【常勝FXラジオ】ポンド円ブレイクアウト手法で質問(ゲスト有り)・・・Vol.116

↑↑↑ 応援ポチのご協力よろしくお願いします。

動画説明

第116回目の常勝FXラジオは

「疲れてトレードしたときの失敗談」

をテーマにお話しようと思います。

それでは、すたろん・長谷川・なおみ&
(現役アカデミー生のミチナリさん)の4人に

「疲れてトレードしたときの失敗談」についてお話してもらいましょう。

動画書き起こし

 長谷川:皆様こんにちは長谷川です。常勝FXラジオをご覧頂きありがとうございます。今日は、すたろんさんとなおみさん、長谷川とゲストの方をお招きしてのラジオをお届けしたいと思います。まずすたろんさん、なおみさんお入り下さい。
すたろん:こんにちは、すたろんです。宜しくお願いします。
 なおみ:こんにちは、なおみです。宜しくお願いします。
 長谷川:宜しくお願いします。今日はアカデミー生であるミチナリさんをお呼びしています。ミチナリさんは色んなコメントをしている方なので私も楽しみにしています。ではミチナリさんどうぞお入り下さい。
ミチナリ:アカデミー生のミチナリです。こんにちは、宜しくお願いします。
  全員:宜しくお願いします。
 長谷川:ミチナリさん初めての登場という事で緊張していませんか?
ミチナリ:凄い緊張感ですね。
 長谷川:異常な感じでしょ。
すたろん:長谷川さん止めて下さいよ。そんなに緊張させてどうするんですか。
 長谷川:私も最初本当に緊張して自分の名前を長谷川って言わないで龍司ですって思わず言おうとして。
すたろん:面白いですよね。昔の事って。
 長谷川:すたろんさんが凄く後光が出てて眩しいんです。
すたろん:止めて下さい。ラジオなのでそんなの見えませんから。
ミチナリ:画面越しに伝わって来そうです。
すたろん:いえいえ、何を仰いますか。ミチナリさんって動画にコメントとかして下さっていますよね。
ミチナリ:動画のファンでもありますのでいつも楽しみにしています。
すたろん:ちなみにどなたのファンですか?
ミチナリ:長谷川さんです。
すたろん:今一瞬止まりましたけどね。長谷川さん、ファンが遂に登場されましたね。
ミチナリ:すたろんさんは神かかってまして。長谷川さんはたまに出て来る自虐ネタが凄く楽しいのと。女性のお話しが凄く好きですね。
すたろん:長谷川さん女性大好きですもんね。なおみさんをいじり始めると止まらない。
ミチナリ:いつもラジオ聞きながらクスクス笑って楽しんでいます。
 長谷川:すたろんさんは仏の神に近い存在。私はコメディアン、お笑いに近い存在。
ミチナリ:すいません。
 長谷川:私ショックで心臓が半分止まりそうになりました。ところで皆さん、なおみさんはオートバイとかだと思いますけど。運転する事多いでしょ?疲れて車の運転する事ってありませんか?
すたろん:サラリーマン時代は夜勤とかしていましたから。夜勤終わってヘトヘトじゃないですか。車で通勤していましたから、田舎から工場がある所まで20分30分という距離を車で運転するんです。寝ますよね。居眠り運転してしまいますよね。眠くなりますからね。
ミチナリ:私も田舎に住んでいますので、すたろんさんより田舎かもしれません。車で通勤20分30分とか。ちょっと出かけるとなると1時間越えで走るので。その間にいつもラジオ聞いていました。月曜日が楽しみだったんです。土曜日に配信されるんですけど、月曜日の朝に聞くというスタイルで。
すたろん:そうなんですか。ありがとうございます。そういう活用の仕方もあるんだなと初めて気が付きました。
 長谷川:ラジオ聞いて運転するから、すたろんさんみたいに居眠り運転はしないですよね?
