力強い上昇を見せたドル円。この先はどうなるのか?

↑↑↑ 応援ポチのご協力よろしくお願いします。

動画説明

先週のドル円は(予想に反して?)非常に力強く上昇をしました。

上に存在していたトレンドラインのレジスタンス。水平線のレジスタンスも打ち破っての上昇でした。

さて、これから、この力強い上昇が続いてゆくのか。

このドル円の将来の動きについて、テクニカル的な面とファンダメンタル的な面の両面から、アメリカ著名FXアナリストの1人であるジョン氏が説明をしています。

先週の彼の分析・予測は、少し違っていましたが、今回は、どのような分析をしているでしょうか

●<引用について>

引用元記事: The Case for Fading the Impressive USDJPY Breakout
引用URL: https://www.youtube.com/watch?v=EB7kR…

動画書き起こし

皆様こんにちは長谷川です。常勝FXをご覧頂きありがとうございます。今回の動画は、今後もドル円の力強い上昇は続くのか、につきましてご説明致します。先週のドル円は予想に反して非常に力強く上昇しました。上に存在していたトレンドラインのレジスタンス、水平線のレジスタンスも打ち破っての上昇でした。これからもドル円はこの力強い上昇が続いて行くのでしょうか。このドル円の将来の動きについてテクニカル的な面とファンダメンタル的な面、この両面からアメリカ著名FXアナリストの1人であるジョン氏が説明しています。先週の彼の分析、予想は少し違っていました。今回はどのような分析をしているのでしょうか。これにつきましてご紹介致します。ドル円の日足を見てみましょう。ここです。先週ですが非常に力強く上昇しています。このように上にあるレジスタンスのトレンドラインを突き破って上昇しました。ここにある意識されている値も突き破っての上昇。先週の後半です。非常に力強く上昇していた。これがドル円日足の動きです。

これが4時間足です。ここにありますように下にあるサポート、上に先程のレジスタンスがありますが、それを先週はこのサポートがレジスタンスとサポートになりながら先週の後半に力強く上昇したという動きをしたのがドル円の先週後半です。これに対して著名FXアナリストの1人であるジョン氏のドル円についての分析を紹介したいと思います。まず彼が見せているのがドル円日足です。特にこの上昇について彼はこのような表現をしています。先週のドル円の動きに関してはファンダメンタル的な面を無視したような動きになっていました。そこで今回はテクニカル的な面を大いに入れて分析してみたいと思うと彼は言っています。このドル円日足ですが、ここに中期のサポートラインがあります。そして上にはレジスタンスラインがあります。先週はこのサポートラインできちんと跳ね返って上昇しました。そしてこの上にあったレジスタンスラインを抜けての上昇です。そして気を付けないといけないのが上にあるレジスタンスです。

ここに今先週末のドル円の値が来ているのも気を付けないといけないと彼は注目しています。そしてドル円日足をもう少し長期で見てみます。過去に何度か意識されている水平ラインがあります。これが大体111.5ぐらいのサポレジラインです。これを抜けて上昇している。ここにあるレジスタンスも抜けていると。これが先週のドル円の力強い上昇だという事です。ドル円日足を更に長期で見てみると約3年間に渡っての非常に強いレジスタンスがあります。そのレジスタンスも一旦このように上抜けをしています。先週のドル円の動きは独特な動き、意味ある動きであったという事です。もう一度日足に戻るとこの部分です。非常に長い期間続いていたレジスタンスを上抜けしています。これは非常に大きな意味のある事であったという事です。このドル円の上昇がこれからもどんどん続いて行くかについては我々は慎重に分析しないといけないと言っています。まず第一ポイントとしてはアメリカドルがどのように動くのか。当然ドル円の動きに大きく影響を与えるという事です。そこでこの米ドル指数を見てみましょうという事です。

