すたろん、お便りを斬り捨てる!・・・Vol.94

動画説明

第94回目の常勝FXラジオは

「現在のトレードスタイルに落ち着いた理由」

をテーマにお話しようと思います。

それでは、すたろん・木南・なおみの3人に

「現在のトレードスタイルに落ち着いた理由」についてお話してもらいましょう。

動画書き起こし

すたろん:常勝FXラジオをご覧の皆さんこんにちは、すたろんです。今日は木南さんとなおみさんをお呼びしております。どうぞお入り下さい。
  全員:こんにちは、宜しくお願いします。
  木南:すたろんさん、BBQ滅茶苦茶反響良かったみたいですよ。我々が主催させて頂くBBQ。
すたろん:あっという間に埋まったみたいです。
  木南:実はそういう企画が立ち上がってるんです。ご存知とは思いますけど。
 なおみ:私抜きで酷い。
  木南:11月5日大阪近郊来てください。
 なおみ:11月5日はイギリスで花火が上がるんです。花火の日なんです。
  木南:花火の日なんてあるんですか?
 なおみ:昔ガイフォークスという人がロンドンのどこかに火をつけたらしいんです。簡単に言うとその人の記念というか彼が花火を付けた日はロンドン市内では花火が上がるんです。私が住んでる街も11月5日じゃないですけど、週末金曜日とかに市が設定して公園とかで花火を盛大に上げるんです。でも凄く寒いの。11月に入ると凄く寒くて。
  木南:ロンドンって11月ぐらいになったら雪降るとかそんなレベルですか?
 なおみ:雪は降らないですけど11月って言ったら寒いですね。
  木南:我々11月5日予定じゃないですか。大阪でやるという事ですけど。
すたろん:丁度良いんじゃないかと思ってるんですけどね。暑過ぎず寒過ぎずみたいな感じじゃないかと思うんですけどね。
  木南:そうあって欲しいですよね。
すたろん:炭を一杯起こしますから寒くても丁度暖かくて良いと思いますけどね。
 なおみ:炭を起こす?焚火?
  木南:違います。
すたろん:炭です。BBQするので。
 なおみ:黒い炭?
すたろん:焼き鳥焼く時に炭で焼いたりするじゃないですか。炭火焼きですよ。
 なおみ:そうだBBQだからだ。
すたろん:そうです。
 なおみ:そしたら暖かいですよね。
すたろん:暑いぐらいだと思います。
 なおみ:私寒い日にBBQしてると焼いてる人の所から離れられない。
すたろん:それは何でですか?
 なおみ:そこが一番暖かいでしょ。
  木南:焚火代わりですよね。ストーブ代わりというか。
 なおみ:私も今度誘って下さい。
すたろん:来て下さい飛行機で。
  木南:すたろんさん、具体的に場所とかどうするんですか?
すたろん:木南さんお任せですよ。
  木南:一応永井さんにも相談させてもらわないといけないので、永井さんにも一回報告させて頂いて。
すたろん:お願いします。
  木南:場所決めて行きたいと思います。
 なおみ:日本ではBBQって何焼くんですか?
すたろん:肉ですかね。
  木南:野菜焼いてましたっけ?
すたろん:殆ど記憶に無いですね。
  木南:メイン肉ですね。
すたろん:イギリスは違うんですか?
 なおみ:イギリスも肉ですけど、ソーセージも焼きますよ。あとサラダとか用意して。
すたろん:それは無いですね。我々の中では。
  木南:サラダは無いですね。
すたろん:ひたすら肉ですね。
 なおみ:それとパン?
すたろん:無いです。
 なおみ:肉だけ?
すたろん:ひたすら肉ですね。
  木南:イギリスは違うんですか?
 なおみ:BBQでも友達の家とかでやるBBQは大体お肉焼きますけど、その後サラダ用意して、パンは絶対あります。結局ハンバーガー作るんですよ。だからお肉も友達とかの場所にもよるけど、塊のお肉を焼く人もいればハンバーグを焼く人もいて。ハンバーグ焼いてれば必然的にパンはハンバーガーのパンなんです。ソーセージを焼く時はホットドッグみたいな。
すたろん:木南さん今度極寒キャンプでそれやってみます?