ミチナリ:大丈夫でした。ラジオが聞けない夜は駄目でした。眠たくなります。
すたろん:そういう使い方があるんですね。知らなかった。
 長谷川:なおみさんはどう?疲れて運転する事とか無いの?
 なおみ:私は無い。疲れたら運転しないもん。
すたろん:言い切る所が凄いですね。お仕事までは車で通勤とかじゃないんですか?
 なおみ:歩いて行ってるからね。シティに通ってた時はオートバイだったけど、今は仕事変えたので歩いて行ってる。
すたろん:歩いて行ける距離にあるって事ですか?
 なおみ:歩くって言っても10分程度だったら歩ける距離っていう人と、1時間までだったら歩ける距離っていう人がいて。私1時間だったら歩く距離だから。
 長谷川:1時間も歩くの?
 なおみ:1時間までは歩く。
 長谷川:オフィス着いたら汗だくじゃん。
 なおみ:汗だくってそんなに必死こいて歩きませんよ。
すたろん:結構な距離歩きで通勤なさってるんですか?
 なおみ:35分ぐらいかな。私早歩きみたいなのね。グーグルとかで大体徒歩1時間ぐらいかかるっていう所でも大体40分ぐらいで行くんです。
 長谷川:それは走ってるんですよ。
ミチナリ:凄く健康的ですね。私どこに行くにも車なので全然歩かないです。
 なおみ:自転車に変えてみたらどうです?田舎だったら。
ミチナリ:車で20分30分かかる所を自転車で。
 長谷川:1時間半かかる。
 なおみ:でも自転車でも時速30キロぐらいで走れば。
すたろん:私田舎だから良く分かるんですけど。都会のように真っ平じゃないですからね。山あり谷ありですからね。かなりのものですよ。カロリー消費率から言うと。
 長谷川:仕事場についたら汗だくになる。
 なおみ:疲れて寝ちゃうかもね。
すたろん:私なんか昔自転車に乗ったまま寝てましたからね。これ中々信じてもらえないんですけど、中学とか高校でバスケやってたんです。休みの日も練習があって、休みの日だと午前中4時間とか、午後4時間とかみっちり練習があるんです。それ終わって帰ってると疲れ切ってるからフラフラするんです。眠くて。うつらうつらして草むらに突っ込んで目が覚めたりとかありましたからね。
 長谷川:危ない。
すたろん:中々信じてもらえないんですけど、ありましたよ。
 長谷川:凄い所に住んでますね。草むらに落ちてケガしないんでしょ。凄い。
すたろん:草むらだから良かったんですけどね。川に落ちたら溺れるじゃないですか。
 長谷川:私もロサンゼルスに住んでる時は、遠いオフィスに行く時は朝片道1時間とか1時間半フリーウェイで高速道路で突っ走って行ってたので疲れました。
 なおみ:高速道路って疲れるよね。
 長谷川:こんな感じで皆さんそれぞれ運転自転車の運転寝ながらする人いますけど。疲れて運転すると危ないです。同じように疲れた時にトレードすると訳の分からないミスする事ってありませんか?
ミチナリ:凄くあります。
 長谷川:今回は聞いてる方にこんな変な間違いしたので、疲れた時はトレードしない方が良いというのを皆さんと一緒に話したいと思います。すたろんさん、疲れた時にトレードして失敗した事ってありますか?
すたろん:指値を入れようとした時にドル円だと小数点の位置を間違えたりとか。今のレートから何pips離れた所に節目があるから、そこに指値を入れようって思ってるんですけど、その数字を間違えて入れてしまって、相当眠かったんんだと思うんですけど。指値入れた瞬間今動いてるレートの真上に指値が入っちゃったんです。ヤバイ、消そうって思ってる瞬間に指さって。そこから逆行していきなり損切にかかったというのがあります。悔しかったのでよく覚えていますけど。
 長谷川:疲れてると入れる数字とか小数点間違えたりってありますよね。
すたろん:ありますね。
 長谷川:ミチナリさんはそういうのありますか?疲れてトレードした時の失敗談。
ミチナリ:凄く疲れてて。最初の頃ですね。成行で入ったんです。成行で入った途端睡魔に襲われまして、そのまま寝たという事がありました。
すたろん:ヤバそうな展開じゃないですか。
ミチナリ:次の日の朝、気付いて見たら余り動いていない日で助かったというのがあったんです。
すたろん:成行でエントリーして。それで寝たんですね?
