【常勝FXラジオ】FXなんて大嫌いだ!トレードするもんか!!・・・Vol.136

↑↑↑ 応援ポチのご協力よろしくお願いします。

動画説明

第136回目の常勝FXラジオは

「トレードをしたくないと思う時と、その対応」

をテーマにお話しようと思います。

それでは、すたろん・長谷川・なおみの3人に

「トレードをしたくないと思う時と、その対応」についてお話してもらいましょう。

動画書き起こし

 長谷川:皆様こんにちは長谷川です。常勝FXラジオをご覧頂きありがとうございます。今日は、すたろんさんとなおみさんのお二人をお呼びして3人でお届けしたいと思います。皆様どうぞお入りください。
すたろん:こんにちは、すたろんです。
 なおみ:こんにちは、なおみです。
  全員:宜しくお願いします。
 長谷川:実は私、気が付いてるかわかりませんが声が枯れているんです。
 なおみ:風邪ですか?
 長谷川:風邪ではなくて仕事でプレゼンテーションを数日何時間もしていて。さすがに声が枯れました。
 なおみ:マイク使ってないんですか?
 長谷川:プレゼンテーションでマイク使うんですけど、お客さんを引き付ける為に、アメリカって興奮状態にしないと人が聞いてくれないんです。身振り手振りみたいな感じで興奮させる形でやらないと。英語でやるんだけどネイティブイングリッシュスピーカーではないので興奮しないといけなくて。それで声が枯れてるんです。ダミ声ですね。疲れたりしてると仕事休みたいなと思いながら。出張が多くて。皆さんも仕事していたり学校の時に勉強しないといけなかったりしますよね。そういう時に嫌だなと思う事って無いですか?
すたろん:朝起きようと思った時点で面倒くさいと思ってますからね。仕事や勉強に限らず朝起きる時点で面倒くさいですからね。
 長谷川:すたろんさんのイメージって朝日と共に起きて夕暮れと共に寝るという大自然の中のイメージですね。なおみさん、そういう感じするでしょ。
 なおみ:そういう感じしますね。
すたろん:朝面倒くさいですね。起きてしまえば大丈夫なんですが。起きるまではベッドの中でモゾモゾしてますね。
 なおみ:もしかしてすたろんさん血圧低いですか?
すたろん:私少し低めですね。
 なおみ:低血圧の人って朝が苦手って言うじゃない。
すたろん:言いますね。周りの人に比べると少し低めだと思います。
 長谷川:朝起きるのが遅いと猪が襲いかかって来るイメージですが。
すたろん:起きる頃には猪もどこかに行ってると思いますけどね。
 なおみ:猪って夜行性でしたっけ?
すたろん:夜行性なんです。夜になるとウロウロしてるんです。
 長谷川:もしかしてすたろんさんの猪の波動を受けて夜行性になってるので朝遅くなってるとかそんな感じですか?
すたろん:なるほどねって、そんな事ないです。そんな影響は受けたくないですね。
 長谷川:なおみさんって仕事とか勉強とかしたくない性格じゃないですか?
 なおみ:学生の頃は勉強したくないと思ったらしなかった。試験の前でもしなかった。白紙で出した事ある。
 長谷川:よくそれで卒業出来たね。
 なおみ:白紙で出した事がありましたね。駄目だと思って明日は白紙で出すしかないと思って。
 長谷川:白紙で出してその後バイクに乗ってツーリングに行ったとか?
 なおみ:学生なんですからバイク乗ったら暴走族じゃないですか。不良じゃないですか。
 長谷川:なおみさんのイメージとしてバイクでサーキットというイメージよりはバリバリマフラーを改造して湘南の海をならしていたイメージですが私の思い過ごしでしょうか。
 なおみ:そうです。それは長谷川さんの思い過ごしです。
 長谷川:失礼致しました。自分でイメージを作っていました。
すたろん:かなり悪いイメージですね。
 なおみ:社会人になったら仕事したくないからって投げ出す訳には行かないからね。出来ないとは言いますけどね。
すたろん:言っちゃうんだ。
 なおみ:言っちゃう。上司に出来なければ出来ないって言っちゃう。
 長谷川:だからなおみさんって日本にいると敵が多かったんじゃないの?
