FX永井のトレード実践講座⑤ 有料級動画ですが今回は公開します。

動画説明

「翌日する事をノートに書く」本日5回目の講義になります。

何故4回目の講義までずっとやってきたか

応用が効くからです。

「翌日」とはディトレーダー以下の時間足向けです。

週足、四半期足、年トレーダーの場合は上げます。

スィングトレーダーは翌週することをノートに書きます。
日足のノートに書くことをさらに落とし込んでいきます。

○曜日に下ヒゲ陽線で行くと決めてノートに書く
後日、○曜日にノートに書いたチャンスが来たら買う

フルの日足のボラで取るか、各市場で取りにいくかの正解は人それぞれです。

1週間のスィングトレードなら翌週することをノートに書きます。

リスク管理をしながら、どのようにして自分のノートを使いこなすか
考え方の応用ができます。

1週間の予想を立てた時、

リスク管理をしながら1週間まるまる持つのか
1週間ロングだけ攻めるのか決めることができます。

エントリーの考えは人それぞれ違うと思いますが、
ノートを書いていかに
落とし込むのか、上げるのかは皆さんのそれぞれの生活スタイルと言えます。

中々チャートに張り付けない兼業の方は、
時間足を上げてゆとりをもってトレードしたほうが心理的に良いです。

専業に近いのであれば、資金回転で勝負できます。

しかし

チャンスもリスクも増え、表裏一体です。

資金回転が遅ければ、チャンスもリスクも減ります。

チャンスが少なくても人それぞれ資金量が違いますから、
放り込める資金が多ければ稼げます。

資金が増えるまでは資金回転が速い方を選びますが、それは人それぞれです。

ノートに書きながら自分がどの時間足でトレードするか考えてください。