ミチナリ:寝落ちしたんですね。
すたろん:という事はストップがどこにも入って無い状態という事ですよね。
ミチナリ:そうなんです。ストップを入れていない状態です。
すたろん:滅茶苦茶怖いですね。
ミチナリ:でもまだ初期だったので小ロットだったんです。だからまだ練習中という感じだったんですけど。
すたろん:良かったですね。
ミチナリ:良かったです。そこはドキドキしましたね。朝飛び起きた感じでした。
すたろん:朝まで爆睡して目が覚めたという。
ミチナリ:そうなんです。
 長谷川:スクリーンの前でうつ伏せになって寝てたの?
ミチナリ:タブレットをその時使ってたんです。パソコンではなくてタブレットを使ってやってたので、タブレットが横に置いた状態で電池も朝切れてるしっていう。
 長谷川:危ない。
すたろん:漫画みたいですね。
ミチナリ:凄い事やったなというのは今思うと。当時は始めたばかりなので恐怖感とかも無かったですし。今思うと酷かったなという。
すたろん:流石に睡魔には勝てないですからね。
ミチナリ:あとは眠くてやってる時に売りで入りたいのに買いでエントリーしたとか。
すたろん:そういうのどうしようもないですね。ここでこういう風に入るんだと一生懸命考えてるのに何故かそれが思い通りに動かないという。
 長谷川:それ私もやった事があります。随分昔ですけど。来たと。売りだと思って売りにしたつもりが、何で落ちてるのにマイナスになってるのって思ったら買いで入ってたりとか。疲れてると何するか分からないなと思って。
 長谷川:なおみさんは?凄い事してそうな気がするんだけど。
 なおみ:私無いです。だって眠い時でしょ?眠い時にチャートを開こうと思わないもん。トレードより寝る方が優先。計画してたのにこういう形になりそうだからもう次はチャート見てエントリー出来るかなという時はあったけど、眠いのでそっちを優先にして朝起きたら、寝ちゃったよ、エントリー出来なかったよというのはある。眠い時にチャートを無理に開けてトレードしようとは思った事無いですね。
 長谷川:それは素晴らしい事ですね。
 なおみ:エントリーチャンスを逃した事はあるけど。眠い方が優先だから携帯とかタブレットとかでスイッチオンしようと思わない。
 長谷川:流石レーサーなおみですね。レーサーって命かけてバイクで走りますよね。調子の悪い時、眠い時は絶対バイクのスイッチをオンにしないというそういう雰囲気ですね。
すたろん:なおみさんの事だからとんでもないミスやってるんだろうなって期待してたんですけど。
 なおみ:私眠い時は眠いのが優先で。話し飛ぶけどレストランに行っても眠くなったらレストラン出る。注文した後でも。まだ作って無かったら申し訳ない、用事が出来たからって出て家に帰って寝る。
すたろん:徹底してますね。
 長谷川:夜何時ぐらいの話し?