 なおみ:私日本で働いた事少ししかないんです。しかも日本の企業ではなかったので日本人のサラリーマンが集まってる所で働いた事が無い。
 長谷川:それはなおみさんの性格上凄くラッキーだと思いますよ。
 なおみ:どういう意味?知ってる人とか友達とかこっちの日本人の同僚とかいると、なおみさんは日本では働けないねってよく言われる。
 長谷川:私はもっと思いました。日本で生きていけない。働けないどころか生きていけない。
 なおみ:生きていけないってどういう意味ですか?
 長谷川:合わないでしょ。日本の風土に。
 なおみ:そうですか?
すたろん:今日はガンガン攻めますね。
 なおみ:私はどちらかというと凄く日本っぽいと思ってますけどね。自分では。
 長谷川:なおみさんお一人がそう思っているかと。普段の生活で勉強だとか仕事でやりたくないなと思う時。なおみさんみたいに白紙で出すという事もあるかもしれません。トレードを我々はしていますのでトレードをしたくないなと思う時って皆さんそれぞれあると思うし、そういう時にどんな対応をするか。止めるタイプかトレードだからやるとか、そんな状況になる事って無いかなと思って。皆さんどうですか?すたろんさんはトレードしたくないと思う事ってありますか?
すたろん:これからチャンスが来そうな時、これから指値を置こうと思っている時に睡魔に襲われる時が極まれにあるんです。眠い時に頑張って運転している事って無いです?少し休めばいいのに眠いのに無理して運転する事ってしょっちゅうあるんです。ああいう感覚で必死で指値を入れようとしている自分がいるんです。それはいい結果にならないというか。数字を間違えて入れたりとか過去に何度もあったので。そういう時はなるべく自分が気が付いたらちゃんと止めるようにしているんですけど。でも一生懸命入れようとしている自分が未だにいますね。止めればいいんですけどね。
 長谷川:欧州だから午後4時とか5時でしょ?
すたろん:午前中に力仕事とかして一旦シャワーを浴びて食事してパソコンの前に座るでしょ。そうするとある程度すっきりしているんです。汗を流した、食事もした、シャワーも浴びた。お昼寝の準備がそこで揃っているんです。眠くなる準備が揃ってるんです。
 なおみ:それお昼寝じゃなくてお夕寝になるんじゃない?
すたろん:お夕寝ですね。一旦落ち着いたみたいな環境が整うと眠くなったりするんです。緊張してる糸が切れるというか。これからトレードなんだから緊張しろという話ですけど。力仕事が終わって食事してその後シャワーでしょ。やっぱり眠くなる事が多いんですよね。そういう時に指値入れようとしていると睡魔に襲われる事が未だにあります。これはやっては駄目なんだと自分で気が付くとそういう行動は控えますけど、それでも一生懸命指値を入れようとしている自分がいるのでそこはどうにかしたいと思っています。
 長谷川:そういう時はトレードを一旦止めるの?それともコーヒーか何か飲んでやるの?
すたろん:一生懸命そのままやってる事が多いですね。小数点間違えたりとか。小数点の位置を間違えてるから指さらないんですけどね。指値が離れてるから全然指さらないんです。どうすればいいんですかね。眠い時に無理やり運転しているような感覚って。
 長谷川:農作業をし過ぎない方がいいんじゃないですか?
