2016年 永井翔のFXテーマは『鈍感力』

↑↑↑ 応援ポチのご協力よろしくお願いします。

動画説明

バック背景がイヤらしかった動画はこちらです(笑)
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
『7000億円規模のヘッジファンドのマネージャーに招待されました!』

こんにちは、永井です。

新年明けましておめでとう御座います。
今年も1年、共に相場の世界で戦っていきましょう!!

そして、私が決めた2016年のFXテーマはこちらです。

『鈍感力』を鍛える!

やはり、FXを行っていきますと少なからず情報が勝手に入ってきます。
その入ってきた情報に惑わされることなく己の中から排除していかなくてはなりません。

その為には敏感な心を持ちながら鈍感力を鍛える必要があります。

相場から情報を素早く読み取る敏感な思考を養いつつ
勝手に入ってくる情報達を撥ね退けて行かなければ

気付かないうちに今までのスタイルが変化してきますからね・・・

良かったら皆さんも2016年のテーマは

『鈍感力』を鍛えてみましょう!

動画書き起こし

皆さん明けましておめでとうございます。うちのファンドトレーダーのマサ、ワイン、龍司がいろんな動画を配信して、ラジオとかケタケタ笑いながら僕自身も聞いています。普段滅多に他のトレーダーの考え方を入れることはなくなりました。何故かというとそれをやって、情報過多になって、自分のトレードスタイルが乱れたことがあったので、今まで封印してましたが、うちの弟子たちが話してるのを客観的に聞いて一人でトレードしながら相場を見ながら笑っていました。3人共相場に対してひた向きでかなり優秀で、僕自身下手したら抜かれるのかもということで、頑張らないといけないと思いますが、これ以上僕自身が情報を入れても、前の動画で言ったように、地球を一周回るような感じになってしまうので、僕はスタイルが固まっているので、いろんなトレーダーの話しを聞けて楽しかったです。

皆さんも良い所は抜き取って、くれぐれも自分のトレードスタイルは乱されない様にして下さい。取り入れる部分はどんどん取り入れて成長して行って下さい。新年なので僕を楽しみにしている皆さんがもしかしたらいるかと思いまして、久々にホワイトボードを使って、今日は昨年の反省をして行こうと思います。前回の動画で一つ言いたいのは、700億規模のヘッジファンドマネージャーにお会いしましたけど、客観的に見てバック背景がいやらしかったかなと思いました。あれは僕の世界ではなく、規模が違いすぎてピンと来ませんでした。僕もまだまだ三流だなと突きつけられて、もっと上を目指したいとさらに燃えてきました。2016年も皆さんと共に頑張って行きたいと思います去年の僕自身の反省点ですが、皆さんに言っていました情報過多ですが、情報を見るなと言っていても、教える立場でもあるので、どんどん良い情報をインプットしないといけないというプレッシャーもあり、インプットした結果、やはり良くないなと思いました。

トレードスタイルは乱されなかったですが、入れた分捨て去っていくのって結構面倒くさいです。今年のテーマは自分の中で決めました。鈍感力、僕のテーマです。皆さんも今年一年このテーマを持ってやっていこうというのを決めて欲しいです。鈍感力とは何なのかというと、いろんな情報をインターネットに書き込む人がいます。情報過多につながっていくので皆さん多分迷われると思います。いかに情報は見ないか。FXはシンプルに考えて下さい。今年一発目なので皆さん脳ミソが重くなってるかもしれないので。必ず一つのテーマとしてFXというのはPipsを積み上げるゲームです。僕は去年3700Pips取りました。ですがやることは今年も一緒です。Pipsを年間で積み上げて行く。これだけです。難しいことはないです。7000億のファンドマネージャー、ファンドトレーダー、いろいろいました。外人ですが。あの人達もPipsベースで見ると年間で3000から4000Pipsヘッジファンドで取ればスーパートレーダーです。結局張ってます。これを1千万通貨、1億通貨いってるのがヘッジファンド。ただ、やってることは皆さんもヘッジファンドのトレーダーも一緒です。

もし迷えばここに戻って下さい。Pipsを積み上げるゲームです。これを言い聞かせていけば、迷うことはなくなってきます。シンプルにいかに単純に考えるか。今年一年間情報を見ずにマーケットと向き合って愚直にやれるトレーダーというのは少ないです。今まで見てきましたが。必ず情報を排除して僕のメッセージを聞きたかったら、僕だけを見てくれたらいいと思います。情報は絶対に入れない。これさえできれば皆さんも必ずシンプルに考えれるし、迷う必要はなくなってきます。2016年Pipsを積み上げるゲームだということをテーマに、共に相場で戦って行きましょう。本年もよろしくお願いします。それでは失礼します。