先週のドル円の上昇を、どう理解するのか?

↑↑↑ 応援ポチのご協力よろしくお願いします。

動画説明

最近のドル円は、下降トレンドの中で上下を繰り返しながら下落を続けている。

ところが先週末に急激なドル円の上昇が発生した。

このドル円の上昇をどのように理解すれば良いのか?

下降トレンドに変化が出たのだろうか?
それとも、この動きは、下降トレンド内での調整のレベルなのか?

この動きについて、著名FXアナリストの1人である、ポール氏とジェームズ氏の分析を紹介したい。

●<引用について>

引用元記事: Trading Outlook for EUR/USD, USD/JPY, S&P 500, and More
引用URL: https://www.youtube.com/watch?v=BwotS…

引用元記事: USD Weakness, Yen Strength, Equity Vol in the Spotlight
引用URL: https://www.youtube.com/watch?v=PSzT7…

動画書き起こし

皆様こんにちは長谷川です。常勝FXをご覧頂きありがとうございます。今回の動画は先週のドル円上昇どう理解すればいいのか、という内容につきましてご説明致します。最近のドル円は下降トレンドの中で上下を繰り返しながら下落を続けています。ところが先週末に急激なドル円の上昇が発生しました。このドル円の上昇をどのように理解すればいいのでしょうか。下降トレンドに変化が出たのでしょうか。それともこの動きは下降トレンド内での調整のレベルなのか。この動きについて著名FXアナリストの1人であるポール氏とジェームズ氏の分析をご紹介したいと思います。これがドル円週足です。ここです。昨年このようにドル円はレンジを動いていました。今年になってからここにある非常に重要なサポートを抜けてここで推移しています。これが大きな目で見たドル円の動きです。そしてこれが日足です。日足を見るとこのように綺麗なトレンドライン、レジスタンスが引けます。この部分は先程の週足のサポートラインです。これを切ってグッと落ちています。

そして何度か申し上げました、このレジスタンスラインがこれを抜けた所で今度はサポートラインとして動いているという形です。そしてここに小さな目で見ると最近レジスタンスが働いているという状況です。これを4時間足にしてみるとここです。先程の形です。最近のレジスタンスラインが引けると。これは大きな目で見たサポレジラインです。そして先週このようにかなり大きく上昇しました。この上昇をどのようにして理解して行けばいいのか。これについて著名アナリストの2人に説明をして頂く内容の動画です。最初にこれはポール氏です。3月28日の分析です。ポール氏が出しているのは日足です。彼が言っているのがこの最近の下降トレンドの中でクルバックと言っていますが、上昇が起きていると。ここにサポレジラインがあったのですが、この水平線のサポレジラインを抜けているという事です。赤くマークした所をこれからこのように目指して行くのかどうか。実際にはこれを抜けて行ったのですが、これが大きなポイントになると思うと。

そしてこの下降ラインの中で上下を繰り返していますが、これをこのようにどんどん上のラインに近づいて行くのかどうか。超えるのかどうか。これが今後のポイントになると言っています。全体的に最近の動きを見ると、この平行線の上の部分まで上昇して行く。そしてこれは簡単には抜けないのではないかと言えるという事です。現在の所はこの下降ライン、トレンドの平行線の中での調整であると分析するのが良いと思っています。そしてドル円の今後の動きを見る中で我々としては注意しなければならないのはアメリカ株の動きであると言っています。アメリカ株の動きによってドル円は大きな影響を受けていると彼は言っています。彼が見せているのはS&Pの日足です。アメリカ株が動くとそれにつられてドル円も動いているという事です。S&Pは今非常に重要なポイントにあると。サポートラインにあるという事です。このサポートラインから上昇しているので、ドル円も上昇したという事です。そしてここにレジスタンスラインがあります。サポートラインがあって綺麗な形でフラッグを形作っています。

