負けを受け容れ利益を出すためには【1つの通貨ペア】に絞ること!

動画説明

皆さんこんにちは、木南です。
いつも常勝FXをご覧になっていただき、ありがとうございます。

さて、今回は永井さんが以前、発信されていた

『【閲覧注意】この動画は、あなたの投資スタイルを激変させる可能性があります』
https://www.youtube.com/watch?v=N8hXP…

に対する私なりの考察動画をお届けさせていただきます。

この動画で永井さんが一番伝えたかった部分

『1つの通貨ペアに絞って、負けを受け容れることで、利益は上がり易くなる』

ということだと思います。

永井さんは常々、1つの通貨ペアに絞ってトレードしなさいと仰っております。

なぜかというと、

『通貨ペアを1つに絞ることで、そのペアの癖を見抜きやすくなり、
優位性の売買ルールを作り易くなる』

ということだと、個人的には思っております。

ただし、なかなか稼げない人に限って、例えば『ドル円』だけで勝負しようと
思って売買ルールを組み立てても、連敗期に嵌ったり調子が悪くなると、
他の通貨ペアが気になり、たまたま見た通貨ペアで自分の売買ルールが嵌っていたりすると、
『ドル円』を捨てて、他の通貨ペアに移ってしまうんですよね。

でも、こういったことを繰り返したところで、
FX市場から利益を抜き取ることはできないんですが・・・

その他、詳しい内容は動画でご説明させていただいておりますので、
是非、ご覧になってみてくださいね^^

動画書き起こし

常勝FXをご覧の皆さんこんにちは、木南です。いつも動画をご視聴頂きありがとうございます。今回の動画ではこちら、永井さんが発信されている動画を映しています。この動画は閲覧注意、この動画はあなたの投資スタイルを激変させる可能性があります、という動画です。この永井さんの動画に対する私なりの解説をお届けさせて頂きます。こちらの動画で永井さんが一番仰りたかった事は何なのか考えました。ズバリ1つの通貨ペアに絞って負けを受け入れる事によって利益が積み上がりやすくなるという事を永井さんはこの動画で仰りたかったのかなと思います。永井さんは常々FXでトレードするにあたって1通貨ペアに絞りなさいと。

通貨ペアが変わると全然値動きとかも変わって来るので1通貨ペアに絞ってその通貨ペアのスペシャリストになりなさいと永井さんは仰っています。自分がFXで戦って行く通貨ペアはドル円と決めたとします。そのドル円に対して売買ルールを作ってしっかり過去検証とかデモトレードとかを行って優位性のある売買ルールを作れたとします。その売買ルールを使ってドル円という1つの通貨ペアで戦って行くと決めたとして、ドル円で自分が作った売買ルールで戦っていて順調に利益が積み上がっている時というのは、余り他の通貨ペアって気にならないと思うんです。何故ならドル円さえ見ておけば利益が積み上がってるから他の通貨ペアを見る必要が無いですよね。

ただし負けが込んでる時とか連敗期、調子が悪くなると私の経験上そうだったんですが、つい他の通貨ペアを見てしまう時があります。自分が使っている売買ルール、ドル円に当てはめて優位性を確認した売買ルールがあったとします。でも最近ドル円でこの売買ルール使ってても調子が良く無いと思って、つい他の通貨ペアにその売買ルールをあてはめてしまうパターンがあります。ドル円が調子悪いから、他の通貨ペアこの売買ルール使えないかなという感じで、負けが込んで来ると他の通貨ペアが気になってそういった感じになってしまうパターンもあると思います。更にドル円は今使ってる売買ルールは今の相場では調子悪いけど、ポンドドルがたまたま自分が使ってる売買ルールに今の相場で嵌っていたとします。

どうなるのかというと、どうしてもドル円今調子悪いからポンドドルでこの売買ルール使おうかという感じになってしまう、いわゆる目移りしてしまうパターンも無きにしも非ずです。元々使っていた売買ルールはドル円という通貨ペアを軸に組み立てて、それで優位性を確認しているルールです。たまたまその売買ルールがポンドドルで今だけ嵌っているという事もあると思います。でもずっとドル円で勝負すると決めていても負けが込んで来てしまうと他の通貨ペア、ポンドドルが嵌ってるとかユーロドルが自分の売買ルールに嵌ってるとなると、そっちに行ってしまうパターンもあると思います。

長い目で見ると他の通貨ペアに目移りしてしまってつい他の通貨ペアでトレードするというのは、長い目で見ると余り良く無いと思います。何故かというと、ドル円でしっかりこの売買ルールは優位性があると確認したとするのであれば、今は負けが込んでるかもしれないけど長期的に見るとその負けを取り返して更に利益を上げれる売買ルールを使っている訳なので、ドル円でその売買ルールでずっと使い続けないとその売買ルールの優位性は発揮出来ないと思います。大数の法則と言われるのもありますので、例えばドル円で優位性がある売買ルールを使ってて調子悪い時期が来たと。調子の悪い時期さえ乗り越えればその売買ルールに優位性があるのであれば、大数の法則で売買ルールの優位性の値に数字を戻そうとする力も働くと思います。あくまで長期間で見てという事ですけど。

例えば今ドル円調子が悪いと。他のポンドドルが嵌っていると。ドル円捨ててポンドドルでやってみようとすると折角ドル円で優位性を確認してた売買ルールなのに、調子悪くてポンドドルに移行するという事はドル円に存在していた優位性を捨ててしまうという事なんです。更にその売買ルールはポンドドルで当てはまるかどうかは検証しないといけない。たまたま今の相場だけポンドドルに当てはまってるとすると、次に来るのはポンドドルは好調という事は必ずその売買ルールが嵌らない時期が来ると思いますので、ポンドドルでも嵌らない時期が来ます。ポンドドルでも嵌らなくなったと。他の通貨ペアに行く。又他の通貨ペアに行こうとなると、次々優位性を捨てる事になるし、そもそもドル円でしか優位性を確認してないのに他の通貨ペアに合わせると優位性があるかどうかも分からないですよね。

こう考えると=利益は上がり辛くなるという部分がありますので、ドル円だけで勝負すると決めたのであればドル円だけで勝負する。自分で優位性を確認したのであれば調子が悪い時期というのは必ず来ますけど、その時の負けというのもしっかりと受け入れられるようになって1年なり2年なり長期間に渡ってその売買ルールを使い続けるという事がFXで稼ぐ為には重要なポイントだと思いますので、その部分を永井さんはこの動画で仰っているのかなと感じました。今回は閲覧注意、この動画はあなたの投資スタイルを激変させる可能性があります、という永井さんが発信されている動画に対して私なりの解説動画という感じでお届けさせて頂きました。今回も最後まで動画をご視聴頂きありがとうございました。又次回の動画でお会いしましょう。失礼致します。