ラリーウィリアムズに学ぶ、稼ぐために抑えるべきこと

↑↑↑ 応援ポチのご協力よろしくお願いします。

動画説明

常勝FXをご覧の皆さん

こんにちは木南です。

いつも動画をご視聴頂きありがとうございます。

「『待つ』ということ」というテーマでお話しさせていただきます。

FXでは「待つ」と言うことが大事です。

チャンスまで、待って待って待って満を持してエントリーする

最近本を読んで待つことがやはり大事であることを感じました。

ラリー・ウィリアムズの「短期売買法」という本です。

新人の商品トレーダーの最も大きな問題はオーバートレーディングである。

新人とは、初心者や稼げていないトレーダーを言っています。

オーバートレーディングとは、
トレード回数が多すぎる
トレードするサイズが多すぎる
事です。

金持ちは大きな賭けはしないし毎日賭けをしない

トレーダーは毎日トレードしてないと暇になり、仕事をしていない様に感じてしまいます。

トレーダーは暇で良いのです。

一番重要なのは、忍耐力です。

投機の世界では、トレード回数を増やしてトレードサイズを大きくしても
利益が増えることはない。

と断言しています。

トレードを厳選し仕掛けるのにベストなタイミングを待つことが重要なのである。

ひたすら待つことが重要です。

茂みに隠れて獲物を確実にとらえることのできる、
1mまで待つハンターのようなものだと言っています。

忍耐力のないトレーダーは
感情をむき出しにして意味もなく打ちまくりお金を使い果たす
いざという時に、玉もお金も残っていない。

ポジポジ病にかかったトレーダーです。

マシンガンのように打ったらたまには、当たるのではないかと思いますが、
FXの世界では当たりません。

待つことが出来るトレーダーこそが長い目で見て稼げるトレーダーと言いえます。

動画書き起こし

常勝FXをご覧の皆さん、こんにちは木南です。いつも動画をご視聴頂きありがとうございます。FXで稼ぐ為には待つという事が大事だと言われます。チャンスまでじっくり待って待って待って、チャンスが来たらそこで満を持してエントリーする。こういった事が大事だと思います。最近ある本を読み返していて、やっぱり待つ事は大事だなと感じましたので今回はそういった感じのお話しをお届けさせて頂きます。どの本を読んで待つ事が大事だと感じたかというと、こちらです。ラリーウィリアムズの短期売買法という本です。このラリーウィリアムズという人は世界でかなり有名なトレーダーです。結構やり手のトレーダーさんです。最近この本をちょっと読み返していて、待つ事が大事だと思った部分をこの本の中からご紹介させて頂きます。この本の中に書いてあるのが、新人の商品トレーダー。ここでは新人と書いていますが、初心者の方とか稼げていない方と置き換えてもいいと思います。商品トレーダーと書いていますがこれはトレーダー全般に言える事だと思います。

新人の商品トレーダーの最も大きな問題はいわゆるオーバートレーディングであると。ここで書かれているオーバートレーディングというのは2つあります。1つ目がトレードする回数が多過ぎる。2つ目がトレードするサイズが多過ぎる。この2つです。トレード回数が多いのとトレードサイズが大きい。これがオーバートレーディングと、これが稼げないトレーダーもしくは初心者の方の大きな問題だとこちらに書かれてあります。多過ぎるトレード回数と大き過ぎるトレードサイズはあなたにとって不俱戴天の敵であると。金持ちは大きな賭けはしないし、毎日賭けをやらない。ここで大事なのは毎日賭けをやらないという事です。トレーダーはどうしても待っていると暇になります。でも暇になると仕事していない感が出て来る場合があります。でもトレーダーは暇で良いと永井さんも仰っていますし、私自身も結構普段暇なので暇で良いと思います。ここで書かれている通り毎日賭けをやらなくてもいいと思います。

そういった毎日賭けをしないとかオーバートレードをしないのに一番重要なのは忍耐力とこちらに書かれています。投機の世界では。投機というのは投資とか投機とかFXトレードはよく言われますが、恐らく殆どの方は投機という感じでトレードしていると思います。投機の世界ではトレード回数を増やしてトレードサイズを大きくしても利益が増える事は無いと。ここでラリーウィリアムズは断言しています。トレード回数を無理矢理増やした所で利益が増える事は無いと。利益を増やすにはトレードを厳選し仕掛けるのにベストなタイミングを待つ事が重要であると。ここですよね。チャンスが来るまでひたすら待つ。1週間でも2週間でもチャンスが来るまでひたすら待つ。これは非常に大事だと思います。あとはハンターに例えてのトレードの話しがあります。茂みに隠れて獲物を完全に捉える事の出来る1メートルの距離に近づくまで待つハンターのようなものだと。稼げるトレーダーというのはハンターのようなものだと。そこで発砲して獲物を確実に仕留めるのだと。

忍耐力の無いトレーダーは感情をむき出しにして意味もなく打ちまくりお金を使い果たす。いざという時は玉もお金も残っていないという事で、意味もなく打ちまくりお金を使い果たす忍耐力の無いトレーダーというのは、ポジポジ病にかかってしまったトレーダーの方にも共通する部分かと思います。トレードの世界はマシンガンみたいなのを持ってドドドドドドドと撃っても獲物というのは捕まえられません。これは私も経験あるから分かりますが、普通マシンガンみたいにドドドドドドドと下手な鉄砲も数撃ちゃ当たるという言葉もありますが、マシンガンの様に打ったらたまには当たると思うかもしれませんが、トレードの世界は不思議なものでマシンガンのように打っても当たりません。これは特にポジポジ病の経験があるといった方は良く分かるかもしれません。トレードの世界ではマシンガンで獲物を捕らえる事はありえません。ここのハンターの話しもじっくりチャンスまで待って待って待って、確実に捉えられる所まで待って仕留めるといった風に書いていますが、これこそ我々トレーダーにとって大切な姿勢であり、これが出来るトレーダーこそが長い目で見ると将来的に利益が残っているトレーダーなのかなと思います。今回はラリーウィリアムズの短期売買法の本を読み返した中で、待つという事が大事だという部分を見つけたのでご紹介させて頂きました。今回も最後まで動画をご視聴頂きありがとうございました。又次回の動画でお会いしましょう。失礼致します。