すたろん:ほどほどでやめろっていう事ですよね。
 なおみ:人間も動物と一緒で食物が入ると眠くなるんじゃない?動物が食べるといつもゴロンとしてるでしょ。あれって体質なんじゃないかと思う。私も食事するとやっぱり眠くなりますもん。
すたろん:ほどほどにしておけばいいという事ですね。
 なおみ:お腹空きすぎてもイライラして良くないけど。スナックぐらいにしておけばいいんじゃないですか?トレードする時間帯までは。終わったら食事する。すたろんさんは日本時間の夕方でしょ。少しご飯を遅くするとか。
すたろん:御飯を少な目にして眠くならないようにします。
 長谷川:なおみさん凄く女性的な柔らかく優しいアドバイス素晴らしいですね。
すたろん:今日のなおみさんは女っぽくていいですね。
 なおみ:それ何ですか。
すたろん:普通にいいなと思いました。
 長谷川:私もなるほどと思って凄いなと思いながら聞いてました。
 なおみ:そうですか。たまには女らしく。
 長谷川:これからエンジェルなおみって呼ぼうかな。
 なおみ:そうして。そしたらいつもニコニコしてるから。
 長谷川:エンジェルなおみさんってどんな時にトレードしたくないって思いますか?
すたろん:何か気持ち悪いですね。
 長谷川:今までアメリカ人相手に色々英語でガンガンやってたから。こんなノリだとアメリカ人乗ってくれないので。
 なおみ:何か今キューピーちゃんの顔がイメージ的に浮かんできたんですけど。
 長谷川:アメリカ人を引き付ける為にはジョークでも何でもやらないといけないから。その雰囲気に今なってるから。日本人には長谷川今日気が狂ってると思うかもしれない。聞いてる人不快感与えたらごめんなさい。アメリカで生きて行く為に頑張ってる長谷川です。ところで話を戻しましょう。トレードしたくないと思う時、なおみさんありますか?
 なおみ:ありますよ。どういう時って言われても困るけど、したくない時ってある。そしたらしない。
すたろん:さっきの仕事と一緒ですね。
 なおみ:何か月も続く事もある。面倒くさくなるの。面倒くさいと思うと興味が無くなって全くチャートも開かないし。何か月も続く時もあれば数日間の時もあれば数か月、半年とか。
すたろん:自分の得意な相場ではないのが続いた時という意味ではなくてなんとなく面倒くさいという感じですか?
 なおみ:面倒くさい。そういう時って無いですか?何でも面倒くさくなるの。私だけかな。
すたろん:今シーンとなりましたけど。
 なおみ:歩くのも面倒くさいし会社行くのも面倒くさい。
 長谷川:それはトレードと言うよりも人生が面倒くさくなったという。
すたろん:長谷川さん、そこなんですか。
 なおみ:人生ってそこまで行かないけど。そういう時は自分がトレードしたくなるまでしない。
すたろん:そういうのって大切かもしれないですね。
 長谷川:心身ともにしっかりしてない時に相場に入り込むと自滅する可能性って高いですからね。
すたろん:飲み込まれちゃいますもんね。
 なおみ:トレードしないと、とか思わないし。したくなかったらしたいと思うまで放っておく。
すたろん:女の勘なんですね。
 なおみ:ニュースとかは読んだりしてますけどね。ファイナンシャルタイムズとかブルームバーグとかは読んでますけど。トレードしたいとは思わないですね。
 長谷川:無理にトレードすると墓穴を掘りますからね。良い対応策かもしれないですね。
すたろん:長谷川さんはいかがですか?
 長谷川:欧州時間をやりますから朝早く起きないといけないので体調管理が凄く重要になっていて。体調管理しないと眠くなったり体が疲れたりしていると判断ミスする事があるんです。その時に今日は起きるのが30分遅かったと思ってやるとマズイので無理しないようにしますよね。時差がある所で飛び回っているので体調管理をすると共に眠くなった時はトレードしないようにしていますね。すたろんさんの場合は朝の農作業をし過ぎて眠くなると。
すたろん:疲れ切って眠くなるというね。
 長谷川:早く起きないといけないので眠くなりますね。
 なおみ:長谷川さんって寝てるんですか?という感じですよね。
 長谷川:寝ますよ、寝ないと死んじゃうから。
すたろん:眠そうな声した事無いですよね。
 なおみ:いつも元気ですよね。秘訣は?
