メタトレーダー4(MT4)の使い方9 各種ボタンの使い方

動画説明

MT4の使い方 各種ボタンの使い方です。

MT4のダウンロード・MT4のインジケーター
MT4の使い方・MT4の設定方法・MT4で日本時間・・など

FX初心者の方でも解るように説明しますね!!

動画書き起こし

MT4のボタンについて説明したいと思います。ボタンというのはメニューバーの下にあるアイコンが並んでいる所をボタンと呼んでいます。基本的にここのボタンでないとできない操作というのはありません。チャートであればチャートを右クリックしてこの中にまとめられていますし、同様に気配値もターミナルもそうです。あとはメニューバーにも操作がまとれられていますので、必ずしもなければならないという事ではないです。例えばこのチャートを5分足に切り替えたいという時は周期の5分足と操作しますが、大変よく操作する項目なのでわかりやすくすぐに操作できた方がいいということでここに時間足を切り替えるためのボタンがまとめられていると考えて下さい。つまりショートカットというか、よく使う機能がボタンでまとめられていると思ってください。これは自分の使いやすいように変更が出来ます。まず移動ができます。時間足を切り替えるグループですが、一つのグループになっていて、グループの左側に灰色の箇所があります。

この灰色の箇所をドラックするとグループ自体移動することができます。同様にチャートにラインを引くものですけどこれをこのようにすると移動できます。一列に全部まとまりました。画面の横が広い方は一列にまとめると表示される幅も小さくまとまりますし、チャートを表示できるスペースも広くなるのでこのようにするのがお薦めです。使わないボタンがあれば表示させているよりは消してしまった方がいいので、そういうのは消すことも出来ます。それぞれのグループごとに消したり表示したりすることができます。例えばラインを引くってことはしないという場合は、ラインのグループの左側で右クリックしてラインなどのチェックをクリックして外すとボタンのグループは消えます。再度表示したい時はどこかのグループで右クリックするとラインなどにチェックを入れると再度表示する事が出来ます。

より詳しい方法ですが、グループごとに表示するボタンを付けたり消したりする事が出来ます。例えば一番左のボタンのグループ群を右クリックして、カスタマイズを押して下さい。そうするとここに表示されてるグループが出ていて、今表示されていないけれど表示することができるボタンがこちらに出ています。この中でいらない機能があったとして、例えばデータウィンドウの項目は使わないという場合は、選んで削除すればこのボタンを削除する事が出来ます。逆にこちらに使いたいボタンがあれば、例えばプリントだったらこちらを選んで挿入を押せばこちらに加わります。加わる位置は加わった後上へ下へ移動する事が出来ます。わかりにくいですが、ここに横線が入っています。これが縦線に対応していまして、区切りをつけたい場合は上の線を選んで挿入して、挿入した線を下に送っていきます。例えばプリントとニューチャートのボタンの間に線を入れる事も出来ます。このようにして自分が使いやすいように編集して変更して活用して頂ければと思います。