 なおみ:8時ぐらい。
すたろん:お子ちゃまじゃないですか。
 なおみ:私お子ちゃまなのよ。たまにいきなりフッと睡魔が。
ミチナリ:睡魔に勝てないというのもあるのかもしれないですね。直ぐ寝れるというのは。羨ましいなと思いました。
すたろん:アスリートみたいな感じなんですかね。いつでもどこでも眠い時にはサっと寝るという。
 長谷川:小学校3年生までは出来ますよね。
 なおみ:小学3年生ですか。
 長谷川:それだけ純粋で可愛らしい心を持ってるという意味で申し上げたんですけど。
 なおみ:パーティとかに行くと大変なのよ。途中で眠くなるから。パーティだろうが何だろうが眠くなったら友達の話しなんてどうでもよくなって。ごめん眠いとか言って端に行ってうたた寝という感じ。
 長谷川:皆さん人それぞれですね。皆さんの話しを聞いて分かる事は、疲れて眠くなってトレードをするととんでもない間違いをしてしまうという。
ミチナリ:するもんじゃないですね。
すたろん:良い事無いですね。
 長谷川:なおみさんみたいに眠くなったら絶対にスクリーンを開かない。
 なおみ:私は開けないんです。
 長谷川:トレードする時は体調、心身を整えてスクリーンに向かうというのが重要ですよね。
すたろん:皆さんの意見聞きますと、そのうちとんでもない事やらかしそうな気がするので私も気を付けようと思います。
 長谷川:農作業し過ぎた後に眠くなってトレードしないようにした方がいいですね。
すたろん:生活スタイル変えようかな。
 長谷川:今回のテーマ、疲れてトレードした時、皆さん色んな失敗をしていますのでラジオをお聞きの方は絶対疲れた時のトレードは止めた方がいいという事ですので皆様のご参考になればと思います。お便りのコーナーです。読ませて頂きます。皆さんこんにちは。毎週ラジオを楽しみにしています。私は33歳、既婚男性です。FXを1年間勉強して自己流の手法やルールを確立し、デモトレードを始めて約半年が経ちました。現在の手法はデイトレードでGBP/JPYをメインに欧州時間のみトレード、リスクリワード1:31以上、4時間足と1時間足を見て15分足でエントリーし、ブレイクアウト後、トレンドフォローをしています。インジケーター等は使用しておらずローソク足と水平線を2、3本使用しています。直近の3か月のトレード結果が勝率平均35%、1カ月の獲得pipsは30~45と連続で勝ってはいますが勝率が低く微益です。そこで皆さんにお聞きしたいのが、このままリアルトレードに移行して大丈夫かどうかです。軍資金が50万円、なくなってもいいお金です。20万通貨で海外口座でトレードの予定です。最終目標は年収ズバリ1億円です。皆さんのご診断やご意見をズバズバと宜しくお願いします。P.S 私は長谷川さんの大、大、大ファンです。長谷川さんの言葉でいつも元気を貰っています。ありがとうございます。ご意見やエールなどありましたら宜しくお願いします、という事です。
  全員:お便りありがとうございます。
 長谷川:33歳の男性という事でFXを勉強して1年ですね。デモトレードで勝率が35、1カ月平均が30~45pips、連続で勝っているという事ですが。リアルトレードに移行しても大丈夫かなという事で50万円から開始したいという事ですけど。すたろんどう思いますか?
すたろん:私は長谷川さんの大、大、大ファンですと書かれていますので、長谷川さんの言う通りやって行けば大丈夫じゃないかなって。冗談ですけど。1年間勉強した後にデモトレードで半年という事で。しっかりと勉強なさっている気がしました。何か情報を得たら直ぐにリアルトレードをやってお金溶かしたとかそういう方が結構いらっしゃる中で、しっかり1年間勉強してそこからデモトレードを始めて半年という事で。拝見して、こんな感じのトレードをなさっているんだろうなと。ラインはこことここを引いてこういう所を節目と考えてるんだろうなというのが大体分かるんですけど。デモトレードをする時に軍資金が50万あるという事ですので。デモトレードの資金を50万円で立ち上げてそれでどういう風に増えて行くのかをしっかりと見た方がいいと思います。50万の資金で20万通貨でやって行く予定とお書きになっていますので、リアルトレードに入る前に必ずデモトレードで勝率35%で微益だと。それをデモトレードでやって行くべきだと思います。しばらくそれをやって行かないと相場って色々トレンドが出たりしばらくレンジに入ったりとか。1年間で色々顔が変わって来ると思うんです。同じlotでずっとやって行っても駄目ですし。負けた後にどういった対応をして行くのかとか。そういった経験も必要になると思いますので。実際に用意出来る軍資金と同じ金額でデモトレードを立ち上げて、そのデモトレードでどういう風にお金が増えて行くのか減って行くのかを自分のメンタルの揺れと合わせながらしっかり経験して行く事が大事と思いました。皆さんいかがですか?