 長谷川:明るい波動を常に出す事。
 なおみ:疲れてたりしてると人間だから、うるさいなとか思わないの?
 長谷川:トレードでも関係しているんだけど。お客様商売ではないけど人と関わる事って凄く多いので。私の立場上。そうするとむしゃくしゃしてると良いお客さんと話ししてても、ブローカーだからお客さんと話ししてお客さんにその気になってもらわないと顧客になってくれないので。良い波動で臨むというのは訓練しているみたいなんです。自分の中で。むしゃくしゃした事があってもどんなに落ち込んでも1日で必ず寝る前には忘れると。寝たら翌日は完全に別の人になっているというのをトレーニングしてるみたい。
 なおみ:どうやって?
 長谷川:忘れるの。
 なおみ:長谷川さんただの物忘れじゃなくて?
 長谷川:違うよ。日本的に言うと上司に嫌な事を言われて落ち込んだりする事あるじゃないですか。これは行けると思ったのに仕事が取れなかったと。それで引きずってたら翌日も変な事が起きるので。その日の問題はその日の内に反省して結論出して翌日はもう別の自分になって起きるというようにしています。
 なおみ:素晴らしいね。
 長谷川:そうして行かないと生きていけなくて。どんな良い話しても明るく話しないと聞いてくれない社会なので。常に明るくバイブレーションを出す訓練を知らないうちにしてるみたい。
 なおみ:トレードとかでも損失出してもクヨクヨしなくてすむね。次の日だったら違う自分になってるんでしょ。
 長谷川:反省しないでそれをやると馬鹿なので。なおみさんが仰ったように反省しないでやるとそれはただの馬鹿なので。
 なおみ:私馬鹿とは言って無い。忘れっぽいって。
 長谷川:トレードで失敗するじゃないですか。損失は想定内でやるでしょ。でもショックなので。自分で反省したらきちんと反省文をノートとかパソコンに書いて自分に入れ込んで寝て翌日は違う自分になるように一歩一歩向上して行く自分になって行くという。
 なおみ:素晴らしい。拍手。
 長谷川:なおみさんから拍手頂くとエンジェルエンジェルなおみっていつも言いたくなりますね。
すたろん:1日で完全にリセット出来るのではなくてリセットする訓練をずっとやっていると。
 長谷川:そんな感じ。この社会でサバイバルする為にそうせざるを得なかったので。癖がついたんだと思います。皆さんすたろんさんもなおみさんもトレードしたくないと思う時って眠くなったり体調が良くないとか気持ちがのらないとかで。基本的には無理しない方が良いとは思いますけどね。
すたろん:義務じゃないですからね。
 長谷川:メンタル的な事も含めて良い体調に近づけて行くように自分を持って行くのもトレーダーとして凄く大切な事だと思います。そんな感じで3人共トレードに真摯に向かい合っていると。
すたろん:今日はなおみさんからも良いアドバイスを頂きましたし、長谷川さんの素晴らしいお話も聞けました。
 なおみ:長谷川さん見直しました。
すたろん:今までどうだったんだというね。
 なおみ:更に尊敬しました。
 長谷川:ありがとうございます。3人のコメントが皆さんに少しでもお役に立てたらと思います。ではお便りに行きたいと思います。読ませて頂きます。いつも常勝FXを拝見させてもらっています。現在私は工場で三交代勤務をしながら絶対に諦めず必ず専業トレーダーになると決め、日々トレードを勉強しています。始めてから10年経ちますが。でも絶対に諦めません。そこで三交代勤務経験のあるすたろんさんに相談したい事があります。私は自分の生活リズムがトレードに及ぼす影響は大きいと思っています。今は三交代勤務でスイング気味のトレードをメインでやっています。すたろんさんは三交代勤務の時どのようなタイムフレームをメインでトレードをやっていましたか?又サラリーマンを辞めて専業トレーダーになる時不安や具体的な軍資金などの基準はありましたか?もしよろしければアドバイスをお願い致します、という事です。
  全員:お便りありがとうございます。
 長谷川:これはまさにすたろんさんに来ていますね。参勤交代?