米ドル指数ですが先週はここにあったサポートラインで跳ね返されて上昇した。これが1つドル円が上昇した要因になったという事です。しかし米ドルが今後もどんどん上昇して行くかどうか我々は慎重に考えないといけないという事で、ファンダメンタル的な部分としては貿易戦争という事です。米中だけでなくヨーロッパに対しても日本に対してもアメリカは貿易的な問題を吹っかけているという事です。それが今後どのようにアメリカ経済に響いて行くのか。もしこの貿易戦争がアメリカ経済に悪影響を与える事になるとFRBも金利を上昇するのを控えなければならない状況も考えられるという事です。勿論物価が高くなれば金利は上昇して行く訳ですが、この経済がどのように動いて行くのか。もし万が一金利引き上げが難しいとなると当然米ドル指数の上昇も抑えられると。そういった不確かな部分があると。それによって米ドル指数が今後も順調に上昇するのかどうかに関しては不明な点があるという事で、先週末少し陰線が出ています。それも彼は気にしています。

その次、ドルの面だけでなく日本円ですが、彼は時々こういったチャートを使います。日本の株を基準にしたドル円の動きという事です。ドルにしても円にしてもそうですが、それぞれの国の経済状況が通貨の強さに現れてきます。その国の経済の状況を見るのにその国の株の動きを考慮しないといけないという事で、彼は時々このようなチャートを使う訳です。そしてこのチャートというのは非常に面白くて、日本株を基準にしたドル円ですが、レジスタンスとサポートがかなり上手く判断出来るという事で、ジョン氏はこのようなチャートを時々使います。日本円のファンダメンタル的な事ですが、日本というのは世界で一番まだ金融緩和政策を取っている国という事です。金利が非常に低いという事です。当然ファンダメンタル的に言えば日本円が弱くなると思われるんですが、一方安全通貨として日本円を買うという現象が起きています。何かあった場合日本円が強くなります。このような状況の中でこのチャート、日本株を基準にしたドル円の動きを見てみるとここにあるレジスタンスが気になると彼は言っています。

先週ですがこのように日本株を基準にしたドル円がグッと上がっています。ところがここのレジスタンスに突き当たっているという事です。過去このレジスタンスまで突き当たった場合落とされています。ここで又落とされる可能性も十分考えないといけないという事です。勿論上に抜けて行くという事もありますが、ここで叩き落される可能性も非常に強いです。ドル円日足に戻ってみましょうという事です。このドル円が先程申し上げましたように長期で見たレジスタンスを上に抜けたという事は非常に大きな意味があったという事です。しかしこの上昇トレンドがずっと続くというのは現時点では考えにくいのではないかとジョン氏は言っています。もしこの上昇が続くならそれなりのファンダメンタル的な要素、原因がしっかりと見られないといけないという事ですが、それは今のところ弱いという事です。勿論こういった上昇が続くのも考えられますが、ドル円の先週の上昇はスパイクと彼は言っていますが、一時的に伸びてちょっと下落して行く。

そういった事も我々としては考えないといけないという事で、上にもう1つサポレジゾーンが存在しています。この存在というのも我々は考えないといけない。ここまで上昇して落ちて行くのも考えられる。今の値もここにある意識されている値上にあるという事で非常に複雑な状況にドル円があるという事です。トレーダーとしましては慎重にポジションを持つ必要があるというのが彼の分析です。非常に有名なFXアナリストですがジョン氏の言う事が100%当たっているとは言えません。彼の分析が皆様のトレードに少しでもお役に立てればと思いましてこの動画を作成しています。ご理解頂きたいと思います。ドル円日足に戻ります。このように先週グッと上昇したドル円です。しかし意識されている値上にあるという事。そしてこのドル円を更に上昇させるファンダメンタル的な要素は弱いとジョン氏も言っています。我々としましてもドル円をトレードするなら慎重にポジションを持つ事が必要だという事です。4時間足です。

先週のドル円ですが最後の部分で少し落ちています。米ドル指数も落ちているように、このように落ちているという事で慎重にトレードして行きたいと思っています。もしこの動画が皆様のお役に少しでも立てたと思って下されば、下にあるいいねをクリックして頂けると大変有難いと思います。私の励みになります。ありがとうございました。長谷川でした。