 長谷川:あっそうだ、先になおみさんどう思います?
 なおみ:あっそうだって、忘れてました?私の存在忘れてましたという。
すたろん:ズバっと来ましたね。
 長谷川:イギリスの女王様の存在を私が忘れる訳ないじゃないですか。
 なおみ:すたろんさんと同じ意見ですけどね。自分が持ってる資金と同じ資金でデモトレードで1回やって20万通貨でやろうと考えてるなら20万通貨でやってみたらいいと思うし。デモトレード始めて約半年って書いてあるけど、直近3か月という事は最初の3カ月はどうだったのかなというのもあるんですけど。この方直近3か月のトレード結果が勝率平均35でしょ。という事は最初の3カ月はどうなのかなというのもあるし、もし凄く不安なら半年間やってるなら結果が出てますよね。プラスマイナスの。連敗している時もあると思うのでマックスドローダウンを見て自分が耐えきれる%か資金かを見て、それでいきなりやるのではなくて50万のデモ口座で20万通貨でまた3か月とか半年やってみて再度きちんとマックスドローダウンを出してみて耐えきれるならリアルでやってもいいと思うんです。マックスドローダウンを出した方が良いと思う。
 長谷川:トレードするにおいてリスクの方をきちんと分析してそれを受け入れて行かないと、儲けようと思ってリスクを放っておくと恐ろしい事になりますからね。
すたろん:ポンド円メインという事で、ポンド円もボラが出る時1日200pipsとかずっと動いてたりする事もありますからね。出ない時は全然出ないのでね。
 長谷川:ポンド円の特徴を言おうと思ったんですけど。ポンド円というのは馬車馬みたいなので動く時は動いてそれに乗るとバンバン利が出るし、動かない時は全く方向性が無くて何やってるのみたいな時がありますよね。方向性が無い時に今までトレンドが出てた時の手法でやると最悪な状態になるから。ポンド円は1年間ぐらい通してトレンドが出て利が取れる時と取れない時両方を分かった上でやるトレードだと良いと思いますけどね。ミチナリさんどう思う?
ミチナリ:私はデイトレードで勝率平均35%というのが負けの割合が多いですよね。だからそこを負けたという所で上手く行けるのかなっていうのを感じています。もう少し50ぐらいあったら半々だなというので気持ちの面が何とか上手く出来る感じはします。
すたろん:メンタル面がという事ですね。
ミチナリ:勝率が悪くて微益なのでメンタル面キツイんじゃないかなという気がしました。
すたろん:確かにリスクリワード1:3以上となると勝率が下がって来ると思うんですけど。
ミチナリ:これはスイングっぽい感じで行った方がいいのかなと。
すたろん:ブレイクアウトでトレンドフォローしているという事ですからね。
 長谷川:もう少し勝率欲しいと私も思ってたんですけどね。デイトレードなら。スイングで1回のトレードで大きな利が乗れるなら良いけど、デイトレードだからね。もう少し勝率上がるといいという感じは受けました。
すたろん:勝率を上げようと思うとリスクリワードの比率を下げて頂くとかね。平均の勝率が必ずこれぐらいは動くよねという所を獲得pipsを小さくしてそこにlotを張るという手もありますけどね。私はどっちかというとそっちの方が精神的に。自分のメンタルの揺れが少ないので私はそういう方を取ってるんですけど。確かに仰る通り勝率って大事だと思うんです。全然そういうのは気にしないという人もいらっしゃるんですけどね。
ミチナリ:その人に合った勝率を探し出すのが良いと思います。
すたろん:この方も勝率が低く微益だと。多分そこに余り納得してないのかなという気もするんですよね。これで行けると思ったらそれでリアルトレードに移ってると思うんですけど。勝率が低いのが何かなというのがもしかしたらあるのかなと。この文面拝見して思いました。
 長谷川:ご本人もここの所がもう少し向上したいという気持ちが見えるような文章だなと感じてたんですけどね。
