ヤバ過ぎる!トップヘッジファンドマネージャーの年収!

↑↑↑ 応援ポチのご協力よろしくお願いします。

動画説明

2017年のトップヘッジファンドマネージャーの年収が発表されました。

トップ25人のヘッジファンドマネージャーの年収の平均は、何と615億円!

これは、2016年と比べて40%も上昇している。

多くのヘッジファンドは、2016年よりもパフォーマンスが良く、最高の4人のヘッジファンドマネージャーの年収は、1,000億円を超えるという状態になっている。

トップヘッジファンドマネージャーの年収を紹介しよう。

●<引用について>

引用元記事: The Highest-Earning Hedge Fund Managers & Traders
引用URL: https://www.forbes.com/hedge-fund-man…

画像引用: https://www.wallstreetmojo.com/invest…

動画書き起こし

皆様こんにちは長谷川です。常勝FXをご覧頂きありがとうございます。今回の動画は、凄いトップヘッジファンドマネージャーの年収という内容につきましてご説明致します。2017年のトップヘッジファンドマネージャーの年収が発表されました。トップ25人のヘッジファンドマネージャーの年収の平均は615億円という凄まじい年収になっています。これは2016年と比べて40%も上昇しています。多くのヘッジファンドは2016年よりもパフォーマンスが非常に良く、トップ4人のヘッジファンドマネージャーの年収は1000億円を越える状態になっています。それではこれからトップヘッジファンドマネージャーの年収をご紹介します。まず第一位に輝いたのはマイケルプラット氏です。まだ若いですが昨年の年収2000億円です。信じられない金額です。彼はブルークレストキャピタルマネージメントというファンドを運用しています。彼のバックグラウンドを申し上げますと、JPモルガンに10年程務めた後2000年後半にファンドを立ち上げました。かなり新しいファンドマネージャーです。現在3兆5000億円を運用しています。

何が素晴らしいかというと彼のパフォーマンスです。2016年は50%、2017年は54%のリターンという事で、ヘッジファンドマネージャーのhttp://cozunet.com/blog/wp-admin/media-upload.php?post_id=7597&type=image&TB_iframe=1世界では脅威的なリターンを出しています。個人資産は6500億円という事で彼はまだまだ若いので将来有望されているヘッジファンドマネージャーです。第二位はジェームズシモンズ氏です。1800億円です。彼はヘッジファンドマネージャーの世界では大御所の1人です。彼はルネッサンステクノロジーコーポレーションというファンドで現在5兆円を運用しています。彼は1982年このファンドを立ち上げました。2010年に引退したんですが、基本的にはカムバックをしました。今も重要な役割を果たしファンドからの収入を得ているという事で、このファンドは現在従業員にしかファンドをオープンしていないという事です。一般の方にオープンすると色々クレームがあったりするので従業員にしかオープンしていないという事で、それでも5兆円を運用という事でかなり大きいファンドです。個人資産は2兆円という事です。

そして第三位がデイビッドテッパー氏です。1500億円。彼も有名なファンドマネージャーです。彼はアパロサマネージメントというファンドを運用しています。長年に渡り安定したパフォーマンスを出し続けている偉大なファンドマネージャーだという事です。ファンドは1兆7000億円を運用しています。個人資産は1兆1000億円です。着実にパフォーマンスを上げている偉大なファンドマネージャーです。そして四位です。ケングリフィン氏、1400億円です。彼は有名なシタデルというファンドで2兆8000億円を運用しています。彼の独特な部分は現在の正確な株価を得る為に衛星通信を使ってトレードしています。彼は1990年にシタデルを立ち上げましたが、その前に1987年にハーバード大学の寮で投資を開始したという事で、それからサクセスストーリーを駆け上っています。彼は株を中心にトレードしていますが、ある専門家によるとアメリカ株の株価を操る程の大きな金額の株を持ってトレードしていると言われています。

彼の個人資産は9000億円ということです。五位です。レイダリオ氏です。900億円です。皆様もご存知だと思いますがブリッジウォーターアソシエイツを運用しています。このブリッジウォーターは世界最大のヘッジファンドで16兆円を運用しています。恐ろしい金額です。彼は1975年ハーバード大学でMBAを取得した後、ニューヨークの2ベッドルームの小さなアパートでファンドを立ち上げました。現在は世界最大のヘッジファンドになっています。彼のファンドはここ数年パフォーマンスに苦しんでいます。彼は一応第一線を退いていますが、ブリッジウォーターの中でアドバイス的な立場にいるようです。個人資産は1兆7400億円です。そして同じく五位ですがイスラエルエングランダー氏で900億円です。彼はミレニアムマネージメントというヘッジファンドを運用しています。1989年に35億円の運用を開始しましたが、現在は3兆5000億円を運用という事で、現在までに1000倍のお金を運用しています。

ポーランドからの移民の末裔という事でアメリカンドリームを掴んだ一人です。個人資産は6000億円になっています。七位、ダニエルロエブ氏です。750億円で彼も有名なサードポイントというファンドを運用しています。1兆7000億円を運用しています。彼の特色は最近多くのヘッジファンドが苦心をしている中でサードポイントは安定した利益を上げ続けているという事です。個人資産は3200億円です。これからも更に良い安定したパフォーマンスが期待されるヘッジファンドマネージャーです。今は1位から7位までトップヘッジファンドマネージャーの昨年の年収をお伝えしました。信じられない金額の年収、これがヘッジファンドマネージャーの世界です。今回の動画ですが昨年のトップヘッジファンドマネージャーの年収が凄まじい年収でした。特にトップ25人のヘッジファンドマネージャーの年収の平均は615億円という事で、2016年と比べて40%上昇したというヘッジファンドマネージャーにとっては素晴らしい年が2017年だったという事です。我々個人FXトレーダーもこういった世界を1つの目標として遥か彼方ですがあるという事で目指して我々も頑張って行ければと思っています。もしこの動画が皆様に少しでもお役に立てたと思って下されば、下にあるいいねをクリックして頂けると大変有難いと思います。私の励みになります。ありがとうございました。長谷川でした。