じで勉強になって行く事もあるかと思いますが。実弾のトレードって結構難しいですよね。そういう風に考えると。成功しても良くないかもしれないですし。
  龍司:難しいですよね。失敗から学ばないとという所もあるので。逆説的になりますけど1回失敗しないとパっと見えない部分もありますよね。どうするのが一番良いのかってずっと悩んでるんですけど。クモの糸でどうしてやるのがその人にとって一番なのかとか。それは本当に永遠のテーマですね。僕の場合だと自分の性格をノートに書き出すんです。超アナログなんですけど。人に言われる事を書いてみたり。熱くなりやすいとか短気とか色々書いてみて、それをパっと誰かに見てもらって。FX分かってる人に見て欲しいんですけど。これだったらあなたはこっちの方がいいんじゃないかって言ってもらうのが一番良い気がします。自分だと分からないですよね。自分だと分からないけど、自分は良いと思ってても、人から見られるのは全然違うので。答えは人から見られる方が答えなのかなと思ってたりするので。
  木南:信頼をおける人から意見を貰えるのが一番良いですよね。FXで当然稼いでるのが前提で。更に自分もこの人は信頼出来ると。それも一つの方法ですね。
  龍司:そこで自分の性格と、やって行ったらいい方向が固まってくるので。あとは数稽古で地道に経験値を積んで行く。それが最短距離なんじゃないかなと思ったりします。クモの糸やってからずっとこれは考えてるんですけど。未だに答えは出ないです。木南さんは人に教える時どういう風にやられてますか?
  木南:僕は基本的にシンプルなルールを決めて、それを守ってもらう事で気付きを得てもらいたいと思うんです。その気付きを得た事を元にルールを改良して行ったりルールを守る大事さというのを自分の腑に落として行って欲しいという感じでクモの糸ずっとやってましたね。ただルールを守るというのは最低限という事で教えてたんですけど、ルールを破ってしまった時もあったんですが。結局そこに大事な部分って色々隠されてると思うし、自分で実戦しないと見えてこない部分ってありますよね。人にいくらルールを守れと言われても。まずルールを守れる自分になるのが最短なのかなと思います。
すたろん:性格って変わらないですよね。考え方は何とか変えれても性格は変わらないので、ルールを守れるように変わってもらうというのも難しい気がしますね。
  龍司:やっぱり指導者をつけて叩き込んでもらうのが。指導者か、もの凄く怖い人に報告したりとか。怒られたくないからやるので。
  木南:そのレベルでも良いと思います。
  龍司:そういうの大事だと思います。怒られるの嫌だとか、お金無くなるの嫌だから少しずつ自分を理想に近づけて行く。
  木南:始めはルールを守るのを教えるかもしれませんが、ゆくゆくはそのルール自体が自分の性格に合ったルールに自分で変えたら良いだけの話しだと思います。始めはルールを守るのを叩き込んで、気付きを得てもらって。自分で自分に合ったルールなりフォームを作れるようになったら、あとは自分一人で歩いて行けると思うので。そこまで導くのが難しいかもしれないですけど、そこまで導くのが大事だと思いますね。
  龍司:最初のステージはルールを守るですね。確かにそうですね。それがないと何をやっても最終的には失敗するかな。
すたろん:よく考えて見るとダイエットなんかでもそういうのって言えるのかもしれないですね。ダイエットも色んな方法があって、それぞれの性格に合わせましょうねって言っても、自分がどんな風にやりたいのかというと皆楽して一杯食べて痩せたいって思いますよね。
  木南:人間の本能ですね。
すたろん:皆さん絶対そこですよね。だから薬1錠飲んで痩せたいなとか色んな事考える訳ですよね。でも実はそうではなくて怖い先生とか絶対守らなければいけないような何されるか分からないような怖い先生の元について、とりあえずこういうものを食べなさい。これだけの物を食べなさい。これだけ絶対やりなさいという所から入って行くと、多分それをやって行く中で自分に適した運動量だとか、自分に適した食べ物が段々わかって来るようになって、卒業した後も痩せた体系を維持できるとか。そんな風になって行くんでしょうね。きちんとした先生に付くと。そこでずっと先生が怖いから仕方なしにやってた。でも卒業したら好きなだけ食べてまた太ったよっていうのでは困る訳で。そこは指導者の方の指導によって自分の正しいダイエット方法を見つけ出して行けるかどうかという。そういう所に繋がって行くのかもしれないですね。最終的には自分でという事ですね。
  木南:自分でルールを守るようにならないと指導者もずっとついてる訳ではないと思うのでね。
すたろん:きっかけみたいなのは必要なんでしょうね。
  龍司:性格とトレードは大事ですが、まずは誰から学ぶにしてもルールをしっかり守り切れる土台を作っておかないと駄目だよという事ですね。
  木南:始めは無理矢理そういう環境に自分を追い込むというか持って行くのもありですね。
  龍司:性格のお話しはこれぐらいにして。今日もお便りが来ています。常勝FXの皆様こんにちは。現在は国内口座にて順張りと逆張りのシステムと、永井さんの無料講義で教わった反転ポイントでの待ち伏せでトレードをしています。レンジ相場ですとシステムによる収支はとても低い状況です。ドル円に関して112円から115円近辺での売買で収支は出ましたが、他の通貨ペアについてはレンジの範囲を決めかねている事もあり、中途半端なトレードをしている気がします。そこでプロの目から見るレンジ幅を教えて欲しいと思いました。また、中国や韓国や北朝鮮といった東アジアの爆弾が爆発した際のプロの取るであろうシュミレーションが知りたいです。すたろんさん風でいう所の非難訓練があれば落ち着いて行動が出来ると考えますので、よろしくお願いします、という事です。ありがとうございます。まずすたろんさん。すたろんさん風という事で名前がありましたので。
すたろん:すたろんさん風でいう所の避難訓練があれば落ち着いて行動が出来ると考えます。
  木南:避難訓練いつもしてらっしゃるんですか?