 なおみ:勝率平均35%って直近3か月でしょ。長くもっとデータ出すともしかしたら同じやり方でもボラによって簡単に1:3のリスクリワードにしてもどんどんリミットにかかって勝率が上がってる月もあると思うんです。40%45%っていう月もあると思うんです。直近3か月で35%というのだけでなくてもっとデータを出した方が良いと思う。そうすると月によってはもしかしたら45%とか行ってる月もあると思う。直近3か月っていつの事言ってるか分からないけど、ボラが無い時にやったらもっと下がると思うし、ボラが出てる時にやったら面白いようにリミットにかかってて。平均が60%とか55%になってるかもしれないので。データが短過ぎると思う。3か月というのが。
 長谷川:軍資金が50万円で無くなってもいいお金と書いてありますけど。リアルトレードで自分のお金が無くなった時の精神的なショックは思った以上にあるんですよね。リアルトレードに移行する時でもトレードでしっかりとこれは大丈夫だという確信を持った後にリアルトレードに行った方が良いと思うので。色んなトレーダーが言ってますけど、凄く良いトレーダーなんかも実際に億単位のお金を失ったりするとショックで立ち上がれなくなると。人によっては数百億というお金を失う人もいますけど。数回の失敗で一生自分がトレード出来なくなるみたいな精神的なトラウマが起きる事があるので、無くなってもいいお金であってもきちんと利益が出るようになるまでデモでしっかりとトレードの練習を積んで行くのが重要だと思います。
ミチナリ:もう少しデモで練習をして自信を付けるというのがいいんでしょうね。
すたろん:そう思いますけどね。ただここで多くの人がやってしまうのが、もっと勝率上げたいから良いインジケーター無いかなとか、情報を色々探してあれこれやってみてという、折角半年間やってるのに違う事をどんどん取り入れてもっと良い方法があるはず、こんなに頑張ってるんだからもっと良い事があるはずみたいな感じで聖杯探しの方にどんどんズレる方も大勢いらっしゃるので。そこを気を付けてこれでやってるんだという、自分はこれでやるんだと決めてしばらくやって頂くのが良いと思いますけどね。
 長谷川:最終目標が年収1億、良いですね。これぐらいのレベルになって行けば、もしかしたらプロからトレードでお金増やしてくれという声がかかるかもしれませんからね。
すたろん:日本にも永井翔という人がいらっしゃるので。永井さんの目に留まればうちでどう?みたいな感じでお誘いもあるかもしれませんので是非頑張って頂きたいと思います。
 長谷川:アメリカなんか学生さんが、在学中4年間の中で2、3年間自分の授業の合間でトレードして成績良かったら卒業したら即1億円、運用して下さいとかって言って、今は超巨大なヘッジファンドマネージャーになってる人とかいますからね。そういう人を探しまくってるんです。日本もそうだと思いますけどアメリカはもっとオープンでトレーダーが力があると思ったら即声がかかりますからね。大きな会社なんて1億円なんて屁でも無いみたいな感じで来るんです。1億円だけだけどやってみなとかいう感じで。年間数十%で良いんです。20%とかだと翌年5億円とかって来るんです。トレードの力があったら勿論日本でもオープンになってくると思うので是非頑張って頂きたいです。皆さんが仰ったように、この方も書いていますがもう少し自分のトレードに自信を持って頂くようにデモで真剣にやって頂いて、ポンド円というのはトレンドが出る時と出ない時が定期的に来る通貨なので。その流れの変化の時もきちんと対応出来る状態になって、なおみさんも仰っていましたけど、きちんと分析をして自信を付けてリアルに行くというようなのでどうかなと思います。是非1億円目指して頑張ってください。
  全員:頑張ってください。
 長谷川:今日はこの辺でラジオを終了させて頂きたいと思います。ありがとうございました。これで失礼致します。長谷川でした。
  全員:ありがとうございました。失礼致します。