FXで稼ぎたいのなら極力、自分にストレスを掛けないこと!

↑↑↑ 応援ポチのご協力よろしくお願いします。

動画説明

常勝FXをご覧の皆さん

こんにちは木南です。

いつも動画をご視聴頂きありがとうございます。

「成行きなのか指値なのか?」というテーマでお話しさせていただきます。

エントリーやエグジェットを
成り行きで行っている方も
指し値で行っている方も
両方を臨機応変で行っている方も
おられると思います。

私の場合
エグジットの損切りに関しては完全に指値でしています。

以前ローソク足を大幅に割って損切りになる事に大きな恐怖心がありました。
しかし
指値にすることにより、損失を受け入れることが出来るようになりました。

損失を受け入れられない時は、メンタルがめちゃくちゃに揺れていました。

エグジェットの利食いに関しては、
指値で行っていますし、スウィングは裁量で利を伸ばすことがあります。

利食いに関しては、メンタルは揺れないので指値と成行きの両方を使っています。

エントリーの利食いに関しては、水平線の場合は完全に指値を入れておきます。

スウィングの場合は、成り行きにしています。

自分に合っている方法は、一番自分が安心してやれるやり方
に落ち着いています。

現在のやり方で、メンタルがソワソワするようなやり方をされている方は、
もしかすると自分に合っていない可能性がありますので
他のやり方を試してみるのも良いと思います。

動画書き起こし

常勝FXをご覧の皆さん、こんにちは木南です。いつも動画をご視聴頂きありがとうございます。この動画をご視聴になって頂いている皆様、エントリー、エグジットは指値で行っているでしょうか。それとも成行で行っているでしょうか。色んなトレーダーの方がいると思います。両方共成行で行っているという方もいると思いますし、両方指値を使っている方もいると思いますし、臨機応変に使い分けているという方もいると思います。今回の動画では成行なのか指値なのかというテーマでお話させて頂きます。私の場合どうなのかと考えると、まずエグジットから考えて行きます。エグジットは利食いなのか損切なのか。大きく分けるとこの2つのパターンに分かれると思います。損切に関しては完全に指値で行っています。何故かというと、かつては損切を成行で行っていた時期も少しだけありました。その時期は長期トレンドフォローから5分足のスキャルに転向した時期でした。その当時使っていたルールですが、買いエントリーをしたとしてMAが買った価格の下に走っていたとします。

そのMAを5分足の確定で割ったら損切というルールを使っていました。でも5分足のローソクがそのMAをどれだけ割るかは5分足が確定していないとわかりません。5分足が確定するまで2分あったとして、その2分の間に少しだけMAを実体で割って損切になるパターンもありますし、大幅に割って損切になるパターンもあると思います。私の場合大幅に割って損切になるという事に対して凄い恐怖心があったんです。指値にすると、損切ポイントをここに設定すると決めてそこに指値を置くと、エントリーした時点で損切までの距離が分かるので、今回のトレードはマイナス何pipsで金額的にはこれぐらいのマイナスになると。でも指値する事によって私の場合はその損失を受け入れる事が出来ていました。でも一時期成行で損切をしていた時は、足の確定までいくら負けるか分からないというのがあったので、損失が受け入れられませんでした。足が確定した時点でようやく損失が決まったので、MAを割ってもどこで足が確定するか分からない。

損失がどれだけになるか分からないという部分があったので自分の中では損失が受け入れられない=メンタルが滅茶苦茶揺れていたので、こういった経験から今はエグジットの損切に関しては完全に指値で行っています。利食いに関してはデイトレもやるしスイングもやりますが、デイトレに関しては基本的には水平線を使っていますので、利食いに関してはエグジットも指値で行っています。スイングについては裁量で利を伸ばすパターンもありますので、スイングは指値もたまに使う時もありますが成行で利食いを行う事もあります。今までの経験上長期トレンドフォローのトレードをやっていた時は利食いは成行で行っていたので、そういった経験からも利食いは成行で行ってもメンタルが揺れないので、利食いは指値と成行を使い分けています。続いてエントリーに関してもエグジットの利食いのパターンに似ていますが、水平線の場合は完全に指値を入れておきます。ここに抵抗線があるとかそういった判断のラインを引いたとします。

そこまで価格が来たらエントリーしようという判断になるのでエントリーに関しては水平線の場合は指値。スイングの場合はどちらかというとほぼ完全成行です。かつて行っていた長期トレンドフォローのやり方を少し期間を短くした売買ルールを今は作り上げていますので、今現在はエントリーに関してはスイングの場合は成行です。水平線を使ったデイトレの場合は指値でやっています。何故こういったやり方に落ち着いたのかというと、一番自分が安心して出来るやり方なんです。冒頭に申し上げたように損切は指値を入れないと自分自身安心出来ないので必ず指値を入れるようにするとメンタルが安定すると。利食いに関しては成行で伸ばすパターンがあるし、成行でやってもメンタルが揺れないので成行も使いながら指値も使っていると。このやり方が私自身には一番合っているから今のところはこんな感じでトレードしています。結局これも自分に合っている方法が一番やりやすいです。自分に合っている方法は一番安心して出来る方法だと思っていますので、この動画をご視聴の皆さんも色んなパターンをお使いだと思います。

エントリーは成行だとかエグジットは成行だとか、その反対のパターンもあると思います。今ご自身が安心して出来るやり方に落ち着いていると思いますので、今のやり方でメンタルがソワソワする感じになっている方は今やっているエントリー、エグジットのやり方が指値なのか成行なのか分かりませんが、自分には合って無い可能性がありますので、そうであれば他のやり方を試して頂くのもよいかと思います。今回は成行なのかそれとも指値なのかというテーマで私の経験上の話を踏まえながらお話させて頂きました。今回も最後まで動画をご視聴頂きありがとうございました。又次回の動画でお会いしましょう。失礼致します。