強いレジスタンスに押し戻されているドル円!

↑↑↑ 応援ポチのご協力よろしくお願いします。

動画説明

先週のドル円は、強いレジスタンスに押し戻されて非常に頭の重い状態でした。

先週は、重要指数の発表や米中貿易戦争の勃発など、色々なイベントがあったのですが、ドル円については、非常に鈍い動きで終わったのが先週の動きでした。

このような状況に対して、世界の市場から見たドル円の動きについて、アメリカ著名FXアナリストの1人であるジョン氏が説明をしています。

彼が強調している「世界の通貨を動かす鍵」についても説明をします。

●<引用について>

引用元記事: Trade War at the Stroke of Midnight, Dollar Interest in NFPs, Oil Turning
引用URL: https://www.youtube.com/watch?v=FgPki…

動画書き起こし

皆様こんにちは長谷川です。常勝FXをご覧頂きありがとうございます。今回の動画は世界の通貨を動かす鍵とは?という内容につきましてご説明致します。先週のドル円は力強いレジスタンスに押し戻されて非常に頭の重い状態でした。先週は重要指数の発表や米中貿易戦争の勃発など色んなイベントがあったのですが、ドル円については非常に鈍い動きで終わりました。これが先週の動きです。このような状況に対して世界の市場から見たドル円の動きについてアメリカ著名FXアナリストの1人であるジョン氏が説明しています。彼が強調している世界の通貨を動かす鍵につきましてもご説明致します。まずドル円日足を見てみましょう。先々週から申し上げていますように、このようなレジスタンスのトレンドラインが引けます。そして最近のこのサポートライン、そしてここに過去に何度か意識されている水平のサポレジラインがあると。先週においては過去にあった意識されている値に叩き落されて下落している。これがドル円の日足の動きでした。これが4時間足です。先程もご覧頂きました水平線です。

ここで一旦叩き落されて上昇してさっきあった下のサポートラインがレジスタンスになって落ちています。これが先週の動きでした。ドル円全体としては余り方向性のない動きになっています。これについてFX著名アナリストの1人であるジョン氏がどのような説明をしているのか。彼の声に耳を傾けてみたいと思います。ジョン氏というのはファンダメンタル的な要素、全世界の経済的な要素を絡めて通貨を分析するという非常に独特なアプローチをしています。まず彼が言っているのはS&P500です。米国の株価の代表の1つです。世界のマーケットの状況を見てみるとアメリカ株ですがS&P500の日足ですが、アメリカは7月4日に独立記念日がありました。大きな休日があった訳です。それが水曜日です。どちらかというと市場は余り反応していない状態です。ここにもありますように最近のサポートに跳ね返されて上昇している。そういった形のS&P500、株価の動きです。これがアメリカの大きな動きです。そして彼はヨーロッパの株にも目を向けてみましょうという事で欧州の代表であるDAX、ドイツの株価指数で日足です。

最近の動きを見ると、ここです。こういったサポレジの意識されている値の所で一旦落ちてここにあったサポートを切り下げて落ちました。ところが長いスパンで見たサポートでここで跳ね上がっていると。こういった形の動きという事で、アメリカ株と比べてみてもサポートで跳ね上がっているという意味においてはアメリカ株と似たような動き、これがヨーロッパ株の動きでしたという事です。又アジアに行くと、アメリカ株に影響を与えるのが上海総合指数、中国の株の動きです。ここに長いスパンのサポートがあります。このサポートを切って数週間ずっと落ちています。このような弱い中国株の動きですが、これが影響が違うと彼は言っていますが、このように過去に中国株が落ちるとチャイナショックと言われるアメリカ株を中心にして世界の株安を発生させていたのが今までの中国株の動きでした。

今回中国株の下落に関してはアメリカを中心とした世界の株は余り神経質に反応していない。これが現在の中国株が世界に与えている影響と言ってもいいと彼は言っています。そしてアメリカの国債10年物の動きです。ここに過去にあるようなレジスタンスに当たって落ちています。そしてその下にはこういったサポートがあると。そこまでは落ちていない。この中で三角形のフラッグのような形の中で動いている。こういったアメリカ国債10年物の動きだったという事です。ファンダメンタル的に見て全世界の動きを見てみるとという事でマーケットを動かす要素としては余り大きな要素が無いと。逆に言えばマーケットを動かす要素としてはアメリカの金融政策の動向、アメリカを中心にして始まった貿易戦争の激化、この2つが大きな要素であるという事です。この2つですが、世界中の市場を激変させるような大きなインパクトは与えていない。もう織り込み済みであるように見える状態だという事です。その奥にはアメリカ経済の力強い伸びという根本があるから、このように余り大きく影響を受けていないように見えるという事です。