  木南:もう止めましょうって言ってましたよね。暖かい時期か涼しい時期にしましょうって言ってましたよね。
すたろん:なおみさんのさっきの話聞いてたらそれも有りかなとか思ったんです。ヤバイですかね。
  木南:極寒は止めときましょうよ。せめてすたろんさんの家の庭先でやりましょうよ。それだったら。
すたろん:今度それやってみますか。
  木南:やってみましょう。
すたろん:今イギリス対日本みたいな、BBQ事情の話しになってますけど、これイギリス対すたろん、木南になってますから。我々は肉しか焼かない。こんな感じで色々BBQもやってる国とかやってる地方とかやってる人々によってスタイルが全然違いますね。余りにも違い過ぎてそれはお前違うだろうみたいな話しになったりしますが。これFXにも同じような事が言えると思います。自分のトレードスタイルとか、木南さんは木南さんのスタイルがあり、なおみさんにはなおみさんのスタイルがあって、私には私のスタイルがあってお互いそういう細かい話しはしないじゃないですか。しないけど多分お互い自分が一番正しいだろうぐらいに思ってるんですよね。自分はこれで上手く行ってるから自分のが正しいぐらいに思ってると思うんですけど。今のトレードスタイルに落ち着いた理由みたいなのありますか。多分今まで2転3転しながら今のスタイルに落ち着いて来たんじゃないかと思うんです。こういう理由があって自分はこういうスタイルに落ち着いたみたいなのありますかね。いかがですかね。
  木南:僕は今のスタイルに落ち着いた理由は楽にトレードが出来るからという。精神的にですよ。
すたろん:どんな感じですかね。精神的に前はこう、今はこうなんだというのあります?分かりやすく視聴者の皆さんに、なるほどなと思えるような。
  木南:何度も言ってますけど、専業トレーダーに転向した1年間はスキャルみたいなデイトレやってまして。1日中チャートに張り付いてたんです。それ滅茶苦茶自分の中でしんどかったんです。朝8時から夜12時ぐらいまでずっと見てましたから。
すたろん:凄い残業時間ですね。
  木南:キチガイでしょ。それでまだ利益上がってたら良かったですけど。全く利益上がらずというか逆に損失出てましたから。
すたろん:最悪ですね。
  木南:何やってるのって話しですよ。当時は専業になればチャートにずっと張り付けるから、もっとトレード出来るじゃないかとサラリーマンの時思ってたんです。サラリーマンの時は仕事しながらだとデイトレとか出来ないって勝手に決めつけてたので。その当時に合ってて出来ると思って長期のスイングやってたんですけど。でも専業になったらずっとトレードが出来ると。安易でしょ、この時点で。その考えで専業になって1年間やってたので、その時滅茶苦茶しんどかったです。地獄でした。
すたろん:働けば働く程稼げると思っていたのが。
  木南:お金が減って行く上にメンタルも擦り減って行って体もおかしくなって行って最悪でした。その生活から脱却出来たのはアカデミーの存在も大きかったですけど、自分の精神的に無理の無いトレードをした方が利益が上がると気付けたんですね。
すたろん:一生懸命トレードすれば稼げるという世界でもないですからね。
  木南:元々長期トレンドフォローでかなりゆったりのトレードなんです。1日15分見たら良いぐらいのトレードしてて。とりあえず自分はチャートを見ないスタイルの方が合ってると思ったんです。だから今ではデイトレはオール指値ですし、スイングもオール指値ですし。それでチャートをなるべく見ないスタイルにして精神的に楽になった上に利益も上がるようになったので結局今のスタイルに落ち着きましたね。
すたろん:結局楽なスタイルに落ち着いたという事ですね。
  木南:自分にとってですよね。チャート見るのが大好きでずっとチャート見てて楽しくて仕方が無いという人はずっとチャート見るスタイルで良いと思いますけど。僕それ地獄でしかなかったので。
 なおみ:それどれくらい続けてたんですか?チャートずっと見るスタイルを。
  木南:1年やってました。
すたろん:それも凄いですよね。
  木南:それもすたろんさんが先程仰ったように、見る事が頑張る事だと思ってたんです。その時は。チャートずっと見てたら何か見えてくるだろうと勝手に思ってて、何も見えなかった。
すたろん:FXって土日が休みじゃないですか。週休2日で良かったっですよね。もし土日もチャート動いてたら年中無休で見てる事になるでしょ。
  木南:寿命が縮まりますね。ある意味良かったですけど。あれは貴重な経験でした。
すたろん:今でこそ笑いながら話せますけどね。やってる本人は大真面目ですもんね。
  木南:すたろんさんとなおみさんが僕がチャート見てる隣にいたら、凄い悲壮感漂う顔でずっと見てたと思うので、可哀そうだと2人共思ってるはずです。この人は可哀そうな人だと。
 なおみ:でもずっとチャート見てる訳じゃないんでしょ?
