やはり下落だった!先週のドル円の動き!

↑↑↑ 応援ポチのご協力よろしくお願いします。

動画説明

先々週のドル円は、少しチョッピ―な動きをしており、ドル円トレーダーを戸惑わせる動きをしていた。

しかし、先週は、FMOCの政策金利発表という非常に重要なイベントがあり、動きを注目されたドル円であった。

新しい連邦準備制度理事会の議長パウエル氏の発言に世界中が注目をしていた。

そのFMOCの会議の後もドル円は下落を続けた。

この注目の週のドル円の動きと共に、今後の予測について、著名FXアナリストの1人である、ジェームズ氏とポール氏の分析を説明したい。

●<引用について>

引用元記事: USD/CHF, GBP/JPY, DAX, S&P 500 & More
引用URL: https://www.youtube.com/watch?v=aUICl…
引用元記事: Post-FOMC Price Action Setups Across the US Dollar
引用URL: https://www.youtube.com/watch?v=8Yt8y…

動画書き起こし

皆様こんにちは長谷川です。常勝FXをご覧頂きありがとうございます。今回の動画は下降トレンドを続けるドル円、という内容につきましてご説明致します。先々週のドル円は少しチョッピーな動きをしており、ドル円トレーダーを惑わせる動きをしていました。しかし先週はFOMCの政策金利発表という非常に重要なイベントがあり動きを注目されたドル円でありました。新しい連邦準備制度理事会の議長パウエル氏の発言に世界中が注目していました。しかしその会議後ドル円は下降を続けました。この注目の州のドル円の動きと共に今後の予測について著名FXアナリストの1人であるジェームズ氏とポール氏の分析を説明したいと思います。これがドル円週足です。ここはアベノミクスです。それまで下降を続けていたドル円がアベノミクスによってこのように上昇。ここではレンジのようです。昨年2017年はレンジのように動いて今下落に向かっています。この大きな週足のレジスタンスラインです。これがかなり重要な動きをしていると。

その動きがドル円の動きに非常に大きく影響を与えているという事です。この動きが非常に注目されています。これが日足です。ここに日足のレジスタンスのラインを引いています。先程の週足で引いたトレンドラインが今クロスしてドル円が抜けようとしています。非常に面白い重要な動きをドル円はしています。下目線の中でこの重要なレジスタンスラインを抜けて落ちています。これが今のドル円です。このレジスタンスラインが非常に面白い働きをしているという事で、4時間足に落とすとこれです。今までレジスタンスだったラインがこの辺りで綺麗にサポートラインに変わっているのが分かります。現在重要な週足のレジスタンスラインを抜けています。このように2つのサポレジラインは非常に面白い形で機能しているというのが現在のドル円の状態です。この動きについて、特に先週の動きについて著名FXアナリストの2人の分析を皆様にご紹介したいと思います。今後どのような形で我々としましては相場に望んで行けば良いのか。

2人の意見をご紹介したいと思います。まずジェームズ氏です。彼は3月22日にこのような分析をしています。これはドル円日足です。長いスパンで見た日足です。彼はドル円は非常に興味深い動きをしていると言っています。ここから引ける長期のサポートを試しながらそれを切って下落しようとしているという事です。この攻防が非常に興味があるという事です。そして週足です。長いスパンで見てみますと、2012年後半からドル円が上昇を続けていました。これはアベノミクスによるものです。そしてこのようにレンジ状態を抜けた後下落に向かっている。先程言った非常に重要なサポートラインがあるという事です。最近の週足を見てみると、2015年に入ってから下落を始めて、トレンドがバックして上昇。レンジのような期間を経て特に昨年綺麗に集束してフランクのような形を作っています。そしてこのレンジ状態から抜けてきました。これが大きな目で見たドル円の動きです。そして現在ここにありますが、この日足を見てみると、今年に入ってからドル円の動きは今までとは違った動きになっているという事です。

今年1月小さなダブルトップのような状態から下向きになったという事です。そして今まであったレジスタンスがいくつかありましたが、これを更に抜けて下降している状態です。そしてこの数週間、先程も重要であると何度も皆さんが言っているようなレジスタンスを抜けて落ちているという事です。ここで何回か跳ね返されています。そして又下落に行っています。このトレンドライン、サポートになっていますが非常に重要なラインで、ここに小さなレジスタンスがあります。そして週足に戻ります。ここの重要なトレンドラインに突き当たった所が2月半ば頃、現在それから1カ月が過ぎようとしているという事です。このサポートラインの攻防をして今既に1カ月が経とうとしています。このサポートを抜けてからその下のここに水平ラインがあります。これもサポートです。ここを何度かこのように跳ね返されています。そして今落ちようとしている。これのサポートの水平ラインを更に抜けるのかどうか。これが非常に重要なポイントになっています。

