ルールは根本的な所を見つめなおすと効果的!

↑↑↑ 応援ポチのご協力よろしくお願いします。

動画説明

常勝FXご覧の皆さん

こんにちはすたろんです。

いつも常勝FXご覧になっていただきありがとうございます。

「くすり『2錠1組』から学ぶ」についてのお話しです。

昨日息子が40度を超す熱を出しまして、今朝奥さんが病院に連れていきました。

インフルエンザではないとのことでホッとしています。
ゴホゴホと咳がひどいのでマスクをしています。
病院でいただいた薬は1日3回毎食後5日分です。

トラネキサム酸とアストミンを頂いてきました。
薬の点線に沿って切り分けるのですが、
中央には点線が入ってなくこれ以上割ることができません。

サラリーマン時代の雑学が得意な先輩の話によりますと、
パッケージごと薬だと思い飲んでしまった事故があったと言います。

本当かどうかわかりませんが、人が飲めない最少の大きさが錠剤2個分とのことです。
事故を防ぐため薬を押し出して飲むという説明書がある訳でなく、
一人ひとり説明しなくても良い根本的な方法であれば有効な対策で「なるほどな」と思いました。

FXにおいてもこのような有効な対策を取り入れることが出来ます。
例えばストップラインを決めても自分の都合で動かしてしまう人はPCの電源を落として相場に近寄れないような対策が良いと思います。

地獄に直行してしまうことは
我慢するとかメンタルを鍛えるとかでなく根本的な事で対策をすることを試みてください。

自分から改善するような形で取り組んでください。

動画書き起こし

こんにちは、すたろんです。いつも常勝FXをご覧頂き誠にありがとうございます。本日は私マスクをしております。何故マスクをしているのかというと、昨日私の息子が40度を超す熱を出してしまいました。それで慌てて今朝うちの奥さんが病院へ連れて行きました。インフルだと思って家族全員びびっていましたが、インフルではなく普通の風邪だったようです。少しほっとしています。咳が酷いんです。ゴホゴホしていますから風邪を貰わないようにマスクをしています。声が通らないので今だけマスクを外します。病院に行って薬を貰って来ました。その薬がこちらでございます。1日3回毎食後5日分という事で、3日分が多いと思いますが5日分出ています。トラネキサム酸、アストミンです。どんな感じかというとこんな感じです。こんな薬を頂いて来ました。普通にパキっと割れますよね。私が小さい頃はもう1回ここが割れていたんです。1錠分全部割れていたんですが、最近はラインがここに入っていなくてこれ以上割る事が出来ません。全ての薬そうだと思います。

小さい方もこうやって割る事が出来ますが、この2錠を1錠に割る事は出来ません。不思議だなと思っていましたら、サラリーマン時代の先輩が仕事中に割れないの何でか知ってる?みたいな話題をいきなり振って来ました。その方、役に立たない雑学を一杯知っている方なので何でだと聞いたら、昔1錠に割れていた頃はこれが薬だと思って、銀の台紙ごと薬だと思い込んで台紙ごと飲んでしまったと。本当かよって思います。そういった事件があったので絶対割ってしまうとこれを薬だと思う人がいるので、これ以上割る事が出来ない。つまりこのまま飲み込む事が出来ない大きさの一番小さな単位がこの2つのサイズだと。だからこれ以上割る事が出来なくなったと教えてくれました。本当かどうか知りません。その先輩が言うんですから。なるほどなと思いました。遥か十数年前の話しです。病院でいちいちこれはこうやってパキっとやって中の錠剤を出して飲んで下さいといった事を教えてくれる訳でもなく。説明書を付けてくれる訳でもありません。

これ以上割れないように元々作っておくというのが良いのかなと思います。それが我々の安全を守る為の根本的な対策であるのなら、それは中々有効な対策になっていると思います。こういった事は私達の普段の生活に気付いていない所で沢山あると思います。FXにおいてもそういった考え方を取り入れてみるというのも1つの方法だと思います。例えば自分のルールが中々守れないという方いらっしゃいます。自分でルールを作ったけどそれが中々守れない。エントリーした後ストップをこのラインに置きました。どんどん逆行して来てストップにかかりそうになりました。もう少し我慢したら元に戻るんじゃないかという事でストップを本来の位置から自分が有効だと思う方向、ジワジワ寄って来るレートに合わせてジワジワ下げてしまう。ストップの幅をどんどん広げて有効だと思う方向、でも実は地獄に直行しているというストップのラインをどんどん移動させる方いらっしゃいます。それをやってしまって結局そのストップにかかって大きな損失を出してしまう方多いです。

ルールが中々守れないなら、テイクプロフィットとストップを設定したらパソコンの電源を落として相場に近寄れないようにしてしまう。そんな風に根本的な所で、それ以上我慢するとかメンタルを鍛えるとかよりも全然近づけないように自分でしてしまうという対策を試みて頂きたいと思います。私達の普段の生活、この薬の話しが本当か嘘か分かりませんが、それがもし本当ならそういう対策みたいなものを我々の普段の生活にも自分から取り込んでみる。自分から改善するように色んな所に取り込んで頂くというのも良い方法だと思います。今日は息子が風邪を引きました。薬を貰って来まして、薬に関する私の雑学をお話しさせて頂きました。こんな動画でも良かったと思って下さった方は右下のグッドボタンをポチっとして頂けますと非常に励みになります。いつも沢山グッドクリックありがとうございます。本当に嬉しく思っております。今後共宜しくお願い致します。最後までご清聴ありがとうございました。又次回の動画でお会いしましょう。失礼致します。