  木南:飯食う時とかは見ませんよ。でも本当にそんなレベルなんです。飯食ってる時と風呂入ってる時以外は見てるみたいな。悲惨でしょ。当時12、13通貨見てたので。
すたろん:木南さん努力家ですね。
  木南:FXって努力する方向間違ってしまうと悲惨な事になるでしょ。
すたろん:ここが違うとね。でも良いじゃないですか。そういう経験があるから、こういうのは駄目ですよってアドバイスが今色んな所で出来る訳ですから。良かったなと、他人事ですから言いますけどね。
  木南:今思い返したら、当時は泣きそうになりながらやってました。
すたろん:凄い体験をなさっていますね。なおみさんはいかがですか?自分の今のスタイルにこういう感じで落ち着いたんですよみたいな理由ってありますか?
 なおみ:私は木南さんと似てるかな。私も最初ずっとチャート見てたんです。例えばお金が稼げるようになってもチャートをずっと見ていないと稼げないようなライフスタイルは嫌だって自分で思って。他の人にも言われたんです。チャートの奴隷になっては駄目だと。
  木南:今の明言じゃないですか。チャートの奴隷になっては駄目って。
 なおみ:だから私もそれを聞いた時に確かに、例えばその時はトレードスタイルを構築してる最中だったんです。それってチャートをずっと見ていないと駄目なので。それを聞いた時に将来それで稼げるようになったと。でもチャートをずっと見ていなくてはいけないような生活で良いのかどうか考えた方が良いんじゃないって言われた時に、それは絶対嫌だと思って。私のイメージ的にはFXって自分で自由な時間を過ごしながらお金が稼げるような生活が自分はしたいと思ってたから。だったらそういうチャートを見ないと駄目なトレード止めようと思って、木南さんと一緒で余りチャートを見なくても良いようなスタイルに自分で持って行ったんです。そしたら1日に何回かしか見ないようなトレードだったら好きな時間多いでしょ。自分でやりたい事も出来るし、お金も稼げるし、良いんじゃないかなと思って。それに気が付かなかったら多分チャートに張り付かないと駄目。
  木南:僕と同じ道を歩んでたかもしれないんですね。
 なおみ:トレードする為に生きているのか、生きる為にトレードをするのかそれを考えた方が良いって。
すたろん:木南さんと2人してハイハイ連発してますけど。
  木南:確かにそうですよね。
すたろん:生きる為に食べるのかそうではなくて食べる楽しみを味わう為に生きるのかだったら、食べる楽しみを味わう為に生きる方が良いよねというそんなイメージですかね。
  木南:なおみさんのように自分がしたい生活をする為に今のトレードスタイルに落ち着いたというのは凄く説得力のある部分ですね。しかも格好良い格言が何個も出て来たし。
すたろん:我々何も喋らなくて良いじゃないですか。
  木南:僕は一時期チャートの奴隷になってたので。
 なおみ:私もそうですよ。チャートの奴隷ですよ。
  木南:長い期間そうじゃなかったでしょ?
 なおみ:私長かったですよ。私1回トレードし始めた時聖杯探ししてたから。チャートずっと見てこれは駄目だ、これも駄目だって。聖杯探ししてた時も5分足とか15分足とか短い時間足のトレードスタイルばかり探してたからチャートにずっと張り付きっぱなし。
  木南:その時は生活の中でチャートに張り付く時間が、例えば1日十何時間とかそういうレベルで張り付いてたんですか?