1回、2回、3回目です。これを抜けるのかどうかという所で、この分析が非常に重要だと彼は言っています。そして4時間足にしてみるとよくわかるという事です。ここで1回、これはトレンドラインからのサポートです。1回、2回ここで試されました。今もう一度これを試されていると。ここで今跳ね返っています。それを更に細かく1時間足で見ると先程あったのがここで1回試されて、そしてもう一度ここで試されています。そして上がってこれからどうなるかという事です。最近のこういった動きは非常にS&P500の動きと似ていると彼は言っています。株価が売られているのでそれにつられてこのようにドル円が落ちているという事です。この反発、これからどうのようにして動くのかをどう見るかという事です。これについてですが30分足まで落としてみると、このように底値と高値が切り下がっている形です。最近は下落の状況であるという事です。ここで今大きく跳ね返されています。この強いサポートがありますがここを更に切って行くのか、跳ね返して行くのかがポイントになるという事です。

そうするともしこれを上昇するとなるとどこをポイントとして見るのかどうかです。それについてですが、こちらです。ここにサポレジラインがありますが、この上にあるサポレジラインをこのように抜けて行くと。そうすると下降から上昇に行くという事も考えられる。しかし高値、底値が切り下がっています。この動きを見ると下に行く力の方が強いのではないかと彼は言っています。この高値、底値の切り下がり、やはり下落と彼は見ています。そして日足に戻りますが、この動きを見るとどうしても下目線、下落の力が強いと思わざるを得ないという事です。彼が付け加えていますが、このようなテクニカル分析も重要ですが現在の金融政策、国際緊張、北朝鮮問題等の動きがあると思います。ドル円はかなり大きく動くだろうという事です。このような外部的な要因、国際緊張等によってドル円はかなり大きく影響を受けるので、その状況についても我々としましては注目して行く必要があるという事です。

どちらにしてもドル円は今の所下目線、下落の傾向であるのではないかと彼は言っています。もう一人のFXアナリスト、ポール氏です。3月23日の分析です。彼がいつも言っていますが、ここにあるサポレジゾーンで何度かこのように叩き落とされています。そしてこのように下落です。アメリカ株が下落している為にドル円もそれにつられて下落が起きていると彼は見ています。このような最近のドル円の動きです。そして彼が強調しているのは2017年からのレジスタンスです。これを抜けている。彼も言っていますが、この大きなサポートラインも抜けて水平ラインのレジスタンスを抜けたという事です。この下にどこまで落ちるのかという近くの節になる値が中々見つかりにくいと彼は言っています。こういった部分がそうではないかと思います。直近の節になる所が見当たりにくいですが下落傾向であるという事は間違いないという事です。そしてこの最近の動きに対してレジスタンスとサポートのラインをこのように引いています。

この中で綺麗に上下を繰り返しながらドル円は落ちているという事です。ここが2016年11月、トランプ来統領の当選からトランプラリーにつれてドル円も上昇。そして去年はレンジのような状態が続いて、今それを抜けて下降になっています。では今後どのようにトレードを考えて行けば良いのかですが、この下落のトレンドラインの枠の中でこのようにドル円が動いて行く可能性があるという事です。このドル円が上に上昇した時に戻り売り。これが今の戦略としては一番良いのではないかと彼は言っています。どちらにしても2人のアナリスト達もドル円は下目線だと分析しています。2人の話しをまとめると、週足で引けるサポートラインを最近割ってきたというのが非常に重要な動きであるという事です。昨年はレンジのような状態がかなり続いていましたが、それを抜けて下のサポートも抜けたという事です。そして4時間足まで戻りますが先程のサポート、そしてこのサポレジが綺麗に引いている中で落ちているという事で、高値、底値が切り下がっていると。

基本的には下落。戻り売りの戦略が今の所は良いのではないかという事です。これが2人の分析のまとめです。何度も申し上げますがどんな素晴らしいアナリストでも彼らの分析や予想が100%という事は決してありません。それだけはご理解下さい。あくまでもこの動画は皆様にチャートの分析の仕方の参考になればと思って作成しています。トレードはご自身の責任の元でして頂きたいと思います。こういった分析、FXアナリスト達の分析が皆様のトレードに少しでもお役に立てればと思いましてこの動画を作成しています。もしこの動画が皆様に少しでもお役に立てたと思って下されば、下にあるいいねをクリックして頂けると大変有難いと思います。私の励みになります。ありがとうございました。長谷川でした。