このフラッグを下に抜けるのか、それともこのように上に抜けて行くのか。これが重要になって来る動きだという事です。S&Pにつられてドル円も動いて行きます。アメリカ株の動きは注目して行く必要があるという事です。S&Pの動きを見てこのドル円の動きを見てみると非常に良く分かるという事です。アメリカ株が急落した時、もしくは急上昇した時。このアメリカ株の動きに沿ってドル円が下降、上昇している。そういう関係があります。これはかなり前から続いているドル円とアメリカ株の動き、相関関係があるという事です。彼はこれからアメリカ株がどのように動くのか。しっかりと注目する必要があると言っています。もう1人のアナリストジェームズ氏です。3月29日の分析です。これは週足です。このドル円の動きはエキサイティングな動きをしていると彼は感じているという事です。昨年2017年のドル円の動きは、一定の値の中で上下を繰り返していた。これが昨年の動きだったという事です。この部分を少し大きくしてみるとこれも週足です。

昨年このようにこの中での動き、今年になってグッと下落です。更にここにある重要なサポートラインを抜けて来ているという事です。ここに大きな陰線が2月に入って出ています。そしてこのサポートを抜けた。この部分に大きな水平線、このサポートがありますがここで跳ね返されていると。もう少し大きくするとこうなります。今まであったここのサポートラインを抜けたと。そしてここで跳ね返されたという事です。そして2017年ここではこのように大きなサポートがあってそれを抜けたと。そしてこのトレンドのサポートも抜けて水平のサポートで跳ね返されているという下落の方を何度も試しているという意味で非常に面白い動きであると彼は言っています。そして日足まで落とすと、この先程のトレンドのサポート、水平ラインのサポート。この水平ラインのサポートをグッと下に抜けたと思ったら今度は上昇が起きているという事で、日足で見るとこの買い戻しは非常に強い買い戻しに見えるという事です。ところが更に分析してみるとこれは4時間足です。

これが先程の水平です。かなりしっかりと水平ラインが効いてグッと上昇しているという事です。ところが4時間足で見た時にこの上の部分を繋いでみると、これはレジスタンスになっています。そして先週末の強い大きな買い戻しがこのレジスタンスで振り落とされている。これは非常にポイントになると彼は言っています。非常に強いレジスタンスがあるという事がこれによってはっきりと分かるという事です。ドル円が上昇に向かってもこの巨大なレジスタンスが存在している。これを我々としては忘れてはいけないと表現しています。そして1時間足まで落とすと、ハッキリ分かりますがここです。非常に強いレジスタンスがあって叩き落とされているという事です。そして彼はここにフィボナッチを引いています。アメリカとかヨーロッパはフィボナッチを良く引きますがここです。現在はこのサポレジ上に意識される値の上に現在の値があるという事で、非常に注目するべきだと彼は言っています。1時間足に落とした時の上昇。でも強力なレジスタンスで叩き落されているという事です。そして日足に戻ります。日足ではどうしても下目線。

このように切り下がっています。高値も底値も切り下がっている。そしてここで叩き落されているという事です。下降のレンジの中で落とされているという事がはっきりと分かるという事です。これが現在のドル円の状況という事です。もしかすると抜けて上昇する事も勿論考えられますが、今の所は下降レンジの中での上下が起きていると分析する事が出来ると彼は言っています。ドル円ですが日足に戻ります。このように大きなサポートラインがあったと。それを今年になってグッと抜けて来たという事です。特に2月になってから抜けて来た。ここにあったレジスタンスラインを逆に上に抜けてレジスタンスがサポートになって先週大きく跳ね返された。4時間足、日足で見るとここにあるレジスタンスで綺麗に叩き落とされているという事で、全体から見ると下降の中での上下の動きが先週起きたと見て良いとこのアナリスト達は言っています。

ところがここでダブルボトムが形成されるような事があると、上昇の方に向かう可能性もあるという事も我々としては頭に置いておく必要があると思います。2人のアナリストの分析をご紹介致しました。この動画が皆様に少しでもお役に立てたと思って下されば、下にあるいいねをクリックして頂けますと大変有難いと思います。私の励みになります。ありがとうございました。長谷川でした。