 なおみ:張り付いてましたよ。私仕事してるので張り付け無かったんですけど。携帯見て仕事してても下ばっかり。
  木南:そのパターンですね。
 なおみ:帰って来ると直ぐにコンピューター付けて夕食の支度まで、主人が帰って来るまではチャートに張り付く感じ。
  木南:隙間時間は全てチャートに張り付いてたとういイメージですね。
 なおみ:最初はそう。朝も早く起きて会社に行く時間まではチャートに張り付きっぱなし。
  木南:それある意味僕と似てますね。
 なおみ:そっくりですよ。
  木南:なおみさんの隣にもし僕がいたら、なおみさんの悲愴感というのを感じてたという事ですよね。止めた方が良いよって。今やったら目を覚ますんだみたいな感じで体を揺さぶってるんでしょうね。
すたろん:お二人共似たような過去をお持ちなんですね。
  木南:なおみさんも僕と同じ道を辿ってたとは知らなかったな。
すたろん:私の場合は教材を3つ程買いましたけど、ちょこっとやってみてイマイチだなと思って別の教材買って、ちょこっとやってイマイチで3つか4つやってみて、どれもこれもイマイチだなって思ってたんです。トレードってちゃんとした手法みたいなのがあってそれをやると普通にお金簡単に儲かるぐらいに思ってたんです。だからこれ使えないなって又別のやつを買って来て。これも何か使えないじゃないかと。100発100中で全部トレードすれば稼げると思ってましたから。何かイマイチだなって思ってその後いきなり永井さんのアカデミーなんです。よくアカデミーの方にも言われますけど、すたろんさんって良いルート辿ってるんですよって。そうですかみたいにしか言ってなかったですけど、お二人のお話しを聞くと、良いルートを辿ってるのかなって。しんどい思いを何年間もして来てる訳じゃないので。今のスタイルに落ち着いたのは何故かというとアカデミーでそういう風に教わったからなんです。だから言われた通りにやってるだけなので。トレードというのはこういうものなんだろうなという。FXの取り組み方はこういうもんなんだと思ってるんです。だからよくお便りでこんなにしんどい思いしてるんです、お助け下さいとかアドバイス下さいとかって色々言われるんですけど、その時の回答が自分で滅茶苦茶苦労してその人と同じような経験が無い事がポツポツあるんです。だからその人の苦しみを100%分かってあげられないという、そういうのもあるんです。
  木南:人それぞれ千差万別ですけど、極まれにすたろんさんみたいなパターンもあるという事でしょうね。殆ど1回はコケる人の方が多いと思います。
 なおみ:私もそう思います。トレードし始めた時ってトレード回数しないと稼げないって思いますよね。私昔、シティトレーダーから教えて貰える機会があったんです。凄く良いチャンスで。私が常勝トレーダーになるまで面倒見てあげるよって言ってくれた人がいるんだけど。その時習いかけたばかりで、この人がやってるトレードの仕方が学べるって、トレード手法しか頭に無かったんです。でも彼はトレード手法を最初教えてくれないの。どうしてってストーカーのように電話かけまくって、今度いつ教えてくれるのって。そしたら彼に余りトレードの事は考えない方が良いよって言われたの。その時にコイツ詐欺だって。お金だけ取って、今度はトレード考えない方が良いってコイツ詐欺だって思ったんです。でも今考えると私はトレードばかり頭にあったから、きっと彼は余り考えても上達しないよっていう意味だったのかなって思って。違う趣味持った方が良いよって言われたの。
すたろん:究極ですね。
  木南:その時なおみさんは目ギラギラさせながらトレードしようとしてたかもしれないですね。
 なおみ:凄かったと思う。目赤くして怖い顔して。
すたろん:今でこそその人の言う事が分かるというか、こういう事を多分言ってたんだろうなって今でこそ分かるようになったという事ですよね。
 なおみ:でもその当時は、何だコイツとか思ってましたから。トレードの事余り考えない方が良いよとか、趣味持った方が良いよって、トレード教えてくれるって言ったのに、何だその言い方はって思って。アンタなんかもういい、詐欺だとか言って。
すたろん:このラジオをお聞きになっている方も木南さんとかなおみさんのお話しを聞いて、トレード回数が減って精神的に楽になったとかチャート見なくなって楽になったという話しを聞いた時に、そんな事してたらトレード回数減るから稼げないじゃないかと。今いくらか稼げてる人ももっとトレードすればもっと稼げるんじゃないのと。そんな風に考える方が多いと思うんです。精神的に楽なトレードになって行くと思うんですけど。その合間にチャンスを見つけてそこでトレードすればもっと稼げるって思ってる方が多いと思うんです。
