超重要値に足を踏み入れたドル円!

↑↑↑ 応援ポチのご協力よろしくお願いします。

動画説明

今年に入ってから下降チャンネルの中でハッキリとした下落を続けていたドル円であった。

しかし、この数週間のドル円は、その下落トレンドを変えようとするような動きに見えるほど、先週のドル円は上昇を続け、更に重要なレジスタンスを抜けて上昇しているように見える。

この動きは、ドル円は、完全に下降トレンドから上昇トレンドへの転換を示す動きなのだろうか?

それとも、違う意味があるのであろうか?

これについて、著名FXアナリストの1人である、ジェームズ氏とポール氏の分析を紹介したい。

●<引用について>

引用元記事: FX Majors: Price Action Strategy Across USD-Pairs
引用URL: https://www.youtube.com/watch?v=Yiykf…

引用元記事: Charts for Next Week – Euro, GBP-crosses, Gold, Dow & More
引用URL: https://www.youtube.com/watch?v=omRpF…

動画書き起こし

皆様こんにちは長谷川です。常勝FXをご覧頂きありがとうございます。今回の動画は上昇に転じるのか。分岐点上にあるドル円という内容につきましてご説明致します。今年に入ってから下降チャンネルの中ではっきりとした下落を続けていたドル円でした。しかしこの数週間のドル円はその下落トレンドを変えようとするような動きに見える程先週のドル円は上昇を続け、更に重要なレジスタンスを抜けて上昇しているように見えます。このドル円の動きは完全に下降トレンドから上昇トレンドへの転換を示す動きなのか。それとも違う意味があるのでしょうか。これについて著名FXアナリストの1人であるジェームズ氏とポール氏の分析をご紹介致します。これがドル円の週足です。これが昨年2017年ですがこのようにレンジをずっと続けていました。ここのラインとここです。レジスタンスとサポートです。今年になってからこれを抜けました。特にここにある非常に重要なトレンドラインを抜けて落ちて来たというのが今年の最初の動きです。

そしてここで一旦落ちたんですが数週間こういった上昇を見せているという事です。これが大きな目で見たドル円の動きです。そしてこれが日足です。これが先程のトレンドラインです。この辺り、先々週このようにずっと落ちて来たものが上昇している。そして先週にはここにあるレジスタンスを上に抜けてこの中で動いています。先週の動きは私も注目していましたが、このトレンドラインを抜けて来たというのが大きな動きだと思います。そしてこれが4時間足です。このようにトレンドラインをいくつか引いてみました。ここにあるこのトレンドラインのレンジスタンスがあります。それを先々々週このように一旦叩き落されて落ちて、先週ここでまた落とされてここで抜けたという事です。上に抜けて来たと。そして又先週ですがここのラインまで落ちて上昇して又落ちてここで何回か試されています。そしてこの上に又意識されているラインがあってこれを抜けて又落ちている。
こういった動きが先々週から先週にかけての動きです。

更にこれを1時間足まで落とすと、これが先週の動きですがいくつか意識されているような値が見えます。これをどのようにして動きを読んで行くのか。それについてFXアナリストの意見を聞いてみたいと思いましてこの動画を作成しました。まず最初、ジェームズ氏です。4月12日の分析です。これはドル円日足です。彼はこのように言っています。ドル円というのは綺麗な平行線のトレンドの中で動いていましたと。そしてここで違った動きになっていますがこれが全体の動きです。昨年これはレンジの動きをずっとしていました。そして今年になってからここにあるサポートラインを抜けて来たと。そして3月に大きくドル円は下落したと。その後バンスバックという表現をしていますが、上昇の動きを今示している。これがドル円の全体的な大きな動きという事です。そして4時間足に落としてみると、そのバンスバックの状況が良く分かるという事です。ここです。今までここに大きなサポレジラインが見えるという事ですが、非常にこれが良く効いていたという事です。ここでも落とされていて、ここはサポートになっています。