すたろん:参勤交代じゃない。私お殿様じゃありませんからね。三交代ですね。
 なおみ:三交代勤務って何ですか?
すたろん:工場で働く時に24時間工場を稼働させる為に1日を3つに分けるんです。
 なおみ:8時間で?
すたろん:そうです。朝から夕方まで勤務するのが一番。夕方から夜中まで勤務するのが二番。夜中から朝まで仕事するのが三番。これがグルグル回るんです。今週は一番、来週は二番、その次は三番という感じで回ったり。8時間毎に変わったり、2交代になりますけど24時間勤務して、次に24時間休むとか。
 なおみ:24時間勤務?
すたろん:そういう方もいるんです。
 なおみ:日本ではそれってどうなの?
すたろん:24時間働いて2日休みとかね。工場で24時間働く事は無いと思いますけど。警備なさる方とかはそういうのがあるみたいです。
 長谷川:三交代勤務って大変ですよね。
すたろん:大変です。ちゃんと体を休める事が出来れば大丈夫なんですが。昼間寝ようと思うと周りが煩くて眠れなかったりとか。夏はエアコンをきかせても中々エアコンがきかなくて眠れなかったり色々あるんです。
 長谷川:実際に勤務状況を体験してらっしゃるすたろんさんならではのアドバイスがあると思いますが。
すたろん:生活のリズムがトレードに及ぼす影響は大きいと思っています。仰る通りですね。今は三交代勤務でスイング気味のトレードをメインでやっています。4時間足とか日足とか長い時間足を監視なさってるんですかね。すたろんさんはどうだったのかという事ですけど。私はどんなタイムフレームをメインでトレードしていたかという事ですが。これはアカデミーに入られてる方はご存知だと思いますが。そういう所ではない所で私はトレードをやったんです。アカデミーの方はこういう事だねとお分かりになると思いますけど。そこではないんです。そこではない所でトレードをやりました。具体的なお話は出来ませんが。4時間足でやりましたとか日足でやりましたとかスイング気味のトレードをやったという事ではないんです。専業トレーダーになる時に不安は勿論ありますよね。でもこれは行けるという確信もありましたからね。そんなにどうしようって長い事悩んだりというのはありませんでした。具体的な軍資金などの基準は自分のそれまでの貯金です。そこでぼろ負けしても何年間は食べて行けるぐらいの貯金を用意しておいてその中からこれだけを使った。とりあえず100万円を口座に入れてトレードを始めました。
 長谷川:私は兼業なんだけど専業になると収入がそこからになるじゃないですか。負ける月も出てくるので。最低でも何か月間とか1年とか自分の普通の生活が出来るだけのお金が銀行にあるという安心感ってトレードをする中で凄く重要でしょ?