 なおみ:エントリーチャンス=お金を失うチャンスでもありますからね。
木南:FXの場合例えば捨てる時間帯とかそういうのもいると思うんですよね。自分のライフスタイルに合わせて。結構初心者の方とか特にそうだと思いますけど。僕がデイトレで地獄に嵌った時もそうだったんですけど。チャートを見てたらチャンスが一杯来ると思いがちですけど。稼げてる人って捨ててますよね。捨てる時間帯とか明確に決めてますよね。例えばニューヨークしかしないとか。
すたろん:出来上がったチャートを過去へさかのぼって見てみると、ここにもチャンスがあったという感じで見てると四六時中見てないとチャンスに巡り合わないんじゃないかと思いがちですけど。それを全部取ろうとするからそういう風に考えている人が全部負けて行くというのがありますから。その中で自分がトレード出来る所、見れる所だけに絞ってチャンスを待つ方が稼ぎやすいと思います。
  木南:それでスタイル作り上げた方が楽ですもんね。ここに落ち着きますけど。自分にとって。
すたろん:私もそういうのアカデミーでとことん勉強させてもらいましたから。それ以外の事って余り興味も無いですしね。自分の生活、性格とかそういうのにマッチするようなトレードスタイルを考えて行くのが一番良いと思いますね。
 なおみ:自分の生活に合わせるのが一番ですよね。精神的にもその方が楽だと思う。
すたろん:眠い時にはちゃんと眠って、お腹がすいたらちゃんと食べて。
 なおみ:お酒を飲んだらやらない。
  木南:それは特に僕に対しての言葉ですか?最近やってないですよ。
すたろん:お酒飲んでナイキのスニーカーとかオークションでポチポチやっちゃ駄目ですよ。木南さん。
  木南:ちょっとその話止めましょうよ。思い出しても何であの時あれだけ熱くなるのかなって。酒飲んでるのが原因ですけど。
すたろん:お酒を飲む時はお酒だけ飲んで頂いて。
  木南:酒飲んだらしないとかね。酒飲んだらその日はトレードしないとか捨てるというね。そういうの大事ですから。
すたろん:そういうのも全部決めて頂いて自分の生活スタイルに上手くマッチしたトレードを目指して頂ければと思います。それではお便りを頂いておりますのでご紹介致します。読ませて頂きます。初めてお便りを書きます。僕は葬儀場で警備員(駐車場と交通整理)の仕事をしていますが、1日3時間くらい仕事であとは暇なので何か小遣い稼ぎをしたくてアフェリとかFXをやってみたいと思っています。アフェリは色々やる事が多いみたいなのでFXにしようと思っています。FXは勝てる手法を知っていれば直ぐに勝てると(ネットで見ました)思うのでアフェリエイトより楽だし、もっと沢山儲かると思います。どんな手法を使うと儲かりますか?教えて貰えると嬉しいです。ラジオで言って貰ってもいいし、僕のメアドに返信してもらってもいいです。では宜しくです、という事です。このお便り廃棄しちゃって良いですかね。もう良いでしょ、皆さん。
  木南:え?すたろんさん一応頂いたお便りですから。
すたろん:でもこれは無いでしょ。これはちょっとふざけんなよって話しじゃないですか。ぶっちゃけてお話しさせて頂きますけど。腹立ちません?こういうのって。これは無いでしょう。あとは暇だから小遣い稼ぎをしたいっていう。笑ってる場合じゃないですよ。木南さん。良いですよ、小遣い稼ぎでも良いですけど、アフェリは色々やる事が多いみたいだからFXが良いと。FXの方がやる事が少ないって考えてるんでしょうね。FXで勝てる手法を知っておいたら直ぐに勝てると思うと。ネットで見たと。どんな手法を使うと儲かりますかと。この時点で全然分かってないですよね。
  木南:1回手法を使ってみて試してみたら良いと思いますけどね。色んな手法試してみたら。
すたろん:やってみろやって話しですよね。多分何もやってないですよ、この人。何もしないで常勝FXはFXやってるチャンネルだからお便り書いてみようかなと。ラジオで言っても良いし、メアド書いてるからそっちに返信してもらっても良いですよみたいな事ですけど。手法というのはネットで探しても色々あると思います。直ぐに勝てると思ってるのでこの人。手法っていくらでもあるんです。ネットに転がってます。FXやってる人それぞれ手法じゃないですけど自分のトレードルールみたいなの持ってますから、人それぞれ100人いたら100通りの手法ってあるんですよ。だから何でもいいからやってみて下さい。それぐらいしか言えないですよね。
 なおみ:すたろんさん熱くなってますね。
すたろん:ごめんなさいね。
  木南:頭に湯気が出てるんじゃないですか。
すたろん:バサっと消しました。
  木南:捨てるんですか。もう終わりですか?
すたろん:もう良いでしょ。あんなのは。
  木南:頭湯気出てません?