すたろん:してないんですけどね。予行演習という言葉を動画の中で何度か使わせて頂いたので、多分そういう事かと思いますけど。デモトレードとかをしっかりやりましょうねという意味で予行演習という言葉を使わせて頂いたんですが。中国や韓国や北朝鮮といった東アジアの爆弾が爆発した際のプロの取るであろうシュミレーション。私は何かあったら何もしないです。いつもの相場でいつものようにトレードをしたい派なので、何かあった時の急激な動きの時はチャートをじっと見ています。見てるだけで絶対に近寄りません。怖いので。レンジ幅を教えて欲しいと思いました。レンジ幅って全然気にした事ないです。自分の見ている時間足で方向感が無くなったらトレードをしないです。普段はトレードしないんですが、今日は方向感の無い所でトレードしてアニメを見ている内に20pips負けました。こういう事になるので、方向感の無い所ではトレードしないのが良いと思っています。私はそんな感じですね。
  龍司:ありがとうございます。木南さんもどうですか?
  木南:プロの目から見るレンジ幅を教えて欲しい。レンジってどうやって皆さん判断してますか。それぞれ判断するやり方あると思いますけど。3人全然違いますよね。
  龍司:多分違いますよね。
  木南:人に意見を求めている段階で、まだ自分の軸が出来てないのかなと感じるので。FXの世界って人に頼りたいとかそういう気持ちが出てしまうと結構ブレブレになりますよね。もっと自分の軸を決めた方がいいと。コメント読むと思いましたね。あと中国や韓国の爆弾。当然すたろんさんが仰ったように僕もノートレードですが。例えばトランプ相場でもトランプさんが勝ってドル円上がりましたよね。予想に反して。あそこ買いで入れてたら取れてるって人が中にもいらっしゃるかもしれませんが。選挙の時の1日のボラってエグかったですよね。500pipsくらいで。どこで買いで入るかというのもありますよね。例えば1回ガンと来て、1回戻ったけどそのボラも激しいので。ボラの激しさに振り回されますよね。急激な相場って。例えば中国、韓国、北朝鮮で爆弾爆発したらドル円下がるの分かりますけど。下がってる間の上げ下げって強烈なボラあるでしょ。そういう相場ってどこで売りで入っても結構やられるパターンばかりだと思うんです。下目線で見てても急に上に戻って行く時もあるし。こういう面も含めて有事の際は基本的には相場は触らない方がいいと思います。有事だから取れるんじゃないかと思う方も中にはいらっしゃるかもしれませんが。普段通りの相場の動きの時というのが一番取りやすいと思うし、有事で下手したら大やけどというか資産吹っ飛ばす可能性もあると思うので。そういうのを考えてもノートレードですね。
  龍司:ありがとうございます。僕の意見ですが、今111から116くらいのレンジでドル円が動いてますけど。僕はこの辺のレンジだと思っています。100ぐらいまではまた追って行くんじゃないかと思ってるんですけど。木南さんも仰ったんですが、自分なりの考えを持って言ってるだけなので当たりかハズレか分からないですが。予想図みたいなのは作ってたりします。急激にトランプ相場で上がって来たので、一過性の相場って元のレートまで戻って行くと思ってるんです。指標にしてもそうだと思いますけど。過熱した相場が今パっとしない相場に移り変わって、期待感もなくなって行って。結局変わらないみたいなムードになって来たら一気に期待感無くなって売られるんじゃないかなって予想はしてますけど。木南さんも仰ったように、どのレンジが大事とかいうのではなくて、ある程度自分で予想しておいて、その予想が当たるかハズレたかは後でちゃんと検証して、それの繰り返しかなと思うので。現時点ではノートに今言ったような事を少しメモで書いておいて。もしかしたら130円くらいまで行ってるかもしれないですけど。あの時はこういう風に判断してたけど結局こういう理由で行ったんじゃないかって、そこで物語を作る事が出来るので。そういう節目で自分は何を思ってるか書いておいて予想してそれを元にトレードして行く。この方が仰る112から115のレンジというのを今決めてるのかな。それはそれで良いと思います。自分の考えが出来てるので凄く良いと思います。爆弾どうのこうのというのは、これはトレードどころじゃないと思うので。
  木南:北朝鮮とかミサイル飛んで来たりしてね。
  龍司:本当に飛んで来ますからね。まずは非難かな。有事の時はそれこそスイスショックみたいな事が起きるかもしれないので。日本やばいなって世界中が思う訳ですよね。日本にあるお金が全部なくなりましたと。海外逃げましたってなったら、それこそ相場が大変な事になってる訳なので。そこでトレードしなくてもねという所ですよね。落ち着いた相場で自分の好きな形を打ち抜いて行くのが僕達のやりたい事なので。こういうのはもうほっといたら。日本の事なんでほっとけないかもしれないですが。落ち着いて行動が出来るようにあらかじめしっかり考えてるのは良い事だと思うので。これからもこの常勝FXで教わった方法でトレードされていると書いてあるので、今後もトレードして頂いて結果とかも、どういう風に感じたとか。そういうのを書いて頂くと僕達も嬉しいですね。
  木南:すたろんさん宛にね。
すたろん:避難訓練をしつつですね。
  龍司:僕達の答えとしては、自分自身の考えを自信を持って打ち抜いて行って下さいというのと、有事の場合はお金も非難させておいて落ち着いた所でやって行きましょう。今日のラジオはこの辺にしたいと思います。それではまたラジオ楽しみにして下さい。
  全員:失礼します。