勝ちすぎず負けすぎずがFXで稼ぐための重要なポイントです!

↑↑↑ 応援ポチのご協力よろしくお願いします。

動画説明

皆さんこんにちは、木南です。
いつも常勝FXをご覧になっていただき、ありがとうございます。

今回は『勝ち及び負けのマネジメント』というテーマでお話しさせていただいております。

さて、FXは毎回のトレードで必ず勝てるわけではありませんので、
勝ち負けを繰り返しながら利益を積み上げていかなければならないのですが、
実は、勝ちすぎても負け過ぎても困ったことが起きてしまうんです。

まず『負け過ぎ』について考えて見ますが、
特に連敗期に突入すると、メンタルが揺れる可能性も高まると思うんですが、
それを防ぐためには『負け過ぎる前にトレードを辞める』
といことも重要だと、個人的には思っております。

また『勝ちすぎ』ですが、本来、良いことのように思いがちですが、
実は勝ちすぎても、資金を大きく減らすトリガーを引いてしまうことがあるんですよね。

では『勝ちすぎ』と『負け過ぎ』を回避するにはどうしたら良いのか・・・

これについては動画で詳しくお話ししておりますので、
是非、ご覧になってみてくださいね^^

動画書き起こし

常勝FXをご覧の皆さん、こんにちは木南です。いつも動画をご視聴頂きありがとうございます。FXのトレードを行っていると毎回のトレード100%勝てるといった事はありません。長期的視野に立って勝ったり負けたりを繰り返しながら自分の優位性を信じて淡々とトレードする。それによって利益が徐々に積み上がって行くのがFXのビジネスモデルだと思います。最近トレードしていて感じたのが、勝ちトレードでも負けトレードでもどちらでもいいですが、トレードが終わった後自分がどういった行動を取るのか。これが利益を残して行く上で非常に大事だと感じております。今回の動画ではそういった事を踏まえながら勝ち及び負けのマネジメントというテーマでお話させて頂きます。勝ち、負け、FXは勝ちか負けか。たまにドローがあるかもしれませんが勝ちか負けかに殆ど分かれてきます。個人的には勝ち過ぎず負け過ぎず、これをずっと繰り返して行くのが大事だと思っています。まず負けの部分から考えて行きます。デイトレーダーの方でトレードチャンスが1日2、3回、多かったら5、6回あるというトレードスタイルでトレードを行っている方がいらっしゃったとします。

そこで決めて頂きたいのが1日これだけのpips負けたらその日はトレードしないと決めて頂くのが非常に大事だと思います。1日20pips以上負けたらもうトレードしないと。そのトレーダーが勝率6割でリスクリワード1:1のデイトレードの手法でトレードしていて、2連敗したら20pipsのマイナスを食らいますよね。でも20pips食らったら負けるというルールを作っている方はそこでおとなしく止めて頂けたらいいと思います。何故かというとFXは連敗を食らえば食らう程メンタルが揺れますよね。でも1日20pipsで止めると。メンタルを安定して翌日もその次の日もトレードして行く為に損失を食らったら20pipsで止めると決めていると、自分の1日の損失許容額をはっきりと定める事が出来ます。マイナス20pipsで止めると。だからそれまではトレードしようと。そこを決めていないとマイナス30、40、50連敗とかそこまで行ったらメンタルが揺れるので、リベンジトレードとかポジポジ病に走ってしまう危険性もあります。いわゆる負け過ぎです。

デイトレーダーで勝率6割、リスクリワード1:1の手法でトレードしていて4連敗5連敗したら負け過ぎの部類に入ると思います。そこまで行くとメンタルが揺れるので、メンタルが揺れながらトレードしていると本当に良い事が無いので、だったら1日何pips負けたら止めるというルールを作って頂くのが負けのマネジメントだと思います。デイトレーダーでしたら1日何pipsと決めたらいいと思いますが、スイングトレーダーの方だと1週間で何pips負けたらたらトレードを止めるといった感じで割り切ってこれだけのpips負けたら止めるという数字を設定して頂くのがメンタルを安定させながらトレードを長く続ける1つの秘訣かと思います。勝ちトレードにしても先程のデイトレーダーの方の例を挙げますが、勝率6割、リスクリワード1:1のトレードをしていて3連勝しましたと。3連勝した段階で結構気持ちが高揚する方もいると思います。

それが4連勝5連勝と伸びてしまうと更に気持ちが高揚して大きくなって、ひょっとすると調子良いぜみたいな感じでいきなり倍のロットとか大きなロットを張ってしまって、そのロットを張った時に限って不思議なくらい負けるんです。連勝時というのはこういった気持ちが高ぶってしまってロットを上げてしまい無茶なトレードをしてしまう危険性もあると思いますので、連勝時でも20pipsまで勝ったら止めるとか、そういったルールも必要だと思います。勝ち過ぎてもメンタルが揺れると思いますし、負け過ぎてもメンタルが揺れると思うので、そう考えると勝ちも負けもこれだけのpips取ったら止める、負けたら止めるという数字を設定して頂く事が先程負けの部分でもお伝えしましたが、長期間に渡ってメンタルを正常に保ちながらトレードして行ける秘訣だと思います。勝ち過ぎて高揚してしまうというトレーダーの方とか負け過ぎたらかなりメンタルが凹んで無茶なトレードをしていますという方は、勝ちはこれだけ、負けはこれだけで止めるという数字を設定して頂くのも長期間に渡ってトレードを続けて行く1つの方法かと思います。今回は勝ち及び負けのマネジメント、というテーマでお話しさせて頂きました。今回も最後まで動画をご視聴頂きありがとうございました。又次回の動画でお会いしましょう。失礼致します。