すたろん:全然大丈夫ですよ。ちょっと熱いだけです。次、お便り紹介します。こんにちは、いつもラジを楽しみにしています。FXを始めてから数年が経ちますが、中々上手く行きません。夫は最初からFXには反対だったんですが、上手く行けば生活が変わるんだからと無理を言って始めたんですが、何年経ってもトレードが上手く行かないのを見て最近は夫からFXを諦めるように言われています。私としては諦めたくないのですが、このままだと夫婦仲も上手く行かないような気がします。常勝FXの皆さんは家族の人にFXを反対された事ありますか?何か良いアドバイスを頂けたら嬉しいです、という事です。
  木南:この方はご結婚されてる女性の方ですね。これまさしくなおみさんじゃないですか。
すたろん:なおみさんにピッタリですがいかがですか?
  木南:ピッタリじゃないですか。
すたろん:なおみさんはどうなんですか?上手く行かなかった頃にご主人に何か言われた事ってありますか?
 なおみ:無かったですね。私は主人がやりたい事をやらせておくので。主人も私がやりたい事はそのままやらせてくれる。
すたろん:そうなんですか。目をギラギラさせてストーカーのような行動を取ってた頃も別に何もご主人は言ってなかったんですか?
 なおみ:言ってませんでした。ひつこくないかとは言われましたけどね。
すたろん:言われたんですね。
 なおみ:主人に愚痴言うので、あいつは全然電話くれないとか言ったらそれはやり過ぎじゃないかと言われましたけど。でも別に無かったですね。私はチャートとか見てても主人が帰って来たら食事の支度で1回止めたりしてるので。
  木南:色々女性の方ですから食事準備したり色々あるじゃないですか。
 なおみ:チャート見てて申し、訳ないけど電話でピザ頼んでとか言ったら多分怒りだすと思いますけど。
すたろん:私も怒りますね。
  木南:自分のやるべき事やってるから別にご主人も認めてくれてる感じですかね。現実的に気になるんですけど、資金はどうしてらっしゃったんですか?初めFXに投入する資金。
 なおみ:自分の貯金。
  木南:自分の貯金という事で確保されてたんですか。
 なおみ:主人の貯金を使ってる訳じゃないから。
  木南:財布は別ですか?ご家族の財布というか。
 なおみ:そこまで聞く?プライベートでしょ。木南さん教えてくれたらいいですよ。教えてあげます。
 木南:うちは完全に僕が握ってて。毎月生活費これだけというのを渡してるだけです。後の支払いとかは全部僕がやってるので。家賃やら光熱費やら。
 なおみ:奥さんFXやろうと思ったら木南さんにFXやるからお金頂戴って言わないと駄目なんだ。
  木南:申し訳ないですけどね。
すたろん:このお便りの方もリアルトレードをなさってるんですかね。それっぽく見えるんですけど。だったらデモにすればいいじゃんって簡単な話しなんですけど。終わっちゃ駄目ですかそれで。
  木南:確かにそう言えばそうですよね。
すたろん:お金がどんどん減ってるから旦那さんが怒ってるんじゃないですか。
  木南:それも一つありますよね。
すたろん:トレード全然上手くならないから辞めなよって事で。
 なおみ:分からないですよ。デモでやってても上手く行かないからずっと私の昔のようにチャートに張り付いてるのかもしれない。デモの状態でそんな状態だから辞めろって言ってるのかもしれないですよね。
すたろん:目を覚ませよって事ですよね。
  木南:例え悪いかもしれないですけど。小さい子供がテレビゲームに夢中になってると。親がいい加減それ止めろって言ってる感じなんですかね。
  全員:?
  木南:ちょっと違う?
すたろん:シーンとなりましたけど。
  木南:この方デモかリアルか分からないですけど。メンタルキツイので、身内とか家族に反対されるというのは環境的に良くないですよね。僕の嫁さん初めはFXはギャンブルって思ってたんですね。一応僕は利益上がってたので出来上がってたし、FXの本って難しいの沢山あるじゃないですか。そんなのも読んでて、その姿をうちの奥さんも見てたので。FXはギャンブルじゃないなって徐々に分かってくれたみたいです。一番初めはギャンブルだから辞めてって言われたけど、それ以降は僕は反対はされてなかったですね。今でもそうですけど。なおみさんが仰ってたようにやるべき事をやって無くて、そっちのけでFXやってる可能性もありますよね。この方ひょっとすると。デモでも上手く行かなくてもやるべき事ちゃんとやってたらご主人理解ぐらいしてくれると思うんですけどね。お金ガンガン減らしてたら別だと思いますけど。
すたろん:最初は反対されてたみたいですね。最初は反対だったと。でも上手く行ったら生活が変わるからって無理を言って始めたと。全然上手く行かないので旦那さんが怒ったというそういう話しですけどね。
  木南:なおみさんのご家庭の例もありますからね。
 なおみ:こんな事言ってはなんだけど、うちの主人はFXはギャンブルと思ってますからね。私に言うには良いんだけど、昔パーティーがあった時に知らない人と会うじゃないですか。紹介するでしょ。仕事何してるのって時にトレーダーがいたんです。そしたらトレーダーだって言ったら、ギャンブラーかって言うの。ギャンブラーねって言ったら彼その時、点になったんだけど、そういう事かななんて。
すたろん:そういう旦那さんの考え方は今でも変わって無いんですか?
