メタトレーダー4(MT4)の使い方 新規チャートの設定方法

動画説明

MT4による新規チャート(通貨ペア)の表示方法です。

MT4のダウンロード・MT4のインジケーター
MT4の使い方・MT4の設定方法・MT4で日本時間・・など

FX初心者の方でも解るように説明しますね!!

動画書き起こし

それではMT4で新しいチャートを表示させる方法、新しい新規の通貨ペアを表示させる方法についてご説明したいと思います。それではまずこの画面ですが、これはMT4をインストールした直後に表示されるような画面を再現してみたという風にとらえていただきたいですけれども、このように4つの何らかのチャートが表示されていたと思います。通貨ペアとかは何だったかは覚えていないですが、これはそのまま使っていただく必要は全然ないということになります。不要なチャートは選んでバツボタンでどんどん閉じていって、必要なチャートだけ残していただければと思います。全部いらなかったら全部閉じてもかまいません。例えばユーロドルだけ見たいなということで、これはとっておいてこのように大きさを変えて、見やすいように配置してください。これがユーロドルだとして、この横にユーロ円のチャートを並べて、トレードしたいなという場合どうしたらいいかの説明をしたいと思いますが、ユーロ円のチャートを表示させるためには、まず左上にある、見にくいですが緑色のプラスと書かれたチャートですね。

アイコンをのせるとニューチャートというボタンを押すと、ここにFX業者で取引できる通貨ペアの一覧が表示されます。いろいろ分類されていますが、分類や表示される通貨ペアもすべてFX業者によって若干違いますので、参考までにというふうに考えて下さい。
ここにユーロ円がチャートがありましたらクリックすると、ユーロ円のチャートが表示されます。あとはこのようにチャートを調節して並べれば見比べてトレードできるようになります。この他にもチャートを表示させる方法としては、ファイルという所から新規チャートというのを選んでも同様に通貨ペアの一覧を表示させることができますし、気配値表示という所ですね、初期配置の左上にありますが、この中から表示したい通貨ペアを一回左クリックで選んで、右クリックでチャート表示というふうにすれば同様にチャートを表示させることができます。表示させたチャートは、このように適当な大きさで並んでいたとしても、ここにあるウィンドウの整列というアイコンをクリックすると、表示されるチャートの数にあわせて配置しなおしてくれる機能がありますので、これを使えば便利だと思います。

ここに表示されるチャートというのは非常に見やすいチャートになっていますが、新しく表示したチャートは、線が細かく入っていて、見にくいと思います。初期で表示してしまうとこのように毎回表示されてしまいますので、これを左に表示されているように変更する方法をご案内したいと思います。まずこれはどういう状態かというと、すごく遠目で見ていると思ってください。このチャートを遠目で引いて見てるので、このように細かくなってしまっています。なのでアップで近くでみる必要があるので、それをまず修正します。ズームインというボタンですね。虫眼鏡の中のプラスと書いてあるこれをですね、すいません。まず対象のチャートを選んだ状態で虫眼鏡のプラスというのを何回か押すと、アップされます。近くで見れるようになります。

そうすると似た感じの大きさになると思います。このチャートが、バーチャートという普段は見なれないチャートなんですね。こちらはロウソクを使っているので右もロウソクを使いたいなという場合は、ここにあります緑のアイコンをクリックするとこのようにロウソクに切り替わります。英語でキャンドルスティックスというアイコンをクリックしてください。そうするとこのように並びましたので、同じような感じで表示されるかなと思います。もう一つ重要なのは、チャートには表示される期間ですね、一つのロウソクが示す期間を指定しなければいけません。ここですとユーロUSD、ユーロドルの後にM5と書いてありますね。こちらにはH1と書いてあると思います。M5というのは最初戸惑うと思いますが、Mというのはミニッツの略ですね、それで5なので5分足の表示を意味しています。こちらはH1なのでアワー、時間です。なので1時間足を表示していると、ご理解して下さい。

これを5分足に切り替えるためには、これを選んだ状態でここにありますM5を押すと5分足に切り替わることになります。最初はこの表記に戸惑うかと思いますので、一個ずつ説明していきますが、M1というのが1分足、同様にM5が5分足、M15が15分足、M30が30分足になります。あとはH1が1時間足、H4が4時間足、それとDというのがデイリーと表示されますが、これが日足になります。W1というのがウィークリーで週足、MNと書いてあるのがマンスリーで月足になります。このようにして好きな形でチャートを並べてトレードして頂くことができるようになります。