(週刊指標情報) 6月5〜8日ポンド関して注目したい日とそのポイント

↑↑↑ 応援ポチのご協力よろしくお願いします。

動画説明

常勝FXをご覧の皆様、直美です。
いつもビデオをご覧いただきありがとうございます。

今週も1週間が始まりました。今週ポンドに関して注目したい動かすかもしれない指標は以下になります。

• 6月5日:日本時間午後5時30分 サービス部門購買担当者景気指数
• 6月7日:日本時間午前8時01分 RICS住宅価格
(こちらは、ポンドにはそれほど影響ないとは思いますが、頭の隅に置いて置いてもいいかと思います。)
• 6月8日:日本時間午後5時30分 鉱工業生産と製造業生産

今週はポンドに関しては比較的静かな週です。現在、ポンドは経済面においてそれほど反応していないような状況の中、コンセンサス予想が乏しい場合、指標結果が予想以上のサプライズだと為替に大きく影響を与えることがありますので、今回の経済指標はサプライズがあるかどうかに注目したいところです。

『ポンド』系通貨に関して

・注意したい日
・注目ポイント等の情報は、

毎火曜日午後4時ぐらいにイギリスから配信します★

(注意)場合によっては多少前後する時がありますのでご了承ください

●<引用について>

引用サイト:Pound Sterling Live

引用記事:Pound -to – Euro Rate Forecast for Week Ahead: Slight Downside Bias, 1.1305 Eye

引用URL:
https://www.poundsterlinglive.com/eur…

動画書き起こし

常勝FXをご覧の皆様こんにちは、なおみです。いつもビデオをご覧頂きありがとうございます。1カ月程期間が空いてしまいましたけど今月から又いつも通り週1回ポンドに関して注目したい日とそのポイントをご紹介して行きますのでどうぞ宜しくお願いします。早速今週注目したい経済指標とそのポイントをご紹介します。今ご覧頂いている指標カレンダーはインベスティングドットコムの日本語版になります。今週はポンドに関しては比較的静かな週だという感じです。あえて注目したい指標というのは6月5日火曜日のサービス部門購買担当者景気指数と6月7日木曜日のRICS住宅価格、こちらはポンドにはそれ程影響は無いとは思いますが、頭の隅に置いておいてもいいかなと思います。最後が6月8日金曜日の鉱工業生産と製造業生産です。1つずつ見て行きます。まず6月5日火曜日のサービス部門購買担当者景気指数です。こちらは日本時間午後5時30分に発表があります。こちらは前回が52.8に対して今回の予想が52.9と、若干上昇した形の予想となっています。

サービス部門はイギリス経済の80%以上を占めていますので、市場は非常に注目している指標になります。次、6月7日木曜日のRICS住宅価格です。RICSというのは王立公認調査士協会の略語で、この指標はその協会による住宅価格の変動を鑑定する指標になります。こちらは日本時間午前8時1分に発表があります。1分というのは面白い時間帯ですね。こちらは前回の結果が-8%に対して予想が-1%と、数値的にはかなり上昇した形になっています。こちらの指標は先程も言いましたが、ポンドにはそれ程影響を与えないとは思っていますが、やはりサプライズな結果となった場合はそれなりに注目されるのではないかと思います。その下のハリファックス社ですが、こちらは前回が-3.1%に対してこの指標カレンダーでは予想値が1.1%、他の指標カレンダーでは0.9%という所もあります。こちらはいずれにせよRICS社とハリファックス社の業者が良い数値で上昇していればポンドにとっては好ましい結果という事になります。

では最後6月8日金曜日、鉱工業生産と製造業生産です。こちらは両者共に日本時間午後5時30分に発表があります。鉱工業生産の前年比は前回が2.9%に対して今回が3.1%と、製造業生産の前月比が前回が-0.1%に対して今回が-0.2%と若干下回った予想値となっています。現在ポンドは経済面においてはそれ程反応していないような状況です。これに伴ってコンセンサス予想が乏しい場合は指標結果が予想以上のサプライズだと為替に大きな影響を与える事になりますので、今回の経済指標はサプライズがあるかどうかに注目したいところです。以上ポンドに関して今週の注目ポイントのご紹介をしました。今週は比較的静かな週で特に注目したい情報もそれ程多くなく、短い動画となってしまいましたが今日はこの辺で終わりにしたいと思います。このようにポンド系通貨に関して注目したい日と注目ポイント等の情報は毎週火曜日午後4時ぐらいにイギリスから配信致しますので是非見逃さないようにして下さい。では今日はこの辺で終わりにしたいと思います。最後までご視聴頂きありがとうございました。では失礼致します。