 なおみ:全然変わって無いですよ。例えばトレードで何億稼ごうがギャンブルで稼いでるになるから。
すたろん:そういうご主人がなおみさんのFXやってる姿を見て何も言わないのは家の事もちゃんとやってるし自分のお金でトレードしてるから何も言わないというだけなんですか?
 なおみ:それだけだと思いますよ。だってこれがもし負けたからこの家担保にお金借りて良いって言ったら絶対駄目って言うと思う。でもちゃんとお金も管理してるし、生活にも支障が無いから。勝ったの負けたの聞いて来ないしね。
  木南:それうちと一緒ですね。
すたろん:少しずつ口座残高って増えて行ってる訳じゃないですか。そういうお話しはされないんですか?
 なおみ:全くしないです。
すたろん:全くしないんだ。
 なおみ:うちはお金に関する事は全くしない。
  木南:うちも一緒ですよ。
 なおみ:主人が自分の会社のシェア買ったとしても、それが上手く行ってるのか上手く行ってないのか全然教えないし、私も聞かないし。
  木南:シェアって何ですか?
 なおみ:シェアって何て言うんだろう。
  木南:株ですか?
 なおみ:株とは違うんだけど。会社が今いくらの価値がある、自分でいくら投資するから会社売った時に投資した分の何%かを貰うという。
  木南:そういうシステムがあるんですね。
 なおみ:主人がいくらかお金で投資するって言ってたんだけど、それがどうなったか全然私は分からないです。
  木南:お互いに資産が増えて行ってるというか損はしてないからというのもあるかもしれないですね。なおみさんの所は。
すたろん:上手く行ってるんだったらそういうのも参考にして頂くのも良いかもしれないですね。
  木南:ズバリなおみさん的にはこの方にどういうアドバイスされます?辞めた方が良いっていう感じですかね。なおみさんのご家庭は上手く行ってる例じゃないですか。
 なおみ:でも反対されながら、それを続けるのは良くないと思うんです。それか自分で何年って期間を決めて、この期間内にここまで行かなかったら辞めますって宣言してその期間中はほっといてみたいな。そしたら自分の集中力も変わって来るだろうし時間を無駄に出来ないので、何から始めて何を自分で優先にしてやって行ったら良いか見えてくるんじゃないですかね。プランを立ててそこで上手く行かなかったらバッサリ諦める。
すたろん:FXに集中してしまうから家事をおろそかにするというのは駄目ですよね。
 なおみ:それは駄目。
  木南:あとは旦那さんに頼み込む時にどれだけ真剣さを伝える事が出来るかという部分もありますよね。今まで散々やってて駄目で、もう少し延長させて欲しいって言う時に。僕だったらどうだろうな。反対の立場だったら。
 なおみ:どうします?奥さんがそういう立場だったら。
  木南:僕がFXトレーダーなのでズバリのご意見は言えないですけど、多分辞めてくれって言うでしょうね。今まで散々やって来て駄目だったんだろうみたいな。
 なおみ:でも分からないですよ。この方だって数年経ってるって言ってもダラダラやった数年なのか凄い集中して頑張った数年なのか、それにもよるんじゃないですか。私みたいに最初聖杯探しで数年経ってしまって、やっぱり勝てないってなってるのと、ちゃんと自分でキッチリ勉強して何から始めないといけないのかというのからキッチリ勉強して1年やるのとでは全然違うと思うんですよ。今回この方も数年が経ってるけど数年間自分でどこまで学んでるのか自分で言えるなら良いけど、数年間やって何か学びましたかって言った時に、え?っていうようだったらダラダラの数年なんですよ。この方は。
  木南:そういう事ですね。今まで努力してたかしてなかったかですね。
 なおみ:もしそれだったらもう一回旦那にあと1年だけは期間を下さいって。1年後にこういう結果が出なかったら辞めますと。それを駄目って言ったら、離婚するって脅す。
  木南:なおみさん怖い。
すたろん:そういうの使いますか。
  木南:最終手段行きますか。