すたろん:ここは絶対ですね。貯金とかお金をしっかりと自分で蓄えておかないと駄目だと思いますね。借金してトレードして増やしてやろうとかのギャンブル的なのは絶対駄目だと思いますし。兼業の方だと毎月の自分の自由になるお金の一部を使ってフルロットで回して行くという方法も出来ると思いますし。やり方は人それぞれだと思いますけどね。軍資金の基準は人それぞれという事で増やし方というのも人それぞれになるとは思いますけどね。ただ私はそういうやり方は好きじゃないので。ちゃんと蓄えを置いておいてその中の一部を使ってトレードして行く。軍資金なるべく多く用意した方が私は楽だと思います。ロットもそんなに大きくする事なくトレード出来ますから。少額を大きく増やそうというよりはなるべく大きな資金を用意しておいてその中の一部をコツコツ増やして行く方が精神的に楽だと思いますね。
 長谷川:すたろんさんだと奥さんも子供さんもいらっしゃった中での専業という形になると自分だけがお金無いからコーヒーとパンだけでいいという訳にはいかないからね。奥さんと子供がいらっしゃるし、きちんと生活を安定させないといけないという大きな責任がありますからね。
すたろん:無理は絶対しないですね。ここ一番ここ一発みたいなトレードは絶対しないです。
 長谷川:なおみさんは立場が違うと思うけど、トレードする時に焦ってトレードしたりとかしないような工夫ってしてますか?
 なおみ:専業になりたいと思った場合トレードってビジネスと一緒だから。トレードで食べて行くのはビジネスをこれから起業するのと同じだから。起業する時ってどれぐらいの資金をまず調達して、経費はトレードで行ったら損失よね。経費を考えてビジネスだったら利益、トレードでも利益だけどそういうのを1年分、半年分、3か月分って自分で分けて計画してそれに沿ってやって行った方がいいと思う。結局ビジネスは起業始める時って資金調達してその時その時儲かればラッキーだしっていう訳にはいかないでしょ。ビジネスならどれぐらい儲けがあるのかとか、どれぐらい損失が出るか全部計算した上でビジネスって進めて行くじゃないですか。それとトレードは全く同じだと思うのね。軍資金の基準はありますかって、それはビジネスを行う時であってビジネスによっては調達する資金の額は違う訳だからそれは自分で調達する資金を自分で決めて月にどこまで経費を算出してもいくら残る。実際に生活が出来るかどうかとか。ここからビジネスによるけど仕入れる必要があるなら仕入れのお金も取っておかないといけないでしょ。仕入れのお金はトレードで言ったらトレードする為のお金だから。そういうのを自分で組み合わせて。ただ専業になりましたってやるんじゃなくて全部プランを立ててそこからトレードの戦略を練って行って実際にトレードして行ったらいいと思う。
 長谷川:凄く良いアドバイスだと思う。
 なおみ:そしたら不安とか無いと思うし。起業始めるなら起業の場合は最初の3年間は儲けは出ないって言うじゃない。儲けが出なくて起業が軌道に乗らなくてもそれなりの生活が出来るお金は最初から調達しておかないといけない訳だから。専業トレーダーになる時もお金は自分で1年分儲けが出なくても生活出来るお金があるとなったら専業になってもいいと思う。しかも起業と同じだから経費と利益のバランスを考えながらやって行けばそんなに焦る事も無いと思うし不安もないと思う。
 長谷川:専業になる前に兼業で仕事しながらトレードを、この人はスイング系をしていますけど。どのぐらいの勝率でどのぐらい行けるか記録取ってたら計算出来ますよね。連敗期とか間違いなくトレードだからあるので、その連敗期の時に耐えて行かないといけないでしょ。その耐えて行く時にトレードから稼げなくてもお金を貯めていて自分は耐えて行けるという安心感が無かったら焦ってしまってトレードを無理して稼ごうと思って心が乱れるという負のスパイラルに陥ると思うから、それだけは最も気を付けないといけない所だと思います。
 なおみ:100万円あったら100万円でこれから食べて行こうと思うのではなくて100万円はあくまでもお金を回して行く為の100万円だから。利益が出たらそれで食べればいいけど、ビジネスだって景気が悪い時って絶対あるじゃないですか。それでも食べて行かないといけない訳だからトレードするお金+1年分を景気が悪くても生活出来る貯金が用意出来て、しかもトレードが安定してきてるなら専業になってもいいんじゃないですかね。
 長谷川:すたろんさんはこの体験を通り越していますけどどうですか?