ダウの日足に戻りますと最も市場に影響を与えているのが貿易戦争であるという事です。しかしアメリカの力強い経済の状況。それに関わる貿易戦争の影響がある為、ダウを見るとサポートラインに支えられていると。そこまで落ちて跳ね返っているように見えるという事です。ダウジョーンズの月足を見てみると長期で見ると非常に力強い上昇を見せています。いつ株価の調整、暴落が起きるか分からない。いつ起きてもおかしくないと。そういった状態がダウの状態だという事です。そういった事を頭に入れて日足に戻ると先週金曜日ワシントン時間、午前12時1分に中国からの輸入品に関税がかかるといった米中の貿易戦争勃発。それによって重く抑えられています。先程申し上げましたようにアメリカの経済が好調であるがゆえにここのサポートで跳ね返されていると。そういった駆け引きのように動いているという事です。そして米ドルと中国元の動きです。この貿易戦争にいち早く反応したのはやはり米ドルと中国元。この通貨ペアであるという事です。

このように水平線のようにサポレジゾーンがありますが、この中国元は米ドルに対して急に弱くなっているという事です。中国元が非常に弱いという事で過去この辺、2017年10月の辺りが非常に上昇しています。中国経済のあらゆる分野、輸出、製造業、投資など全ての分野において非常に悪影響を与える事が予想されるという事で、このように中国元が売られている状態だと。非常に大きな動きの1つであるという事です。彼が注目しているのは米ドル指数です。ドル円を含めた世界の通貨に影響を与える米ドル指数の日足です。ここです。上に存在しているレジスタンスがあります。そしてこれに跳ね返されて押し返されて下落しているという事です。そして非常に頭が重いという事です。そして更に下にあるサポートラインですが、これを少し切っている状態という事です。そしてこのチャートから見るとグッと落ちるように見えるという事です。米ドル指数が今後下落する為にはそれを後押しするファンダメンタル的な要素が必要であると彼は言っています。

今のファンダメンタル的な要素としては貿易戦争による経済の鈍化が予想されるという事です。もしこのような状況が起きればこの米ドル指数は更に下落して行くと思われるという事です。しかし今市場がこの部分に大きく注意を払っているとは言えない状態だという事で、ポイントとしてはあらゆる通貨ペア、ドル円も含めてですがそれに大きく影響を与える。この米ドル指数の動きを無視して色んな通貨の今後の動きを考える事が出来ない。それ程今米ドル指数の動きが非常に重要になっているという事です。この米ドル指数の動きにしっかり注目するという事が今本当に重要な時だとジョン氏は強調しています。そしてドル円日足です。米ドル指数が非常に頭が重い状態です。それと同じようにドル円についても非常に頭が重い状態だと彼は言っています。このドル円ですが上に大きなレジスタンスのラインが引けると。さらに長期で見ると更に上に大きなレジスタンスがあるという事でこの2つの大きなレジスタンスが重くのしかかっているように見えるのがドル円の動きだという事です。

特に最近このレジスタンスに押し戻される。過去にも水平線ですが何度か意識されている水平線があると。この2つのレジスタンスに押し戻されている。そして下落しています。更にもう1つ彼が言っているのは日本円は国際的な緊張が起きた時など安全通貨として見られているので、貿易戦争の激化、その他の国際緊張、そういった場合下落が起きる可能性も考えないといけないという事です。非常に頭が重いドル円の動きです。今後この動きを見るためにも米ドル指数の動きについて我々は注意を払わないといけないとジョン氏は結論付けています。彼の分析を紹介致しました。毎週言っておりますがこのように著名なFXアナリストと言いましても彼らの言う事が100%正しいという事では決してありません。しかし彼らの分析が皆さまのお役に少しでも立てればと思いましてこの動画を作成しています。ドル円の日足に戻ります。ジョン氏も言っているように非常に強いレジスタンスライン、過去に何度も意識されている水平線も重いという事で、これに押し戻されていると。

これがドル円の先週の動きです。4時間ですがはっきりと意識された所で叩き落されています。更には最近のサポートでレジスタンスで落ちています。そういった形になっているのがドル円の動きです。ジョン氏も言っていますがドル円の動きを今後見る為にも米ドル指数の動きも注意しないといけないとジョン氏は言っています。もしこの動画が皆さまに少しでもお役に立てたと思って下されば、下にあるいいねをクリックして頂けると大変有難いと思います。私の励みになります。ありがとうございました。長谷川でした。