すたろん:最後のカードですね。さっきなおみさんが仰ったように、ダラダラやっても上手く行かないですよね。ここのラジオをご覧下さっているという事は常勝FXの中で皆が言ってる事って色々お聞きになってると思うんです。例えば永井さんがいつも言ってる時間、通貨ペアを絞りましょうとか。大体1回仰ってると思います。絞り込んだ所でトレードしましょうって。時間軸も絞りましょうねとか。ダラダラずっとチャート見てても上手く行かないので絞り込んだ所ですよね。絞り込んだ所という表現だけで良いのか分からないですけど。通貨ペアも1つだけにしてしまうとか。自分のトレード出来る時間帯も1日2時間とか3時間とか、この時間だけって決めてしまうとか。そういう所だけの値動きだけを追ってみるとか。そういう風にして行かないと多分いつまで経っても同じ事の繰り返しだと思います。そういう所を見て行ってちゃんとトレードノートもつけてもらって、明日やる事をノートに書いて次の日にそれをやって行くという永井さんの講義の動画でも仰っていますけど。そういう今までやって無かったことがあるならそれをきっちりやってみて、その中で勝ちトレードがどうだったのか、負けトレードがどうだったのかというのを色々分析して行く事が一番稼げるようになるまでの近道だと思います。どうですかね。
  木南:常勝FXで色々これやったら良いって事もお伝えしてるんですけど。それが絶対的な正解という訳でもないですけど。我々も経験上申し上げてる部分で。ノート付けるとかそういう基本が出来てるのかどうかチェックして頂くのもいいかもしれないですね。今現時点で。
すたろん:色んな事をやっても多分上手く行かないと思います。
  木南:まず自分が何故上手く行って無いか原因を探るかでしょうね。今の状態から勝ち組みトレーダーに行くなら、今まで通りやってても駄目だと思うんです。
すたろん:今までのやり方が良くないからずっと勝ててない訳ですよ。
  木南:その上でなおみさんが仰ったように何とか頼み込んであと1年間はなんとかやらせて下さいって当然私生活に影響しない範囲で。
すたろん:期限を区切ってその中で集中して頑張って。
  木南:それで駄目だったら最後のカードを切ると。カードは何かは控えますけど。
すたろん:ご主人反対されてるというのは余り好ましいとは思いませんけど。その人がこれだったら良いんじゃないのって成果が出て来るようになるとやってても楽しくなると思いますし。
  木南:利益上がってたら旦那さん反対しないと思いますからね。
すたろん:反対されないようなトレードを繰り返して行けば良いんですよ。絶対に。だったら変なトレード出来ないじゃないですか。ポジポジやってみたりリベンジやってみたり、そういうくだらないトレードは絶対出来ないはずですから。近くに監視してくれるパートナーがいるというのは逆に言えば良い事なのかもしれないですよね。
  木南:旦那さんがトレードしてるか分からないですけど。
すたろん:反対してる人に報告出来るくらいの内容のトレードをして行くという意味ですけどね。
  木南:3か月、半年で頑張って利益上げれましたと。そういう事を報告するという事ですね。
すたろん:ルールに無い変なトレードをしていないという、胸張ってそれが言えるようになる事も大切だと思いますし。
  木南:結局は結果だと思いますけどね。短期間じゃなくて半年、1年で頑張ると宣言して1年間時間貰ったと。その1年間で利益という結果を出せれば旦那さんの態度も変わるかもしれませんし、利益という結果を出す為にはやるべき事をキッチリやらないといけないと。今まで利益が出せてない原因が、やるべき事をきっちりやって無いなら気持ちを今までのを真っ新にして1から積み上げるような感じでやらないといけないかもしれないですしね。その部分だと思いますけどね。
 なおみ:自分で期間決めてやらないとダラダラになるので。この方にとっては良い機会じゃないですか。旦那さんにこれから1年やって、もし利益が乗らないようなら辞めますと。自分がどうして今まで上手く行かなかったのかも見直す事も出来るし、次に1年間で利益を出す為には何が必要なのか何から始めたらいいのかも自分で分かって来るようになるんじゃないですか。
  木南:自分を見つめ直すきっかけになるかもしれないですね。
すたろん:全国の主婦トレーダーの方、なおみさんの意見を是非参考になさって頂きたいと思います。今日はこれぐらいで宜しいでしょうか。それでは最後までご清聴ありがとうございました。又次回のラジオでお会いしましょう。
  全員:失礼致します。