レジエンド・ジムロジャーズ氏がAIトレードに乗り出した!

↑↑↑ 応援ポチのご協力よろしくお願いします。

動画説明

先物投資界のレジェンド、ジムロジャーズ氏

1970年代、ジョージソロス氏と共に始めた「クオンタム・ファンド」は、S&P500指数を遥かに超えるパフォーマンスを記録し、当時のトレードの常識を変えたと言われる。

その後、ロジャーズ氏は、「ロジャーズ・インターナショナル先物インデックス」を立ち上げ、1998年8月から12月の期間に140%を超える利益を出した。

そのレジェンドであり古老のジムロジャーズ氏が、AIトレードの世界に足を踏み入れたのだ。

●<引用について>

引用元記事: Jim Rogers is the latest aging investing guru to launch an ETF programmed to trade like them
引用URL: https://www.cnbc.com/2018/06/21/jim-r…

引用元記事: The Rogers AI Global Macro ETF, Ticker: BIKR Launches
引用URL: https://www.businesswire.com/news/hom…

引用元記事: Jim Rogers Launches Artificial Intelligence ETF
引用URL: http://www.etf.com/sections/daily-etf…

動画書き起こし

皆様こんにちは長谷川です。常勝FXをご覧頂きありがとうございます。今回の動画は、レジェンド、ジムロジャーズ氏がAIトレードに乗り出した、という内容につきましてご説明致します。先物の投資界レジェンド、ジムロジャーズ氏です。彼の経歴は輝かしいものがあります。1970年代ジョージソロス氏と共に始めたクォンタムファンドはS&P500指数を遥かに超えるパフォーマンスを記録し、当時のトレードの常識を変えたと言われています。その後ロジャーズ氏はロジャーズインターナショナル先物インデックスを立ち上げ、1998年8月から12月の期間に140%を超える利益を出しました。そのレジェンドのジムロジャーズ氏がAIトレードの世界に足を踏み入れた訳です。今回はその内容につきましてご説明致します。投資界のレジェンド、ジムロジャーズ氏、彼は75歳になりました。彼のチーム、オーシャンキャピタルアドバイサーが6月21日ニューヨークにおいてロジャーズAIグローバルマクロETFを立ち上げました。これは世界の経済データを分析すると共に自己学習をするAIを使ってトレードをするファンドです。

かなり高齢のジムロジャーズ氏としては新しいテクノロジーAIの世界に足を踏み入れたという点がまず大きな注目点となっています。このロジャーズAIグローバルマクロETFですが、どのようにしてトレードをするかというと、1年半に渡る市場の動きを予測する為、マクロ経済のデータと連携した自己学習をするAIアルゴリズムによってポートフォリオを決定するアルゴリズムを持っています。同時に短期のマイクロサイクルを分析しながら投資対象を決定するアルゴリズムも取り入れています。最新のアプローチになっています。非常に多くの国39カ国の情報を分析して投資しているという事で、現在はブラジル7.15%、韓国4.17%、香港3.96%、メキシコ3.54%となっています。短期の国債への投資も24.65%とかなり大きな比重で行っているという事で、色々な分野の投資のチャンスを伺っているという、新しくコンピューター化されているアプローチになっています。

そしてジムロジャーズ氏は先物投資のレジェンドとして知られています。先物世界では彼の名前で色んなファンドが作られています。しかしETFにおいてジムロジャーズの名前でファンドが出されたのは初めての事であり、こういった点においてもかなり注目を集めています。ではETFというのは一体何なのでしょうか。最近かなり聞く言葉です。このETFというのはExchange Traded Fund の略で上場投資信託の事です。これはどういう事かというと、投資信託が証券取引所を通じて誰でも自由に売買出来るという最近出て来た新しい商品です。この場合ジムロジャーズが投資をする。そういったものに対して他の投資家達が証券取引所が開いている時間ならいつでもリアルタイムな値段で売買出来るという世界にジムロジャーズ氏が初めて入り込みました。これも非常に注目されている点です。これに対してジムロジャーズ氏が次のようなコメントをしました。インターネットとAIは世界の全てを変えてしまった。金融と投資の世界も変えてしまったと言っています。

今回立ち上げたロジャーズAIグローバルマクロETFもその変化に対応する為の挑戦であり自分達としては正しい方向に進んでいると確信していると言っています。75歳になっても新しい世界に挑戦するという意味では素晴らし前進だと思いますが、このように注目されているファンドETFがこれからどのように成長を遂げて行くのか。逆に失望を与えてしまうのか。かなり多くの方々が注目している状態です。今回の動画ですが6月21日ニューヨークでロジャーズAIグローバルマクロETFが開始されました。これは世界の経済データを分析すると共に自己学習をするAIを使ってトレードするファンドです。更にこれをETF(上場投資信託)として誰でも自由に取引出来るものにした訳です。この2つの点において現在レジェンドであるジムロジャーズ氏が動いたという事で、かなり注目されている情報を皆様にご紹介致しました。もしこの動画が皆様に少しでもお役に立てたと思って下されば、下にあるいいねをクリックして頂けると大変有難いと思います。私の励みになります。ありがとうございました。長谷川でした。