すたろん:始めてから10年経つけど余り良くない成績なんですかね。
 長谷川:絶対に諦めませんという事ですからね。
すたろん:10年というとある程度の相場も経験なさっていると思うんです。それでもいい結果が得られていないなら、あれこれノウハウを一生懸命かき集めてみたりとかそういった事をもしかしたら未だになさってるのかなという気もするので。
 なおみ:三交代勤務でしょ。だから時間がマチマチだから。表に出されてるのってスキャルピングとかデイトレとかが多いでしょ。この方みたいに毎回チャート見れる時間が異なると自分がどの手法が合ってるのかわからなくてそれを10年間探しまくってる可能性もありますよね。だからどうしていいか分からないでそういう経験をしていたすたろんさんがいるからすたろんさんに聞いてみようと思ったのかもしれないし。
 長谷川:その可能性も凄く大きいですよね。
 なおみ:10年経ってもこれだからここで打ち切らないと10年経っても同じでどうしていいか分からない。だったら同じ状況に置かれて既に専業になっているすたろんさんに聞いてみようと思ったんですかね。
すたろん:中々チャートを見る事が出来ないから時間足を長い4時間足、日足を見て行く。だからスイングトレードになる。スイングトレードだから余りロットを張れないみたいな。そういうのがもしかしたら頭の中に固定概念みたいな感じであるのかもしれないですし。チャートを中々見れないから4時間足で4時間足だからスイングと決めつける必要は無いと思うんです。アカデミーの中の延長講義というのがあるんです。延長講義で私3年目の延長講義全部受けましたけど、その中で私も動画の中に登場しているんです。永井さんのご自宅に遊びに行ってそこで永井さんから直接アドバイスを受けたのを動画にしているんです。そこで4時間足のデイトレードの方法について永井さんが詳しくお話をしてくださっているんです。4時間足を使ってデイトレードをすることが出来るという、そういった方法がある事も覚えておいて頂ければと思います。4時間足だからスイングトレードみたいな、そういう考え方は余り良くないと思います。どの時間足を使ってもデイトレードが出来るんだという。永井さんがデイトレード専門なので。その永井さんが4時間足を使ってこんな風にデイトレードをする事が出来るとお話になっていますので。その内容についてはここでは申し上げる事は出来ませんが。実際そういう事が出来るんだという。私もそれを聞いて、なるほどなと思いました。全然どのタイムフレームかチャートを見る時間が無いから長い足を見ている。だからスイングになってしまうという事ではなくてそこを使ってデイトレードもする事が出来る。デイトレードだからある程度ロットを張る事も出来るという方法も実際にありますので。そこを自分で見つけ出して頂くのも良いと思いますし。
 長谷川:まず状況が違うし同じような状況の人でも性格が違ったりで自分の鉄板のトレードのパターンを作り上げるのがもの凄く重要で難しい所があるので。すたろんさんが仰っているように1つの固定観念を持つのではなくて別の方もあるという事も1つの選択肢として考えてみたらという感じですよね。
 なおみ:日足使ってデイトレしてる人もいますからね。
すたろん:え?って最初は思いますけど実際出来るんですよね。
 長谷川:デイトレも定義というのがあって。スキャルピング的なデイトレもあるし、長い時間でやるデイトレもあるし、色々手法があるんですけど。1日の中で日を超えないでポジションをクローズするという意味で長い足でも出来ますからね。発送も転換も是非して頂きながら頑張って頂きたいと思います。トレードの中で色んな状況や要素があってこれなんだというのが言い辛い事もありますけど。すたろんさんが仰って下さった事とかエンジェルなおみさんが仰って下さった事も含めて是非10年かかっても石の上にも3年どころか10年頑張ってるから自分の鉄板パターンを作って頑張って頂きたいと思います。3人共応援していますので頑張って下さい。皆様常勝FXラジオをご覧頂きましてありがとうございました。又次の機会にお会いしたいと思います。
  全員:ありがとうございました。失礼します。