FX会社が手を加えていない純正MT4でFX会社にログインする方法

動画説明

MetaQuotes社の純正MT4でFX会社にログインする方法

FX初心者の方でも解るように説明しますね!!

動画書き起こし

純正のメタクオーツ社、純正のMetaTrader 4で特定のFX業者に接続して利用する方法を説明します。厳密には2つありまして一般的にはFX業者のデモサーバーに接続してデモアカウントで利用するというのが一般的です。ただFX会社によってはライブ口座、実際にお金を入れてトレードすることが出来る口座に純正のMetaTrader 4で接続して利用することが出来るところもあるようです。この2つの方法がありますがやり方としてはほぼ一緒になりますので合わせて説明します。まず1つはでもサーバーで利用するためには、一番簡単な方法としてはMT4 IPアドレスとかこういった検索ワードで検索しますとデモサーバーに接続するためのIPアドレスなどが公開されているサイトがあります。こちらのIPアドレスをコピーして控えていただくというのがまず1つの方法です。そのIPアドレスを控えていただくかもしくはデモ口座の申請という画面を開きます。もし開いてない場合はナビゲーターというところの口座を右クリックしデモ口座の申請がありますこちらをクリックしいて開いてください。表示されている項目の一番下に緑の+のマークがあります。

add new broker like ‘Broker Name’or addressうんぬんかんぬんと書いてあります。つまりFX業者の名前を入れるもしくは先ほどインターネットから拾ってきたIPアドレスを入れていただければ自動的に検索されるようなシステムになっています。右下のスキャンをクリックすると自動的に検索してくれる仕組みになっています。使用したい業者の名前を入れていただければいいと思います。IPアドレスを入れたいただくのが一番確実です。それか特にデモ口座ではなくてライブ口座の場合はIPアドレス公開されていることはほぼありません。ここに業者名を入れて運よく出てくれば接続できる、つまりFX業者側が通常のMetaTrader 4に接続してトレードすることを許可している、という形の業者のサーバーには接続出来ると考えてください。実際使えるかどうかは分かりませんが、ある業者の名前を入れて検索をかけてみて出てこなかったという場合は許可されていないという事なので諦めた方がいいです。

検索の仕方もどういったものがヒットするかは一切分からないので、色んな名前をいれて検索をかけていただく必要があります。色々な方式を入れていただいてそれでも出てこないという場合はその会社には接続出来ないと諦めていただくといいと思います。そういった場合はインターネットからIPアドレスを探してデモ口座として使うというのみになります。インターネットにも公開されていなかったらデモ口座としても利用できない、つまり純正のMetaTrader 4からは接続できないと考えてください。今、接続が出来ると確認出来ている業者を1つ入れますとリストアップされます。表示されている中にデモとついているものがあればそれは多分デモサーバー、それ以外の名前がついているものは多分ライブ用の講座になります。どのサーバーを選ぶかは既に取得されている場合はアカウントの情報に従って選んでください。

例えばライブ口座であればサーバー名が書いてありこのサーバー名のログインIDは何とかパスワードは何とかとサーバー名も記載されているのでそのサーバー名が表示されているか探していただいて選んでくだい。ここに表示されていない場合は接続出来ないという事になりますので諦めてください。デモサーバーに接続したいという場合はデモサーバーを選んでいただいても構いません。今回はデモサーバーにいきたいと思います。デモサーバーを選んで次へを選んでください。ここでセレクトアカウントタイプというのが出てきます。ここで既にアカウントを持っている場合もしくはライブ口座の場合は既存のアカウントを選んでそこにログインIDとパスワードを入れてください。サーバーは先ほど選んだものが選ばれていてここからは変更出来ないのでサーバーが間違っている場合は戻るを選んでサーバーを選びなおしてください。兎に角、ログインしてパスワードを入れて完了を押していただければ接続出来ます。FX業者のデモアカウントを持っていなくてここで一緒に作りたいという場合は新しいデモアカウントを選んで次へを押してください。そして情報を入力してください。

情報の入力に関しては前回の動画の方で詳しく説明していますのでこちらでは割愛します。特に入力に問題がなければ次へを押してください。そうするとでもアカウントを作成することが出来ます。ここで反応がないFX業者もあります。反応がないという事は純正のMetaTrader 4からはデモアカウントの作成は許可していないという設定になりますので、その場合はFX業者側で申請方法が別に用意されているはずです。それでデモアカウントを作って、こちらにデモアカウントを作るのではなくてログインする方法でログインを試してみてください。ログインが出来るようであれば利用できる。ログインすら出来ないという事は一応サーバーは表示されたけれども純正のMetaTrader 4からは利用出来ない設定になっていると諦めてください。という形で全部うまくいけば接続して利用出来る状態になっています。ライブ口座デモ口座に関わらずログイン出来るログイン出来ないというのはご自身で試していただき、出来ないものは諦めていただくしかありません。同様にデモ口座もログイン出来る出来ないをここから試していただいて作れなかったら諦めてください。FX業者側で指定された方法でFX業者側で指定されたMT4をダウンロードして利用していただくという事が原則としてそれしか方法が残っていないと諦めてください。