非常にこのサポレジゾーンがよく効いていた。それを一旦ここで抜けました。そしてここの部分、グリーンの部分で2度試されています。これが先週の動きという事です。ここに小さなレジスタンスラインが引けると。そこに現在のドル円があるという事です。これを非常に注目して行く必要があると彼は言っています。ドル円の動きに影響を与えるものとして我々として考えないといけないのは、この次にある米ドル指数です。この米ドル指数はドル円だけでなくドルに関係するすべての通貨に影響を与えますが、米ドル指数の4時間足を見てみるとここに大きなサポートゾーンがあるという事です。それに跳ね返されてきたと。そしてこの上に90という値がありますが、この90というのは心理的にも大きな影響を与える値だと言っています。そしてこのように跳ね返して今ここに米ドル指数があるという事です。こういった動きがドル円にかなり大きな影響を与えていると彼は言っています。4時間足をもっと長いスパンで見てみると、ここに90の値があります。

これがこういった所に節になる値になっているのが良く分かると思いますという事です。この90のラインを上下するような形でレンジのように現在米ドル指数が動いています。これがドル円だけでなく多くの通貨に影響を与えている。そう理解して頂きたいという事です。そして米ドル指数の週足です。今年に入ってから綺麗な下降チャンネルの中で動いています。これが始まったのが2017年の4月からです。今年もこのように下降チャンネルの中で上下しながらこのように動いています。ところが現在ここです。レンジの横ばい状態が3か月程続いているという事で、この中央にあるのが先程言った90という値です。こういった中でレンジ状態になっているという事です。そして更に1時間足まで落とします。ここの90の所で米ドル指数がガンと当たって跳ね返されている。こういった動きがドル円にも影響を与えているという事です。今この下にあるサポートゾーン、この90の値で今このように動いているという事です。そしてこれを抜けて上に行くのか、サポートラインで抜けて下に行くのか。ゾーンの中での動きです。

これが我々としては注目して行かないといけないという事で、勿論ドル円だけでなく多くの通貨に影響を与える米ドル指数の動きに注目して行く必要があるという事です。その次、ポール氏です。4月13日に出した分析です。これはドル円日足です。彼はこのように言っています。ここです。3月に大きく下落しました。その後このように跳ね返されていますと。底値が切り上がっているのが分かると。そしてこの重要なサポレジゾーンの中に戻されているという事です。このサポレジゾーンに入っているというのはトリッキーな動き、非常に注目しないといけない動きをしていると言っています。そして全体像を見ると週足を彼は見せています。やはりこのように2017年はレンジ内で動いていたという事です。そして今年に入ってサポートを抜けて下落しているという事です。ここの赤線のように重要な綺麗なサポートゾーンを抜けて今それがレジスタンスとして働いている。こういった状態がはっきりと分かると言っています。

そして日足に戻りますが、今まであったサポートのゾーンがレジスタンスのゾーンになっているという事で、トレードの戦略的に考えて今ドル円は非常に重要な局面に向かっていると。そこでドル円の値が留まっているという事で、注目すべき点だと言っています。このサポレジ、非常に重要なサポレジゾーンを突き破って上昇して行くのか。それともここで跳ね返されるのか、下落をして行くのか。このドル円の攻防に目が離せない状態だと彼は言っています。こういった2人の分析を皆様にご紹介致しました。勿論著名FXアナリストと言っても彼の分析が100%と思わないで下さい。でもこのようにチャートを分析して行く事が皆様のトレードに少しでもお役に立てると思いましてこの動画を作成致しました。ここにある非常に重要なサポレジゾーンに先週ドル円が突入したという事です。特に先々週から底値が切り上がって上昇の気流になっているという事ですが、非常に意識されている値のゾーンの中にドル円が突入している。これからこれを抜けて上昇して行くのか。それともここで叩き落されるのか。非常に目の離せない攻防になっているというのが著名FXアナリスト2人の結論と言えます。もしこの動画が皆様のお役に少しでも立てたと思って下されば、下にあるいいねをクリックして頂けると大変有難いと思います。私の励みになります。ありがとうございました。長谷川でした。